« 農園さんの粋な計らい | トップページ | 市田柿の摘果作業 »

2019年7月20日 (土)

農場の草刈り機

果樹作業をする場合、木の周りに草が生えていると脚立の足に草にからまり移動がやりにくい。加えて、からまった草を振り払おうとすると脚立の足が近くにいる人にあたる可能性もあるので危険でもある。さらに下草の中に🐍がいても見えないのでたまにギャーと悲鳴をあげることもある。なので、農園さんは我々が作業する前に下草を刈ってくれる。(中にはそうでない農園もあるが........)
先にリンゴの摘果作業をした農園では下のような機械で下草の除去を行っていた。

Photo_20190716105701

ここの農園では車体前方に回転刃ユニットのある乗用型草刈機を用いている。車体前方に回転刃があるので車高を低くでき、走行中に枝にぶつかりにくく、木の近くまで回転刃を近づけられる利点がある。しかも、刈幅1200mmと広いので効率的である。

草刈りロボット

家庭用のお掃除ロボット「ルンバ」があるように、果樹園用にも草刈りロボットが開発されている。上の草刈り機でも人が運転しなければならず、草刈りの時間がある意味もったいない。 農園さんではこの草刈りロボットに興味深々な様子。

 

お気に入りの曲

Billy-joel-honesty  Billy Joel - Honesty

 https://www.youtube.com/watch?v=SuFScoO4tb0

« 農園さんの粋な計らい | トップページ | 市田柿の摘果作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 農園さんの粋な計らい | トップページ | 市田柿の摘果作業 »