金メダルなしの都道府県

東京オリンピックも後半に入ってきた。新型コロナ感染によつ緊急事態宣言下でのオリンピック開催の是非は賛否両論あるが、始まった以上は成功裏に終わるように各人は行動を自制し応援することに尽きる。不用意な行動で感染を拡大させ中止に追い込まれれると選手はやりきれない。

国内では金メダル有望な選手が次々に敗れる一方、新しいヒーローも誕生しており、まさに筋書きのないドラマが展開されている。

Publicdomainq0019284 前回のリオオリンピックが終了した時点での夏季オリンピック個人競技で金メダリストなしの都道府県は、

岩手、福島、埼玉、福井、長野、滋賀、京都、鳥取、島根、香川、沖縄の1府10県。

岩手県、鳥取県、沖縄県は団体競技の金メダリストも輩出していない。

今回の東京オリンピックで、滋賀県は競泳の大橋悠依選手が女子400m個人メドレー、200m個人メドレーで2冠を達成して抜け出した。埼玉県も新井千鶴選手が女子柔道70キロ級を制して抜け出した。

残り8県(岩手、福島、福井、長野、京都、鳥取、島根、香川、沖縄)だが、この後の競技で1つでも多く抜け出して欲しいものだ。

現時点で抜け出せる可能性があるのは鳥取県。ボクシング女子フェザー級で決勝進出を決めている入江聖奈選手、3日の決勝戦に期待を膨らませよう。 

それにしても、京都と長野に金メダリストがいないのは不思議だ。

この後の競技に注目しよう!! 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%8F%E5%AD%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E9%87%91%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AB  

夏季・冬季合わせた長野県の成績(長野県スポーツ協会)

Photo_20210802100501

お気に入りの曲 

Ne-me-quitte-pas-simone-langlois Ne me quitte pas · Simone Langlois 

「If You Go Away」で有名な曲。元々はベルギーのシンガーソングライター、ジャック・ブレルが書いたフランス語の楽曲。シモーヌ・ラングロワのフランス語で。

https://www.youtube.com/watch?v=_oxlaYrRfN0

 

 

2021年8月 1日 (日)

カミナリさんがよく鳴る

最近、⚡さんがゴロゴロとよく鳴る。カミナリは日中の強い日差しで地面が加熱され、強い上昇気流が発生することに起因しているので午後からがほとんど。
今現在も遠くでゴロゴロ鳴っている。幸い近くに来てゴロピカドーンでないのが救いだ。
というわけで、畑の草抜き作業と収穫は午前中に済ませた。

Dsc04352

お気に入りの曲

Michel-delpech-les-divorcs michel delpech - Les divorcés

邦題「哀しみの別離」。いかにもシャンソンらしいいい曲だね。 

https://www.youtube.com/watch?v=5SYWl-LnevY

2021年7月31日 (土)

果樹園の風景

桃(すでに出荷が始まっている)

Photo_20210730172002

リンゴ(つがる)

Photo_20210730172001

リンゴ(サンフジ)

Photo_20210730172201

おまけ(通りすがりの道路から)

Dsc_0012_20210731092401

お気に入りの曲

Francis-lai-concerto-pour-la-fin-dun-amo Francis Lai - Concerto Pour La Fin D'un Amour

「恋の終わりのコンチェルト」。映画『あの愛をふたたび』の挿入曲。最後のシーンにおける自嘲の笑みと涙が哀愁感を漂わせる曲とマッチし印象深かった。 

https://www.youtube.com/watch?v=rUUo7RTnaBk&t=96s

朝顔2輪目咲いた

Cha511319日に1輪目が咲いた後、しばらくご無沙汰していた朝顔がようやく2輪目が咲いた。27日に様子見としたのが正解だった。
7月の最終日にいい朝を迎えられた。

Dsc04347

2021年7月30日 (金)

自家野菜の料理

久しぶりに作った今日の昼ごはんのメニュー。

Dsc04346

トマトとナスは自宅の畑で採れたもの。もちろん鶏は飼ってないので卵は自家製じゃない。トマトと卵のソテーは味にパンチがなかったかな。洗い物はしても滅多に料理をしないので命がけだった(笑)。

«自己犠牲から個人の意思尊重へ