フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 彦根リンゴ | トップページ | 台風が過ぎた後も強風 »

2019年10月12日 (土)

リンゴの葉こき

台風19号の接近に伴い、果樹農家さんはリンゴの落下が心配だ。町役場では防災スピーカーで対策を講じるよう放送しているが、具体的な方策を示すことはない。対策として、10月上旬から始まっている陽光、シナノスイートなどを急ぎ収穫すること。これらは一気に採らず色づきを確認しながらの作業になるので、農園の方々が行っている。
で、我々パート班は何ができる?とりあえず、現在行っている区画の葉摘み作業が終わりしだい台風対策の葉こきを行うことになった。

葉こきとは、リンゴの樹全体に日差しが入るように、葉っぱをコキ落とす作業のこと。

で、どこの葉っぱをコキ落とせばいいんだってことになる。

葉摘みは、リンゴの果台の周りの葉(果そう葉)や実に陰を作っている葉っぱを取っていくが、葉っぱは実に養分を供給する重要な役目を持っているのでむやみに取ればいいというものでもない。

農園さんから指示を受けたのは、今年伸びた枝(新梢枝)が対象で、先端の5~6枚を残しそこから下方の節にぶつかるまでの葉っぱをスルスルと取っていく(節の周り含む)。写真の円内の葉っぱ等が対象。

20191012_20191012143601
Dsc06275
Dsc00298

今年伸びた枝にある葉っぱ(新梢葉)や上に伸びた枝にある葉っぱ(徒長枝葉)などはこの時期その役目をほぼ終えているので取ってしまっても構わないようだ。それらの葉っぱを取って実に光が当たるようにしてやった方が色づきもよくおいしいリンゴができるということだ。
もう一点、台風対策として効果があるのは、先端にある葉っぱがないと風を通り抜けさせる確率が高いということ。結果として木の揺れを少なくでき実の落下を最小限にすることができる。う~ん、今回も勉強になったぞ!!

お気に入りの曲

Across-110th-street  Across 110th Street -J.J. Johnson

フットボールMichigan Replayのイントロ曲に使われていた曲

 https://www.youtube.com/watch?v=BTPx-ENoNBY

« 彦根リンゴ | トップページ | 台風が過ぎた後も強風 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彦根リンゴ | トップページ | 台風が過ぎた後も強風 »