フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月31日 (月)

沈没船ジョークとポスト安倍

各国の国民性を表現するものに「沈没船ジョーク」がある。

沈没しかけた船に乗り合わせる様々な国の人たちに、海に飛び込むよう船長が説得を行う。

アメリカ人に  「飛び込めばあなたはヒーローになれます。」

イギリス人に 「飛び込めばあなたはジェントルマン(紳士)になれます。」

ドイツ人に  「飛び込むのはルールです。」

イタリア人に  「飛び込めばあなたは女性に愛されます。」

フランス人に  「飛び込まないでください。」

ロシア人に  「海にウォッカのビンが流れています。」

日本人に    「皆さん飛び込んでます。」

最後の日本人の国民性。日本人は常に周りを意識し常にそれと同じ行動をとりたがる習性があるということ。つまり自分では決断できず、周りを見てからでないと決断できないのだ。

安倍首相の辞意表明の後を受けて「ポスト安倍」の動きが活発化している。上の日本人の特性を考え合わせると、これまでの流れを引き継いだ方が無難という流れになりそうな予感がする。個人的には若手が声をあげて、自由にものが言え透明性のある「新しい政治のスタイル」という風を吹かせて欲しいのだが..........。

お気に入りの曲 

Nada-il-cuore-uno-zingaro Nada - Il cuore è uno zingaro 

第21回サンレモ音楽祭の優勝曲。なんとも印象的な声だ 。聴くたびにグイグイ引き込まれていく不思議な歌唱。

https://www.youtube.com/watch?v=6PNwpY7TIq8

2020年8月25日 (火)

強者のGo To キャンペーン

7月11日のブログ《何故「Go Toキャンペーン」を急ぐ》で、布製マスク配布と同様安倍さんは「僕ちゃんこんなことやってます、やりました感」を優先し、国民の命は後回しなのか?何を目的としているのか疑念が湧いてくると記した。今、改めて疑問を投げかける。

新型コロナウイルス感染の徹底した対策を講じ、その成果があった時点であればこのキャンペーンも納得できるが、冷静に考えると、
①感染が終息していない時期においてどれだけの人がそれを利用するか?
②景気悪化で家計が逼迫している人にそれを利用する余裕があるか?
③受け入れ側も衛生管理等の費用に対し、その見返りが見込めるか? 

特に②及び③に関しては富裕層や大手、いわゆる強者が恩恵を受けるだけである。 

これで、国民に寄り添った政策と言えまっか?もっと弱者に寄り添ってもらえまへんやろうか? 

国の借金が膨大に増え、財政破綻に陥ると、物価高騰・失業者増加・給与や年金減になり、弱者は生きてゆけまへん。Shopping_kaimono_nanmin

与野党の国会議員さん、今が国家存亡の危機かも......。のんびりしてたらアカンよ!! 

お気に入りの曲

Nicola-di-bariel-ltimo-romntico Nicola Di Bari-El ùltimo romàntico 

最後のロマンチック、または究極のロマンチックどっちなんだろう? 

https://www.youtube.com/watch?v=uUpqLMGS3CE

2020年8月20日 (木)

大がつく、なぜ?

東京は大東京と呼ばれることがある。同様に江戸は大江戸とも呼ばれていた。
Wikipediaによると「大江戸(おおえど)とは、江戸時代、江戸城築城以来大きく拡大していった江戸の町の広がりと繁栄を示す雅語である」と記されている。大東京も地域の広がりと繁栄を示す雅語つまり、みやび言葉と捉えていいと思う。

しかし、あえて「大」をつけているのは、江戸・東京が日本の中心地という自負があり、地方とは違いまっせという鼻高な意味合いが潜んでいると自分には思える。(関西人のやっかみかな?)

武家社会の関東では、何か威厳を付けたがる習性がある。これに対し、歴史ある京都では決して「大京都」とは言わせない。公家社会の京都では優雅な宮廷生活のイメージで、単純に「京」だけで地方からの憧れを醸し出させている。また、商人社会の大阪はもとから「大」が付いている。「あきんど」らしく謙虚に鼻高さを表しているようにも感じる(笑)。

Photo_20200820121601

面白いことに、名古屋では「大名古屋ビルヂング」なるものが駅前に存在する。愛知県民は東京への憧れが強く、威厳を保ちたい象徴なのかな?

しかし、「ビルヂング」というのはレトロな感じでよろしおすな! 

お気に入りの曲 

Jose-feliciano-che-sera-sera Jose Feliciano - Che Sera (Que Sera) 

ホセ・フェリシアーノが1971年のサンレモ音楽祭で歌って世界的にヒットした曲。 

https://www.youtube.com/watch?v=sb1_b8y5XZ0

2020年8月18日 (火)

直根野菜は正道を歩むべし.....か?

ニンジンは種まきしてもなかなか発芽しない。家の敷地内に畑があればまだしも、少し離れた場所に畑がある場合は水やりを含めた日々の管理が難しい。その気があれば毎日管理できるのだが、ずぼら人間の自分にはそれは無理。特に、リンゴの作業がある期間はせいぜい1週間に1回畑に顔を出すのが精いっぱい。

ならば、ポットで種まきし、発芽を確認してから畑に移植する方法はどうだろうと考え実践してみた。

結論を先に言えばポットまきはダメ。ニンジンは直根が真っ直ぐ伸びないと生育障害を起こすので、ほとんどが悩ましい2股[(´m`)クスクス]のヘンテコリンなニンジンしかできなかった。(笑)

Dsc_0007_20200818213201

畑に直接種をまき、それなりに管理したものはまあまあの出来だなので、やはり正道を歩むべきか.....?。 

Dsc_0010_20200818215901

お気に入りの曲 

Kai-winding-time-is-on-my-side KAI WINDING - TIME IS ON MY SIDE 

ローリング・ストーンズのバージョンが有名だが、トロンボーンの演奏もなかなかだ。 

https://www.youtube.com/watch?v=5uyY13H41oE

2020年8月13日 (木)

散歩&情報収集

暑いからといって、家にこもりっきりだと自然界の変化にうとくなってしまう。地方におけるスローライフに自然は切り離せない。自然との共生がこの歳になってくると大事なんだ。

リンゴ畑に近づくと、赤く色づいたリンゴを発見。たぶん“つがる”だろう。お盆明けから収穫されるのかな?

Dsc03164

“サンふじ”は11月収穫なのでまだまだ青い。 

Dsc03168

2月の散歩で、休耕地に突然ポールが立って上にドーム状のものが付けられており、何だろう?と思っていたが、近所の方に確認すると“シャインマスカット ”らしい。それにしても立派な栽培棚だ。よほどリッチなNPOか会社が栽培するのだろう.......。

Photo_20200813110301

モモの収穫は、いっきにすべてを採らず、赤くて柔らかいものを順番に採っていく。柔らかさを触診で確認する場合は、後で圧迫傷がつくので技術が必要と言われている。

Dsc03181

モモ畑に吊るされている鷹は、凧(カイト)ではなくより本物に近い立体的なものだ。この効果ははてさて? かくして、鳥との戦いはいつまでも続く!

Dsc03178

お気に入りの曲

Whipped-cream-edmundo-ros-his-orchestra Whipped Cream - Edmundo Ros & His Orchestra 

夏はやっぱりラテン。 

https://www.youtube.com/watch?v=IPsuYLyP2S8

 

2020年8月12日 (水)

雑草に隠れたスイカ

畑の草刈りはほぼ終えたが、小玉スイカと黄色マクワは周りへツルが伸びているので草刈り機を用いた作業はできない。かと言って手作業は面倒だ。ということで何もせずそのままにした。

Dsc03155

スイカは草と同じ色なので見分けることが難しい。が、よ~く見ると雑草の中にスイカが隠れている。この方が日焼け防止でいいかな? 

マクワは黄色い実が寝転がっている。但し、葉っぱが少ないのでたぶんおいしくないだろう。 

Photo_20200812112301

草刈りの後に残った黒マルチ。これを剥がす作業は草刈りよりも大変。(マルチは他にもあるんでっせ、たまりまへんわ!)

Photo_20200812112302

とにもかくにも大まかな作業は終わった。2~3日後に管理機で耕そうかな。(気が向いたら)

お気に入りの曲 

Bittersweet-samba "Bittersweet samba" - Herb Alpert & la Tijuana Brass 

夏向けのさっぱり感が心地いい。 

https://www.youtube.com/watch?v=ZesDEsgJKEM

2020年8月 8日 (土)

リンゴの仕上げ摘果

5月初旬から7月中旬にかけて行なわれるリンゴの摘果(花)作業は粗(アラ)摘果と言われている。

この後、残った実をさらに選別して落としていく仕上げ摘果という作業が行われる。いわば、良い実だけを残す最後の選択作業なのだが、暑い中大変な作業だと思う。

仕上げ摘果作業は熟練が必要なので、農園の方や専任者で行われる。以下、ペーパー知識として。

①実の形や大きさを意識する。果形がよく大きな実を残し、小さい実・変形の実・傷の実などは摘果する。

②葉のバランスを意識する。実に養分を貯えてくれる葉っぱが多い実を残す。

③日当たりを意識する。上部や外周にある実は多めに残し、内部(内側)にある実は少なめにする。

④実が付いている位置を意識する。枝ズレ、逆さ実となりやすい枝の真上の実、小玉となりやすい枝の真下の実は摘果する。(これは粗摘果時にも実施)

JAみなみ信州による、葉っぱの数と残す果実の条件

[1果当たりの葉っぱの枚数]
●つがる、紅玉…45~60枚、3~4頂芽に1果(25cm程度1果)

●ふじ、シナノスイート、秋映、王林等…60~75枚、4~5頂芽に1果(30cm程度に1果)

[残す果実]

●中心果で果柄の長い果実
●大きな縦長の果実
●果柄のつけ根が凹んだ果実
●果柄の極端に太くない果実
●果台長の適正な果実(1.5cmまで)
●凍霜害、ひょう害による傷害程度が軽い果実

Photo_20200808131301

お気に入りの曲 

Eurythmics-annie-lennox-dave-stewart-swe Eurythmics - Sweet Dreams (Are Made Of This)

ユーリズミックスの懐かしい曲。

Sweet Dreams甘い夢というタイトルとは裏腹にとてもダークなメロディと歌唱。甘い夢なんてそんなにきれいなもんじゃない.....てことか? 

https://www.youtube.com/watch?v=qeMFqkcPYcg

 

2020年8月 1日 (土)

長野県の大学発ベンチャー

大学発ベンチャーは、地域経済における発展・活性化の一因、特に新しい産業の創出という点で期待されている。
下の図のように2019年では2500以上の企業が大学発として存在している。

Uprgbauto_scalelevel1x3000000_20200731115302

その内訳を業種別にみると、バイオ・ヘルスケア・ITなど時世を表す企業が多い。 

Uprgbauto_scalelevel1x3000000_20200731115901

地域別では、関東(首都圏)一極集中と言える。長野県が関東なのか中部なのかはあいまいだが、中部地域発のベンチャーが少ないのが気になる。 

Uprgbauto_scalelevel1x3000000_20200731115301

さらに都道府県別でみると長野県は22社だ。埼玉、山梨より多いではないかと安心してはいけない。長野県は首都圏と接していないというデメリットがあるのだ。 

Uprgbauto_scalelevel1x3000000

Photo_20200731151701

大学発のベンチャー企業の数は大学の数と相関するが、大学数が同じ10の茨木県で82社、8の滋賀県で57社のベンチャー企業がある。これと比べると長野県の22社は物足りなさを感じる。それらは首都圏、関西圏に近いとからという理由だけで済ませるわけにもいかない。距離が遠いからこそ地域活性化の意識が大事なのだ。北信越を代表するという意識を持って長野発のベンチャー企業がもっと多くあってもいい。大学間の競争意識とチャレンジ精神が地域活性化の要素となるかもしれない。

データでみると様々なものに気付くことがある。だからデータは面白い。なんてね!!

お気に入りの曲

Candy-dulfer-dave-stewart-lily-was-here Candy Dulfer & Dave Stewart - Lily Was Here  

https://www.youtube.com/watch?v=86BmSaXZMHw

 

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »