フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 町内会のどんど焼き | トップページ | 主婦業の大変さを実感 »

2020年1月14日 (火)

松川町の町長表彰

松川町だけのことで恐縮。 

広報まつかわ1月号の令和元年度松川町長表彰のページを見て思ったこと。 

毎年この時期の公報に掲載されているが、その都度なにか腑に落ちないものを感じていたので、今回それを吐き出してみた。

「町長表彰は、町の産業や福祉、教育、文化などの発展に大きく貢献された方や、町の産業や福祉、産業の発展に功績のあった方を表彰するものです」と記されている。

Hyousyou_dog

今回も何人かの方々が表彰されており、その方々には申し訳ないが腑に落ちなかった2点を挙げてみた。 

  • 民間の会社なのに、町の公報誌に永年勤続(30年)表彰者の名前が挙っている。何故? 会社で表彰を受けているのだからそれでよいのではないか。これだと、住民税は同じように納めているのに松川町以外で働いている人は対象外になってしまう。まさか町でもダブって表彰をしているのではないだろうね。同様のことが役場に永年勤続している人に対しても言える。これらはあくまでも内輪のことであるので、表に出す必要はまったくない。

  • Denryoku_solar_panels 地方自治の振興で前町長が、2期8年町長職にいたとして表彰を受けていたが、本当に町の発展に貢献したのだろうか?太陽光発電の無分別な設置を許可し、町の景観を壊した張本人ではなかったのか。それを裏付けるように前回の町長選挙では町民の支持が得られず落選したではないか。お情けで表彰したようでまったく解せない。表彰というものに情を持ち込んではいけない、と思う。

すべての分野に共通することだが、よくもまあ毎年表彰者が出るもんだ。このような表彰項目があるから町内に勤務している人の中から順番にリストアップしているように思えてならない。これも、町内以外で切磋琢磨している人は対象外になる。民間企業ではよほど大きな成果を挙げたものにしか表彰はない。
町長も新しい世代に入ったのだから、これまでの慣例だったからという発想は止めて 現実的な目線で進めて欲しいと思う。

お気に入りの曲 

Bette-midler-as-janis-joplin-when-a-man-Bette mmidler - When A Man Loves A Woman 

酒と麻薬に溺れながらも歌いつづけた女性ロック・シンガー「ローズ」の愛と激情の人生を描いた映画「The Rose」の挿入曲。ヒロインのローズは夭折したジャニス・ジョプリンがモデルとなっており、ベット・ミドラーの迫力満点の歌唱はまるでジョプリンのようだ。 

https://www.youtube.com/watch?v=RzTs-ZqacA8

« 町内会のどんど焼き | トップページ | 主婦業の大変さを実感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 町内会のどんど焼き | トップページ | 主婦業の大変さを実感 »