« リンゴ畑が浸水すると | トップページ | 「男リンゴ」と「青実果」 »

2019年10月17日 (木)

忖度の極み!!国会質問

リンゴの葉摘み作業をしながら国会質問のラジオを聴いていた。前々から違和感を覚えていたが、10月16日(水)参院予算委員会の自民党議員の質問は腰をぬかすほどおったまげた。忖度国会の極みここにあり!の典型だった。

20191016

特に松川るい氏の発言が顕著だった。日中関係では「総理の卓越した外交手腕により中国との関係が好転している」、日米貿易協定では「安倍総理、茂木大臣の卓越した外交能力、交渉能力により、非常に良いタイミングで短期間にまとめてくださったことを、日本国民を代表して感謝したい」の発言。まさに出来レースのヨイショ発言。これを聞いてもう完全にアウト、ブチ切れてしまった。振り返れば、現政権になってからこのようなオベンチャラ発言が出るようになったような気がする。
議員は、有権者である国民によって選出された人、いわば国民の代理人である。国民の生活に関わる会議が行われる国会でこのようなヨイショ、オベンチャラがまかり通る摩訶不思議の国「日本」。何かおかしいね!

こういう質問をする議員にやる気の魂というものがあるんだろうか?政党、派閥を超え相手が誰であろうと堂々と自分の意見をぶつける姿勢が欲しい。また、オベンチャラ発言をする議員をたしなめる官邸スタッフもいない。むしろそれを聞いて悦にいっているようだ。やっぱり不思議の国「日本」
人は囲いの中に納まっていてはいけない。囲いを作ると仲間意識が芽生え、それを守ろうとする。守ればそこに自分に利するものがあるからだ。そういう生き方があるかもしれないが、自分はそういう生き方は嫌いだ。特に若手議員には、与野党を問わず、囲いを破って新しいものを作り出す気迫が欲しい。そういう気迫を持った議員に国民生活を守る議論をしてもらいたい。

01clp22032

と思うしだい.........

お気に入りの曲

Photo_20191017202301  月の砂漠-薗田憲一とディキシーキングス 

 https://www.youtube.com/watch?v=3RuvL6rK1LM

« リンゴ畑が浸水すると | トップページ | 「男リンゴ」と「青実果」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンゴ畑が浸水すると | トップページ | 「男リンゴ」と「青実果」 »