やったぜ!SAMURAI BLUE

今日は朝5時に目が覚めたので、カタール・ワールドカップの日本―スペイン戦を後半からTV観戦した。 

日本はスペインに2-1の逆転勝利して決勝トーナメントに進出した。早起きの甲斐があってよかった。 

決勝トーナメントの対戦相手はクロアチア。勝てば初めてのベスト8負ければそれで終わり。今回のヨーロッパ勢との戦いに向け2度あることは3度あるで、次戦も2-1の逆転勝ちを期待しよう。 

それにしてもスペイン戦における日本の2点目は、三笘薫の折り返しがゴールラインぎりぎりでビデオ判定(VAR)となった。 

動画で見るとカメラ角度の関係でボールがラインを越えていたように映るがVARの静止画ではギリギリのミリ単位で残っていた。

R_20221202131001

暇にまかせて試しにビデオ編集のコマ送りで画像確認してみた。 

Photo_20221202131101

蹴る瞬間の画像(角度が違うと残像のせいで微妙だ)

Photo_20221202131001

蹴った後の画像(これも微妙) 

Photo_20221202131002

やはり判定画像の真上から見たミリ単位でセーフが正解ということだ。 

いずれにしてもハラハラドキドキの判定であった。

お気に入りの曲 

Spain-chick-corea Spain - Chick Corea

ジャズファンには人気の名曲らしいが、僕には何も響いてこない。 

https://www.youtube.com/watch?v=sEhQTjgoTdU

2022年12月 1日 (木)

データと感覚の融合

僕はデータを重視する。 

勤務時代には、顧客における他社を含めた納入実績の変遷(時期と年月)を調べ、デジタルデータとして保有していた。 

データからは顧客に関するいろんなことが読み取れる。

  • 更新のタイミング(何年おきに更新しているか)

  • どのメーカーの装置を使用しているか。

  • 同じメーカーが継続 して更新しているか。(顧客とのつながり強い)

  • 更新ごとにメーカーが変わっているか。(浮気性なので攻撃しやすい) 

  • 他に、影響力の強い人脈。(大学との繋がりや周辺との対抗心の強さetc.)

    Photo_20221201154101

肝心のデータは業界紙、各地営業所員、地域業者などから集めていたが、まとめるのには時間がかかったけど、未来への準備なので楽しくもあった。

有能で器用な人ならデータなどなくても顧客を攻略できただろうが、話下手で不器用な僕は下調べ無くしては事が上手く進まないことを自覚していた。 

ただ、データはあくまでも過去の事実であって、それが必ずしも将来に繋がるかの確証はない。 

データから読み取った事実 を基に、最終的にはいかに精度の高い感覚を投入するかが重要だった。

つまり感覚の精度を高めるためのデータ収集だったと言える。

データばかりに気を取られていると何か味気ない人生になるので、あくまでも人間の持っている感覚との融合というのが大事。そうすることで人生がアナログ的になって柔らかくなる。 

お気に入りの曲 

Incognito-dont-you-worry-bout-a-thing Incognito - Don't You Worry 'Bout A Thing 

スティーヴィー・ワンダーのカバー曲。 インコグニートのアシッドジャズ風で。

https://www.youtube.com/watch?v=MWd5379FMGU

2022年11月30日 (水)

何でこんなことをするんだろう?

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対コスタリカ戦で旭日旗が登場と報じられた。 

大会関係者によって旭日旗は撤去されたが、一部の日本人サポーター とはいえ好ましくない行動だ。

Photo_20221130135701

個人の主義・主張はあってもいいがT.P.O.を考えるのが大人の世界。

あえて騒ぎを起こす行動は慎むべき。特にみんなが楽しんでいる大会においては迷惑千万。

試合後の清掃活動で賛辞を得た裏でこういうことが行われる。日本人って特殊な人種なんだネ。 

やるべき場所を間違った行動には罰を持って対処すべき。 

韓非子の教え信賞必罰 。「法(ルール)を犯した者は必ず罰して、(FIFAの)威光を示すこと」

お気に入りの曲 

Autumn-mist-alboran-trio Autumn Mist · Alboran Trio 

イタリアの人気ピアノトリオの演奏。 

https://www.youtube.com/watch?v=R5mIBr2Ajg8

«場当たりと臨機応変