フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月29日 (水)

PCR検査数が増えない

安倍晋三首相は、4月6日に新型コロナウイルス感染の有無をする判定するPCR検査に関し、1日20,000件実施を表明した。にもかかわらず、それ以降4月28日まで1日10,000件を超えたことはない。

Pcr_20200428204503

FNNプライムオンライン(https://www.fnn.jp/ )でこの問題が採り上げられており、PCR検査の実施可能件数は15,555件までアップしているが、現実の実施件数は最高でも9,300件と報道している。

Pcr_20200428211301

メディアでは医療現場や保健所の人手不足としているが、問題はこれだけではない。政府は今までにPCR測定の簡易検査キットの開発に何回も言及しているが、簡易キットだけで解決するものではないのだ。

Photo_20200428211301

主要な海外と比べても日本のPCR検査数は圧倒的に少ない。何故か?
仮に簡易キットがあってもPCRを測定する装置に検体をセットするまでの下準備を手作業で行っているからだ。この作業は検査技師さんしかも熟練者が行う必要があるので、いくら検体採取の数や測定装置を増やしても技師さんの数が限られているので実施件数には限界がある。つまり、入り口を広げても出口が満杯状態なので事態は改善しない。

(下は、手作業の風景) 

Pcr_20200428204502

R

結論を言えば、海外では検体採取から後の工程は全自動方式が採用されている。しかも多検体を同時に数時間程度で判定結果が出る装置を用いているようだ。この装置が何台かあれば作業効率は大幅にアップするし、技師さんの負担も軽減できる。 
どうして日本ではこのような装置が使用できないのかだが、それは薬事法の承認(体外診断用医薬品の製造販売認証)が日本国内にて必要なのだからだ。
海外ですでに実績があるのであれば個人的には政治判断で対処できるのではないかと思う。体内に侵入させるものは何もない体外診断なので副作用は関係ない。この状態を打開するには海外実績を基に政治判断で承認してもいいのではないだろうか。

番組の最後では、「ゲームチェンジャーが必要」という発言があり、保健の先生とか看護師さんとかがPCR検査の権限を許されてできるようにするという発言があった。まさに誰でも操作できる全自動装置での検査のことを言っているように聞こえたのは自分だけか、、、、、。

二木先生からもそれらしい発言があったが、薬事法の関係でぼんやりとしか話せなかったのだろう。

ちなみに生化学分野に詳しい知人によると、世界で活躍している装置は日本発のOEM製品(相手先ブランド製品)と聞いている。バカらしくてシャレにもならないよな。「灯台下暗し」とはこのことで、実は大切であることを見落としている摩訶不思議な国がここにある。

お気に入りの曲 

Old-time-jazz OLD TIME JAZZ - 高橋真梨子 

チョット粋な大人の雰囲気。えーどすね! 

https://www.youtube.com/watch?v=Ow8VH5s9ROM

 

2020年4月28日 (火)

自粛ムード

飯田市内の病院(24日11:45中央受付)

普段ならかなりの人がいるんだが、診察を終って支払いや処方箋待ちの人々はまばら。こんなの初めて。

Dsc_0032-2

駒ケ根市内のスーパーマーケット(27日11:00)

(土、日)は混むのでそれを避けて月曜日にしたせいか、ホント買い物客が少なかった。 

Photo_20200428134801

それでもインスタント麺関連はほとんど売切れ

保存食の代表格であるインスタントラーメンが品薄状態。お家にいてね!の指示に伴う誰もがとってしまう行動心理だな。 

Collage_fotor_20200428134801

お気に入りの曲

Yukari-ito-my-blue-heaven Yukari Ito - my blue heaven

「狭いながらも楽しい我が家」。

だからお家にいましょう! 

https://www.youtube.com/watch?v=MUZcG4DAg4c

 

2020年4月26日 (日)

畑の状況4/26

4月22日のジャガイモの状態。植え付けたもの全部が芽を出したわけではないが、ほぼ満足できる状態。

202004228

ところが今日畑に行ったら、ここ数日の寒の戻りで霜枯れしているではないか。またすぐに蘇るのであまり心配はしていないけれど、チョットだけ不安。

Dsc00003

ヤマイモ類(ナガイモ、短径自然薯)の追加植付け

昨年収穫したものの切れ端が残っていたのでダメ元で6個植え付けた。(左端の小さな畝)

Dsc00004

タマネギもだいぶ大きくなってきたのでひと安心というところ。

Dsc00001r

遅ればせながらニンジンも顔を出してきた。

202004226_20200426211101

お気に入りの曲

Fausto-papetti-femmes-arkady-ostritsky-pFausto Papetti - Femmes 

https://www.youtube.com/watch?v=qddn5tF8hds

2020年4月25日 (土)

虹を見た!いいことあるかな?

一昨日散歩の途中で雨が降ってきた。こりゃ大変急いで帰らんといかん。

まだ雨は降っていたがふと空を見上げるときれいな虹が円弧を描いていた。これだけきれいに全体が見えるのは田舎ならではの事。都会だとビルが邪魔して虹の始まりと終わりを見ることはほとんどない。(どっちが始まりで終わりかは分かりましぇ~ん)

Dsc03016_stitch

あと少し待った方が虹がもっとくっきりと見えるかも知れなかったが、雨に濡れるのも嫌だったのでこれぐらいにしてGo Home!

虹を見たら何かいいことありそうな予感がしてきた。(予感だけかな?) 

Dsc03014_stitch

虹と言えば、5年前に果樹の摘果作業中に「逆さ虹」を見た。普段は目にすることがないレア度の高い虹だ。地震の予兆などとも言われているが、その年は大きな災害はなかったようだ。

Photo_20200425131101

お気に入りの曲 

Johnny-tillotson-poetry-in-motion Johnny Tillotson - Poetry In Motion 

Johnny Tillotsonをもう一曲。
好きな人のしぐさはすべてが素晴らしくまるで詩のように映る。う~ん、青春だ。

https://www.youtube.com/watch?v=Oy_ArpznZUs

 

2020年4月23日 (木)

新型コロナ治療薬・ワクチン早く

本庶佑 京大特別教授は、ウイルスを忍者に例え「目に見えない忍者のような敵を見つけることはできないが、毒をもらった人を発見して他人に移らないようにすることと、適切な治療で死亡を防ぐことが大切」と 話されていた。

Photo_20200423140601

つまり、PCR検査にて毒をもらった人を発見し、症状に応じた判断と処置を施すということだ。(ICU、入院、ホテル、自宅療養等に振り分ける)

Photo_20200423140602

適切な治療に関してはまだ確定はしていないが、新型コロナ特有の症状が、重症の肺炎を伴うことは確認されている。
その肺炎重症化を抑制する効果があるとされるているのがリウマチ治療薬で、スイス・ロシュの「アクテムラ」や仏サノフィの「ケブザラ」などの抗体製剤だ。

現在市販されている既存薬はヒトでの安全性と体内動態が実績によって既に確認されているので、新型コロナへの効果が確認されれば実用化への道は早い。

その一例が抗インフルエンザ薬「アビガン」で、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」にも効果があるのではないかと言われている。(現在効果確認中)

また、大阪府では新型コロナウイルス感染症に対するワクチン開発について7月の臨床試験入りを目指すとしている。これはアンジェス社と大阪大学が有するプラスミド DNA 製品の開発実績を生かしてコロナウイルスの予防用 DNA ワクチンを共同開発しようというもの。 

人は窮地に追い込まれれば、そこから何とか脱する方法を考え出すもの。新薬、ワクチンの早急な登場を信じてやまない。 

お気に入りの曲

Why-do-i-love-you-so-johnny-tillotson Why Do I Love You So - Johnny Tillotson 

どうして私はあなたのことをこんなに好きなのでしょう?そんなん知るわけないやろ。

でも、「Stay at Home お家にいてね!」と言われるとすごく心温まる曲だ。 

https://www.youtube.com/watch?v=cMMalPGr5eo

 

 

2020年4月22日 (水)

リンゴの花が咲いた

リンゴはまだ蕾のままかな?と思いながら散歩コースのリンゴ畑に行くと、「アッ、花が咲いてる!」なんか嬉しいな。

蕾が開けば白い花、赤から白へのみごとな変わり身?変わり身という表現はあまりよくないな。赤から白へ見事に姿を変えた。

202004223

ナシはほぼ満開になりつつあり、棚一面が白い花に埋めつくされてきた。 

202004222

柿は新芽が出たと思ったらアッという間に若葉が出てきた。 

202004221

栗も新芽が出てきて、果樹も本格的な春シーズン突入のようだ。

オッと、ヒヨドリ見つけた、ズームアップ、ズームアップ! 

20200422

お気に入りの曲

Casablanca-bertie-higgins Casablanca - Bertie Higgins

日本では「哀愁のカサブランカ」(郷ひろみ)でヒットした曲。バーティ・ヒギンズの「カサブランカ」が本家。 

https://www.youtube.com/watch?v=n2orykBfo5o

2020年4月21日 (火)

洗って使えるソフトガーゼマスク

昨日、食料品の買い出しでスーパーに行った。家内の後についてカートを持ってウロウロしているのも飽きてくるので、チョット単独行動してみた。

酒と菓子類を物色するのがメインだが、マスクはどうかいなと確認しにいったら「アラ!マスクあるやないか」。

Dsc_0031-2

マスクの値段は税込み769円、しかも1枚だけ。高いな思ったが、40回ほど洗って繰り返し使えるガーゼマスク(布製マスク)、BFEフィルター入りでウイルスブロック!と記されていた。

BFEフィルター入りでノーズバーもあるので、政府から配布されるマスクよりいいような感じが一瞬したが、待てよと思う点があった。

Photo_20200421105801

BFEフィルターはバクテリア飛沫ろ過効率(Bacterial Filtration Efficiency)のこと。バクテリアつまり細菌のことなのだ。
VFE(=Viral Filtration Efficiency)と商品に記載されていればインフルエンザ・ウイルス等の飛沫ろ過効率を意味するのだが、VFEとはどこにも記載されていない。

このマスクでは、細菌や大きなウイルスはブロックできてもインフルエンザ等の超微小ウイルスは容易に通過してしまうことになる。 

店の説明に誤りはないが、「BFEフィルター入りでウイルスブロック!=新型コロナウイルスをブロック!」という風に受け取って購入する人もいるだろうな。

20200421
Photo_20200421111001

疑問に思えば間違いに気づくことがある。そのことを肝に銘じておこう!! 

お気に入りの曲

Dutch-swing-college-band-tiger-rag Dutch Swing College Band - Tiger Rag 

デキシーで気分転換。楽しくやろう!

https://www.youtube.com/watch?v=dUcS0pbowOg

2020年4月19日 (日)

果樹の花

リンゴの蕾…蕾が開けば白い花になるが、この状態も愛らしくてええな。 

Photo_20200419113402

ナシの花…棚一面が白い花で埋めつくされると圧巻。待ち遠しいやんか。 

Dsc02930
Photo_20200419113401

白いモモの花…花言葉は、純真・人柄の良さ。オレの事や😆

Photo_20200419113404

ピンクの桃の花…花言葉は、気立てがよい、あなたのような魅力など。やっぱり俺や😄 

Dsc02969

花モモ…花言葉は、恋のとりこ・あなたに夢中など。そんな人おらんかいな?

Dsc02948

菜の花…アブラナ科の野菜から咲く花。何の花(野菜)やったんかな?

Dsc02935

我が家のブルーベリー…花言葉は、実りのある人生・知性など。そうなるんやったらええな! 

Photo_20200419113403

飯田線…ちょうどいいタイミングで電車が来たもんで。カシャ。 

Dsc02955

お気に入りの曲

Cantaloupe-island-remastered-1999-_-rudy Cantaloupe Island (Remastered 1999 / Rudy Van Gelder Edition)

· Herbie Hancock 

フレディハバードのトランペットが際立つ名盤。 

https://www.youtube.com/watch?v=otFVFLtRF_s

2020年4月18日 (土)

厳格な外出自粛要請が発表される前に

長県県でも17日の夕方に「徹底した外出自粛要請」が発表されるので、昨日その前の時間帯に気分転換を込めて近場の花見スポットに行った。
「君子危うきに近寄らず」と昨日自分で言ってたばかりで矛盾した行動をとってしまったことは反省。🙇
行ったのは2ヶ所。飯島町の千塚公園と中川村の大草城址公園。

Photo_20200418141501

千人塚公園

城ヶ池の周りの桜と中央アルプス南駒ケ岳が間近に堪能できる。

Dsc02874
Dsc02869
Dsc02888

ここはキャンプ地でバンガローも何棟かある。マレットゴルフ発祥の地とうたっており、コースも整備されている。今年は自粛ムードなので両方とも閉鎖中。

20200418

大草城址公園

小高い丘の上にあり、たくさんの桜と背景にある中央アルプスのコントラストがすばらしい。隠れた花見スポットかも。

Dsc02898
Dsc02908
Dsc02917

この公園も普段はマレットゴルフが楽しめる。18番ホールの旗がでんと構えている。

Dsc02912

2つのスポットとも平日で桜も散り始めていたので人はまばら。人との距離は15m以上確保できたよ。 

お気に入りの曲 

Besame Mucho · Dave BrubeckBesame-mucho-dave-brubeck 

ウエストコースト・ジャズらしく、泥臭くささがないジャズだ。 

https://www.youtube.com/watch?v=TvtaSiYAjaQ

 

2020年4月17日 (金)

さすがノーベル賞受賞者

ノーベル医学・生理学賞を受賞された「本庶佑 京大特別教授」出演の「BS-TBS報道1930」(昨日)のライブ配信を見ての感想。

先に結論を言えばさすがに本質を捉えたすばらしい発言だった。

「ウイルスは毒をまく忍者」

忍者を見つけることはできないが、忍者の動きを封じ込め、毒をもらった人を発見し、適切な治療で死亡を防げば戦いに勝利できると国民に自覚を求めた。加えて、政府に忍者=ウイルスがどこにどれだけいるかを知るためにPCR検査数を増やす事を提案された。

Photo_20200417141102

これを聞いて、孫氏の兵法が頭に浮かんだ。 

「彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず」=自分の状況と、相手の状況をきちんと把握していれば、必ず勝てる

「兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず」=戦争は勝利が目的だが、長期戦は避けなければならない 

「此れ、気を治むる者なり」=戦闘では、集中力が決め手になる

また、故事ことわざ(孔子の言葉ではない)にもこんなものがあり、これは我々の行動に当てはまる。

「君子危うきに近寄らず」=教養があり徳がある者は、自分の行動を慎むものだから、危険なところには近づかない

今はまさにウイルスとの戦いであり、これに勝つためにどうするかという先人の教えは大いに参考になる。この教えが中国からのものというのが気に食わないが、まさにこのことを実施することが危機を脱する方法かも知れない。 

本庶先生はCOVID-19に対する日本と韓国の戦略の違いなどにも言及されていたが、それらを挙げればきりがないのでこれだけにしておこう。

Photo_20200417141101

私見になるが、PCR検査数を増やすことが大前提であれば、マンパワーがないとかできない理由を並べるよりどうしたらできるかを政府に考えてもらいたい。

現状のままで考えてうまか行かなければ、その仕組みを変えてみるとか、手順をかえてみるとかしたら案外うまくいくこともある。

現状は手動検査なので検査数には限りがある=人数(技師)が少ない⇒人(熟練者)はすぐに増やせない⇒外部組織の応援を頼む、又は検査の自動化を目指す=海外のように同時に多数処理できる全自動方式を採用する。洗濯機と同じで、全自動であればすべて一連の作業を機械に任せられるので、その間に他の仕事ができ、疲労も軽減できる。 

お気に入りの曲

Crazy-situation-blues-feat-the-white-fla

Snowy White - Crazy Situation Blues (feat. The White Flames) 

ゆったりしたブルースで、なぜかはまってしまう歌い方。

https://www.youtube.com/watch?v=YQzyyvSVNMY

コロナウイルスと戦っている 今、この曲の歌詞が胸に突き刺さる 

It's a bad situation A sad situation It's a crazy situation
And it's killin' me

2020年4月16日 (木)

短径自然薯の植付け

8日に山イモ類の植付けを実施したが、パイプが足りなくて短径自然薯の種イモが残った。

Dsc02814_20200416104901

後日、地中に波板でも敷いて、その上にこれらの残ったものを植えようと思っていたが、波板では山イモが勝手気ままに、かつデコボコの形で伸びて行くのでやはりパイプにすることにした。
短径自然薯とはこんな形をしている。(昨年パイプ無しで栽培したもの)

Photo_20200415221501

今年もこんな形じゃ調理しにくいので家内からクレームがくるのは必至。やはり手製のパイプで強制的に細長くしてやることにした。道具類がないので不格好なのはしょうがない。昨年は長さ30cmのパイプを作ったが、今年は50cmにした。

Dsc02867_20200415222201

作ったパイプは6本で、まだ種イモが余っていたので残りは波板(案内棒がない箇所)を使用した。これで今年の山イモ植付けは終了。

Photo_20200416120301

山イモは収穫したものを一部カットして残しておけばそれを種イモにできるので便利なんだ。

お気に入りの曲 

Open-the-door-blues-cousins Open the Door · Blues Cousins 

ロシアのブルースバンドだが、いい雰囲気持っている。 

https://www.youtube.com/watch?v=PgLkeIgdjwU

2020年4月15日 (水)

見苦しい、あごはかくして!

政府による布マスクの支給が始まった。とはいっても東京都など都市部が優先されるので、南信州に配布されるのはまだまだずっと先だろう。
支給を受けた施設の職員さんの話では使い勝手が悪いらしい。マスクのサイズが小さいうえに、ひもがゴムのように伸びないため装着しにくく耳が痛いとのことだ。

これとは別に、鼻を覆うと顎がはみ出る、顎を覆うと鼻に届かないなどの声もあるようだ。
布マスクはウイルス感染の防止という意味では、不織布マスクに遠く及ばず「竹やりでウイルスと戦う」ようなものと話す人もいる。
自分の場合、布マスクは子供の頃に使用したイメージが強い。つまり半世紀以上も前からの変わらないデザインで感覚的に古臭く使おうとする気が湧かない。

TVで安倍首相のあごがはみ出た映像を見るたびにへきえきする。見苦しさの極み。これを配布しようと決めたメンバーの感覚を疑うネ。

国会で首相以外みんな不織布マスクを着用している。少なくとも与党全員布マスク着用して欲しいね。

Medical_mask_tedukuri_woman それに比べ同じ布マスクでも小池都知事のマスクはオシャレでかわいいネ。布製マスクなら見た目もかっこいいものを自分たちでも作れるので、466億円も使ってホンマ税金の無駄遣いや。

そのお金で医療従事者が求めている機器・機材等にまわしたらどやねん。オッと、関西弁になってきた。

Photo_20200415143801

お気に入りの曲

Begin-the-beguinebbc-big-band-orchestra

BEGIN THE BEGUINE...BBC BIG BAND ORCHESTRA 

https://www.youtube.com/watch?v=EFbGGuo2vNk

2020年4月14日 (火)

PCR検査と抗体検査

新型ウイルス感染の有無をチェックするためPCR検査が実施されている。

ところが日本では発熱等の自覚症状が合ってもすぐに検査を受けることができない。

というか基本的に重症化しない限りPCR検査を受けることができないのが実情だ。

新型コロナウイルスに対する検査としては、このPCR検査に加えて、抗体検査(血清検査)がある。 

PCR検査は、鼻腔(びくう)や喉を綿棒でこすって採取した粘液を使って体内にウイルスがあるかどうかを判別する。しかし、過去にかかったことがあるかどうかはわからない。

これに対して抗体検査は、過去に感染したことがあってウイルスに抵抗する能力(抗体)を持っているかどうかを判別する。
過去にかかった人は免疫ができているので、陽性と判定されても当面の間は人にうつすことはないとされている。抗体があれば陽性と判定されても自宅待機を強いられる可能性は少なくなる(楽観視かな?)。何よりも抗体があるから自分は大丈夫という安心感を持てるのが大きい。

Pcr_20200413145101

PCR検査と抗体検査を同時にかつ迅速に実施して、「ハイ、あなたは免疫ありですので安心して下さい」という声が聞けたらいいよね。 

お気に入りの曲 

My-way-frank-sinatra My Way ー Frank Sinatra

この曲はじっくり聴いて人生を振り返るもの。「昴」もそうだが素人がこれ見よがしに歌うのを見るとうんざりする。 

https://www.youtube.com/watch?v=qQzdAsjWGPg

2020年4月11日 (土)

片桐松川沿いの桜 PARTⅡ

4月7日に片桐松川の桜がほぼ満開と記したが、今が満開だ。

橋の上からのパノラマ風景

Dsc02835

橋の上から見える中央アルプス(南駒ケ岳他)

Dsc00009

メイン会場となるはずだった広場(今年の桜まつりは中止)

Dsc_0033-1

河原から見た南アルプス

Dsc_0043-1

川沿いに続く桜並木(片側だけ)

Dsc_0034-1

我が家のブルーベリーの花が咲いた(嬉し!)

Photo_20200411152401

お気に入りの曲 

Barry-harris-be-my-love Barry Harris - Be my love  

https://www.youtube.com/watch?v=a3t7hBeN9V0

 

2020年4月10日 (金)

果樹園がにぎやかになってきた

4月1日に桃の花が咲いたのを見つけたが、昨日あたりから桃畑がピンク色に染まりだしてきた。写真では立体感がないので上手く表せないが、目の当たりにすると実にきれい。

2020_20200410153401
Photo_20200410152801

貴陽は満開を過ぎ、少し枯れだしてきたがまだまだきれいだ。遠目にはナシの花に見える。

2020_20200410152802

ナシは蕾の状態。これからあっという間に白い花が棚いっぱいに咲き乱れる。

2020_20200410152801

リンゴもようやく蕾が出てきた。蕾の時は淡いピンク色、その後花が開くと白い花になる。

2020_20200410152804

散歩コースにある一本の花桃。いろんな色が混ざってこれもまたいい。ウッ、大きなサナギがぶら下がっている。何の虫だろうな?

2020_20200410153101

集落の入口にチューリップ。なんか優しさを感じるな。もうちょっとで満開だ 

2020_20200410152803

お気に入りの曲 

Perez-prado-cherry-pink-and-apple-blossoPEREZ PRADO - CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE

誰もが一度は聴いたことがある曲。

(団塊の世代なら?) 

https://www.youtube.com/watch?v=zj64NlRnpDY

2020年4月 9日 (木)

ほんまでっか「1日2万件のPCR検査」

新型コロナウイルス感染の有無をする判定するPCR検査に関し、安倍晋三首相は1日20,000件実施を表明した。これを信じていいのだろうか。

厚生労働省によると、1日当たりに実施できる件数は8日の時点で検査機器が最大限稼働した場合で最大でおよそ12,000件。実際に検査できた件数は1日当たり4,000件余りにとどまっているとしている。
実施件数が少なかったのはマンパワーの問題としており、人員の確保などを通じて検査件数を増やす意向を示している。下は空港の検査スタッフ募集例で、流入する水際での検査体制を強化するためのものか。

Pcr_20200409111501

しかし、応募するには専門知識と資格が必要なのに加え、遺伝子検査の質を担保するには熟練が必要なのだ。採取した検体から遺伝子になってはじめて感染のリスクが無くなるが、それまでの過程で検査者に感染の可能性もある。不慣れなため偽陰性が出ればまた感染拡大につながるリスクも生じてくる。

「人・物・金」の観点から考えると、増員が厳しければ人に代わって検査してくれる機器や民間組織、それを導入する資金の投入なども同時並行で進めるべきではないかなと思う。

首相の口癖である「躊躇なく、スピード感をもってかつ大胆に」を有言実行して欲しい。

検体を採取するだけで20,000件の検査実施なんて言わないでね。即日の判定結果と合わせたものが20,000件ですよ!

お気に入りの曲 

Peppino-gagliardi-che-vuole-questa-music Peppino Gagliardi - Che Vuole Questa Musica Stasera 

https://www.youtube.com/watch?v=nKS4Iu0JvPU

2020年4月 8日 (水)

畑仕事、しんどかった😓

今日は長イモ・山イモ植付けの畑作業。

やり方は下の説明図の通りだが、パイプを並べるため30~40cmの深さの溝を掘らなければならない。これが基本作業なのだが手作業だとそこそこ体力を要する。これが終ればあとはパイプを並べ、案内棒を立てた所に種イモを置いていく。

Photo_20200408200701
Dsc02810
Dsc02811

案内棒に種イモの先端を合わせ、上から土を被せ1畝完成。

Dsc02812

反省点は、昨年収穫した長イモと短径自然薯の先端を切り取って種イモにしたのだが、どっちがどっちか分からくなってしまった(笑)。下はパイプが足りなくて残った種イモ。後日、地中に波板でも敷いて、その上にこれらの残ったものを植えるようにしよう。

Dsc02814

体力が残っていたので、ブロッコリー、カリフラワー、レタスの植付けも実施。しかし、終わったら身体ガクガク、やっぱり歳やわ!

Dsc_0031-1
Dsc_0032-1_20200408190001

お気に入りの曲

Rosemary-clooney-sway-remasteredRosemary Clooney - Sway

https://www.youtube.com/watch?v=mNRx79GPZcw

2020年4月 7日 (火)

片桐松川沿いの桜ほぼ満開

国道153号小松川橋のすぐ傍にある桜スポットはほぼ満開。中央アルプスの残雪が背景にあるのでそれなりにいいスポットと言える。

Dsc02806
Photo_20200407124501

ポツンと一組だけが花見を楽しんでいた。これなら感染のリスクは少ない。

Dsc02808

残念ながら新型ウイルス感染の影響で今年の桜祭りは中止。

Dsc_0042

橋の手前にある民家の芝桜も満開間近。 

Dsc02807

お気に入りの曲

Autumn-leaves-eddie-higgins Autumn Leaves - Eddie Higgins 

サクラの季節なのに枯葉(Autumn Leaves)。このジャケットかっこいい。 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=86&v=k9BqZxir_AI&feature=emb_title

 

 

2020年4月 6日 (月)

ある所にはあるもんだ

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク、除菌グッズなどの購入が困難な状況にある。

マスクはお1人様1点の張り紙があるだけで、商品はまったく無し。

Dsc_0031_20200406185401

除菌グッズも同様で商品はまるで無し。

Dsc_0034_20200406185401

トイレットペーパー、ティッシュペーパー、インスタント麺なども巣ごもりアイテムとして品薄になっているようだ。

この店ではトイレットペーパーのダブルは無く、シングルのみわずかに残っていた。

Dsc_0032_20200406185401

家内から緊急事態宣言がでる前にトイレットペーパーとティッシュの予備を買ってきてとの依頼があったので、近くの大手薬局チェーン店に立ち寄ったのが上の写真の状況。

本来の目的は野菜の種を購入することだったのでホームセンターに行ったら、何だトイレットペーパーもティッシュもあるではないか。特に1点限りの張り紙も無しだ。とりあえず2パックずつ買うことにした。マスクは少しの予備と先日運よくゲットできたので当面大丈夫。

運とかタイミングの問題もあるが、あるところにはあるもんだ。自分は運がいいのかな?よし、宝くじを買ってみよう!!

お気に入りの曲 

Andrews-sisters-tico-tico Andrews Sisters - TICO TICO 

https://www.youtube.com/watch?v=8tq4L4iLRqA

2020年4月 5日 (日)

マスクの値段高くなった

今日、駒ケ根市のホームセンターで買い物をしていたら館内放送で「只今マスク入荷。一人1枚数量限定」のアナウンスがあったので、レジ近くの売り場へ早足で駆け付けた。大半の人は駆け足だったので売り場に着いたらあとわずかだったが何とかゲットできた。アナウンスから商品が無くなるまで3分も経っていなかった。マスクがなかなか購入できない状況なので、値段も確認せずさっと持っていく人ばっかりだった。自分もその一人だったけど、、、、、。
他の商品と合わせてレジにはいったので、支払いが終って「このマスクいくらだったんだ」とrシートを確認したらなんと、ムムムツ657円。
3月29日に購入できたマスクは440円(5枚入り/1枚88円)。今日購入したマスクは657円(5枚入り/1枚132円)。

Dsc02802

この類の不織布マスクの性能なんてたいして違わないと思うので、220円の差は大きい。
マスクが手に入りにくい現状を考えれば、しかたないのかもしれないが腑に落ちない気もする。

政府が布製マスクを1住所あたり2枚配布してくれるが、人々が求めているのは不織布マスクなので感覚のズレがある。それに見た目もダサいのでどれだけの人が配布マスクを使うか疑問だ。求めもしていないものを配布してくれるより、不織布マスクの供給体制をしっかりと整えてくれる方がましだ。布製マスク配布で不織布マスクにプレミアム感が付いて価格が上がってしまったのかも?

お気に入りの曲

Kaori-kobayashi-childrens-dream Kaori Kobayashi - Children's Dream 

「Nothing's Gonna Change My Love for You 」でブレークした女性 アルトサックス、フルート奏者。なかなかいいじゃないか。

https://www.youtube.com/watch?v=KhS43usxX9g

2020年4月 4日 (土)

さあ大変、安倍さんどうする?

ネットで毎日新聞のこんな記事を見かけた。

内容は在日米国大使館が日本のPCR検査の現状を非難し、今後を危惧するもの。

Photo_20200404105901

詳しくは下記URL参照

https://mainichi.jp/articles/20200404/k00/00m/030/005000c

頼みのアメリカからこんな内容が発せられたらもう大変。以前からPCR検査の数が少なすぎるとの非難があったが、ついにお尻に火がついたようだ。オリンピックがらみで感染者数を抑えたかったのかもしれないが、生命あっての経済という大前提を誤ったらこういうことになる。

《もう一件》

新型コロナウイルス感染で収入が落ち込んだ世帯(1000万世帯が対象)へ現金30万円を支給するという方針を出した。新型コロナへの対応が後手に回っている現状と、布製マスク2枚配布の批判が殺到しているので、風向きを変えるサプライズの思惑があったのかな。ここでも「やっている感」を示したかった? 

全5800万世帯の内1000万世帯に配布。隣近所に例えれば、1世帯が受給でき、周りの4.8世帯(僕んち含む)は何もなし。手にできるのは布製マスク2枚だけ(笑)。

Photo_20200404123201

人は得よりも損のイメージが強い。上のイラストで不公平感分かって欲しいな! それとももらえそうにない自分のやっかみかな?

お気に入りの曲

Ballads-for-the-beast-hugh-lawson-trio

 

Ballads for the Beast - Hugh Lawson trio 

https://www.youtube.com/watch?v=ALc965puVCE

2020年4月 3日 (金)

痛みに寄り添える

4月1日に続いて布製マスク配布の件。

第二次安倍内閣によって推進された経済政策「アベノミクス」に対する蔑称である「アホノミクス」は同志社大学の浜矩子教授による造語。
1日に安倍首相が発表した「全世帯(1住所)に布製マスク2枚配布する」のニュースで世論は大いに盛り上がっている。その大半は予想した通り批判的なもので、「アベノマスク」という蔑称まで生まれている。自分に言わせれば、浜教授にならい「アホノマスク」だ。

Money_kariru_couple_woman いい年をした大人が集まって出た答えが布製マスクの配布だって。今日明日の生活に苦しんでいる人々が必要としているのはマスクなんですか?。マスクで食っていけるんですか?

政府のマーケティング力の無さにはあきれかえる。

マーケティングの基本は「顧客のニーズを知ること」

こんな感性しか持っていない内閣が国民に寄り添った政治が出きるんだろうだろうか。もう末期的症状かも。

人は追い込まれると「私はこんなにすごい事をやってます」と「やっている感」をアピールしたがる。それが全く評価されていなくても、、、、、。

今回の布製マスク配布はまさにこの状況。自分(達)だけのことしか考えていないからこのようなことしか思いつかないのだ。

今現在、国民がおかれている状況を把握し、自己の利益よりも国民の利益を優先する内閣であって欲しい。つまり痛みに寄り添える内閣こそが現在の危機を乗り越えられる。と思うしだい。

Photo_20200403114901

お気に入りの曲 

Put-your-head-on-my-shoulder-paul-anka Put Your Head On My Shoulder - Paul Anka

邦題「あなたの肩に頬をうずめて」。なんとも優しくほのぼのした歌。日本政治もこうあって欲しいネ。 

https://www.youtube.com/watch?v=0pLp4oGE4m4

2020年4月 2日 (木)

迅速なPCR検査

長野市でも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が発表された。

どうも府に落ちないのは、31日にPCR検査を受けて検査結果が翌日(4月1日)であったこと。つまり入力してから結果が出力されるまでに1日のタイムラグが生じている。このせっぱ詰まった緊急事態においてこのスピード感でいいのだろうか。

飯田保健所管内の感染者のケースでも、26日に医療機関を受診し、検体を県環境保全研究所(長野市)がPCR検査し、27日に陽性の結果が出たと記されていた。同様のタイムラグだ。

何で検査結果が、検査したその日に出~へんのや?

Pcr PCR検査は、鼻などの粘膜から採取した検体を精製し、ウイルス遺伝子を増幅させてから測定するので、感染の有無を判断するまでに約6時間程度かかると言われている。
なので、長野市や飯田市における検査結果は翌日になったしまったのはやむを得ないのかもしれない。

公的検査機関では一連の検査が手作業で行われているが、民間の検査機関では一度に多くの検体を自動で測定でき、しかもスピーディに実施できるようだ。今回の危機的状況下においてはスピード感をもって対処し、情報の提供がウイルスの感染速度よりも速いことが肝要だ。

たまたま見つけた下の動画は1検体あたり1時間のようだが、5検体以上を2時間ぐらいで結果がでる装置もあるようだ。

長野県もタイムラグのない迅速な検査がどうしたら実施できるを早急に検討し、即実施して欲しいものだ。「できないではなく、どうしたらできるか」これが重要。予算の問題という口実は無しだよ。
もう一点、ブログで「県は感染が起きた地域のもう少し具体的な内容を公表すべき」と何度も言っているが、この場に及んで個人のプライバシー云々言っている場合だろうか?何を恐れているんだ。

旧約聖書 「聞け。あなたたちは、今日、敵との戦いに臨む。心ひるむな。恐れるな。慌てるな。彼らの前にうろたえるな。」 

自分は、ユダヤ教とかキリスト教徒ではありませんが、、、、、、、。

お気に入りの曲

Golden-earrings-janet-seidel

 

Golden Earrings · Janet Seidel

https://www.youtube.com/watch?v=X4EDVMCXRM0

2020年4月 1日 (水)

布製マスク

今日(1/4)、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で画期的な方針を明らかにした。
内容は、「全世帯に布製マスク2枚配布する」というもの 。
布製マスク=ガーゼマスク?、おいおいマジかよ?

20200401

今は不織布マスクの時代だろう。不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)を99%カットするものがほとんどで、ガーゼマスクよりも防塵効果が高い。
ウイルス飛散や風邪の予防という意味では、不織布マスクだろう。
ガーゼマスクが通さない物と言えば花粉程度でウイルスなどは通過してしまう。ガーゼマスクは一般的に防寒用に使われる。

それに、今日の首相の国会映像を見てわかるように見た目もダサい。

これ、専門家と相談したんだろうかね?だとしたら、この国やっぱりおかしい!!

エイプリルフールだったらお笑いだよね。

お気に入りの曲 

Yesterdays-richard-wyands

Yesterdays - Richard Wyands 

https://www.youtube.com/watch?v=EByV_zISNpY

希望の花

新型コロナウイルスで世の中暗いニュースばかり。コロナショックの影響で経済も先行きの不透明さが増すばかり。おかげで株価も大幅下落=資産減少で精神的にも滅入っている人も多くいるだろう。エッ、自分?さあどうだかね?まあ、そこそこショックだな。

そんな訳で、気分を明るくする材料を、、、、、。

モモの開花…これから実を生らす希望の花。これからブルーベルー、ナシ、リンゴなど希望の花が開きだす。

Photo_20200331182501

上をみれば空は大きく広い。タンポポも雑草魂で存在感を示している。

「やせ蛙 負けるな 一茶これにあり」

Photo_20200401125202

サクラ…これぞ日本の象徴。下に垂れても花は人に感動を与えてくれる。

Photo_20200401125302

お気に入りの曲

Louis-armstrong-on-the-sunny-side-of-the Louis Armstrong - On The Sunny Side Of The Street

デキシーランド・ミュージックで気分を明るく。 

https://www.youtube.com/watch?v=Nn3soYbSpS4

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »