« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

厳寒の剪定作業

ハウス食品のCMではないが「寒いねえ!!」と言いたくなるようなここ数日の冷え込み。たまらんネ。そのせいか山のてっぺんも白さがチョット増したようだ。

写真はそれぞれ一部だが、南アルプス(上)と中央アルプス(下)

Photo

そんな寒い中でも、果樹の選定作業に精を出す人々がいる。剪定は葉っぱが落ちた後から次の萌芽までの冬の間に行われる。

果実の中に種がたくさんあるリンゴ、ナシ、カキなどは比較的寒さに強いので厳寒期から行われる。

果実の中に大きな種が1個しかないモモ、アンズなどは、寒さに弱いため少し暖かくなってから行われる。

ということは、夏に収穫する果実は寒さに弱く、秋に収穫するものは寒さに強いのかな?

リンゴの剪定作業

高所作業用の昇降機を用いているので少しリッチな作業だ。Photo_2

電動昇降式高所作業台

これを用いて作業をすると、足場が広く確保できるだけでなく、その高さで前後方向にも移動できるので作業効率がグンとアップする。脚立だと手の届く範囲が狭く、場所を変えるにはその都度降りてセッティングしなければならない。

Dsc01687

モモの剪定作業

モモは寒さに弱いのでまだ早いように思われるが、農場がたくさんあるのでこの時期から始めないと間に合わないのかな?)

Photo_3

お気に入りの曲

0453928e8dac7c56e652d2da17866616

欲望のブルース (ベルト・ケンプフェルト)

ゆったりしたテンポで何となくノスタルジックな気分になる。

https://www.youtube.com/watch?v=aInVnqeMrMw&pbjreload=10

2019年1月28日 (月)

そろそろ春の訪れが

この地域にようやく春の訪れを知らせてくれる花が咲いてきた。

家の中にいると分からないが、散歩などで外に出歩き、周りをキョロキョロしていると気が付く。

…ポツポツと花びらがあり、あッ春が来たんかな?

Dsc01995

フクジュソウ…早春を告げる黄色い花だ。これにフキノトウが見つかれば春の到来はもう完璧だ。

Dsc01991

その他、シバザクラとヤマブキ

Photo

春を告げる花は咲いたとはいえ、まだまだ寒い。今朝も気温は-4℃、日中の最高気温6℃。おまけに雪まで舞っている。ブルブルブル!!

お気に入りの曲

John_leyton

John Leyton - Johnny Remember Me
「霧の中のジョニー」。
子供の頃、意味も分からずに「ジョニー・リメンバー・ミー」と口ずさんだものだ。

2019年1月25日 (金)

お気に入りのパン屋さんと雑学

我が家の朝食はパンが多い。が、この地域に移住して自分の好みに合うおいしいパン屋さんが見つからなくて、いろいろ探し歩いた結果次の2軒にたどり着いた。

①パン工房ローカリズム(飯田市鼎一色410)

②ブランジェリーみかづき(松川町大島782−2)

どちらもパン生地がしっかりしているようで自分の好みに合っている。売り場はチョット狭いのが共通しているけれど..........。

もっと地域を広げたお気に入りは、横浜元町生まれのベーカリーチェーン店の『ポンパドール』のパン。残念ながら長野県にはないのでたまに通販で取り寄せているが送料がバカにならない。冷凍状態で送られてくるので少量だとパン代よりも送料の方が高い。バカだと思われるが、本物の味を知っておくことも大事だ。

ポンパドールは、東京勤務時に北千住マルイ店内で初めて知った。帰社時に北千住駅で途中下車しよく買って帰ったものだ。その後名古屋勤務になった時もJR名古屋タカシマヤ内にもあったのラッキーだった。

35055一番よく食べたのは「ドゥリーブル」という中身がフワフワの、大きなフランスパン。一般的なパン屋さんでは見かけることはないが、1本で600グラム程のどでかいパンだ。

Photo

一般的なことに話を移すと、食パンは角型と山型がある。

最近食べているのは山型だが、店頭にはあまり数多く並んでいない。その時はやむなく角型。

 

Photo_2
ところで、これは調べてわかったことだが、2つのパンの違いは焼くときにパン型の蓋をするかしないかにある。さらにもう一点、材料もチョットだけ違っていた。

材料

角型(角食)

小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

山型(山食)

小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、でんぷん、パン酵母、食塩、米粉、(一部に小麦・乳成分を含む

食感

角型は焼く時に蓋をするので、水分の蒸発が少なくキメの細かいしっとりしたパンに仕上がる。このしっとり感は焼いても変わらない。

山型は蓋をせずに焼くので、気泡が大きくなりフワフワのパンに仕上がる。このフワフワ感は焼くとサクサクした食感になる。自分はこれが好きなのだ。

お気に入りの曲

Sometimes_breadStanley Turrentine - Sometimes Bread

ジャズというよりイージーリスニング的な曲だ。こんな感じで朝食を。

https://www.youtube.com/watch?v=fOC8mtX0v7U

2019年1月19日 (土)

どこかで見たような

散歩の途中、ブルーベリー無人販売所の冷蔵庫が紐でグルグル巻きにされていた。「グルグル巻き?」と言えばどこかで見たような(?_?)。

Dsc_0005

そう、お地蔵さんが縄でグルグル巻きにされている姿だ。

2007_03_04_6
東京都葛飾区にある南蔵院の「しばられ地蔵」。お願いするときは縄で縛り、願いが叶えば縄を解くというものだ。そういえば、自分も願い事をした時に縄を縛って、その後そのままであることを思い出した。まだ願い事が成就していないのでまぁいいかな?もしかして一生叶わなかったりして.......(笑)

2007_03_04_8

ちなみに、この縛られ地蔵は名奉行と言われた南町奉行大岡越前守忠相(オオオカエチゼンノカミタダスケ)のお裁きで登場する。「寺の門前に立ちながら泥棒の所業を黙って見ているとは、地蔵も同罪なり、直ちに縄打って召し捕って参れ」とか何とかで。

お気に入りの曲

Hqdefaultfz817brrArmik -  Dancing Shadows

チョットはまってしまったギターリスト。テンポがよく気分爽快になる。

https://www.youtube.com/watch?v=OgQcDaBAruY

2019年1月16日 (水)

ダンス&ヴォーカルグループはつまらない

日本の音楽がつまらない。出てくるのはダンス&ヴォーカルグループばっかり。TV受けしてカッコいい面ばかり強調され、音楽性という点で首をかしげざるを得ない。

ビジュアル系に偏りすぎて耳から入ってくる音楽そのものがまるでつまらない。ダンスに合わせた曲作りのように思え、そこに音楽の感動というものを覚えない。いろんなグループがあるがどれも同じに見える。

Photo
時代の流れとはいえ、いやはや困ったもんだ。

もっとも、プロテスト精神が根底のアメリカン・フォークソングやロック・ミュージックにのめり込んだ自分自身の過去を振り返ると大きなことは言えないのかも?それらが従来の音楽を壊したなどと言われていたので............。

耳から入ってくる音楽性の変遷が根底にあるのであれば許容範囲である。

ジャズもニューオリンズ・ジャズから始まってデキシー⇒スィング⇒ファンキー⇒フュージョン⇒アシッドなどスタイルの変遷があるが、音楽のスタイルが進化したものである。文字通り「音を楽しむ」ものの変遷なのだ。

この先、日本の音楽はどうなっていくのかな?

お気に入りの曲

R799043314530436569534_jpeg_2
Little Big Town - Girl Crush

切なさが漂うラブ・ソングだ。カントリー・ソングのスタイルが変遷し、多くの人に共感を呼んだ曲。

https://www.youtube.com/watch?v=JYZMT8otKdI

2019年1月12日 (土)

猿は感電しない?

青森県むつ市で猿の群れがケーブルを伝いながら移動する映像があった。この映像を見て「スゴイ」「かわいい」「ありえない」「何回みても飽きない」などのコメントが寄せられている。

私自身はこの映像を見て一種の恐怖心を持った。猿が上下2本の電線を持っているので「危い」「感電するんじゃないか」という心配だ。

昨年1月22日のブログを引っ張り出すと、

Photo

東北電力のQ&Aによると、

『鳥が電線に止まる時は、1本の電線に両足でふれているだけです。1本の電線にふれているだけでは、電圧の高低差がないので、鳥は感電しません。電気は、水の流れと同じで高い方から低い方へ流れる性質を持っています。このため、電圧の高低差がないと電気は流れないのです。鳥が止まる電線にも電気が流れていますが、1本の電線に止まる鳥の右足と左足の場所の電圧には、ほとんど高低差ができません。そのため、烏の体にくらべ「電気抵抗」が小さな電線のほうを電気が流れるのです。』

Photo_3_2

つまり、1本の電線に触れている場合鳥は感電しないが、2本の電線に触れた場合は電圧の高低差(電位差)があるので、鳥を経由して電圧の高い方から低い方に電流が流れる。つまり感電するのだ。

猿は感電しない?そんなわけはない。調べてみたら次のことが分かった。

「サルが渡っていたのは電話線と光回線のケーブル」

光ケーブルは光であって電線ではない。電話線は48Vの電線だけど片方が電線でないから電流は流れない。だから感電することはない。こう解釈していいのかな?

お気に入りの曲

1_2 Les compagnons de la chanson -  Le marchand de bonheur 「幸福を売る男」

楽しいシャンソンだ。1960年コーラスグループ「シャンソンの友」でヒットした曲

https://www.youtube.com/watch?v=aIIfi-VG5hU

2019年1月10日 (木)

土が凍ってるやんか

今日は日中でも寒かった。

ホウレン草を収穫するとき、根本の部分を引き抜こうとしたら土が凍っていてビクともしない。力を入れると葉っぱだけがとれそうな感じだ。ならばと園芸用スコップ(移植ごて)で根っこを持ち上げて抜くと固まった土が一緒についてくる。園芸用スコップを使っていても、凍結がひどくて深く入らないところもあった。

この地域では土が冷えて固まることを土が凍(し)みているという。

Photo

本日の気象情報(15:30時点)を調べてみると、14時までは氷点下だった。畑の土が凍っていたのもうなずける。と一人で納得。

Photo_4

明日は今日よりもかなり気温が上がる予報だが、畑の凍結は簡単にはなくならないだろう。

お気に入りの曲

2832449ee207ecdc4adff8d256a28192_2
Georges Jouvin - Mea Culpa

チョットムーディな気分で。

知ってる人は知ってるが、知らん人は知らんわな!

https://www.youtube.com/watch?v=0O1p3V1gt8g

2019年1月 8日 (火)

畑が悲鳴をあげている

畑が寒さと風で悲惨が状況になっている。

タマネギ

マルチが強い風にあおられ剥がれてるやんか。ヒラヒラ揺れてダンスしているようだ。完全に剥がれている所もあり、なんてこっちゃねん。

Photo
修復前後の動画

その他の野菜も寒さで冬枯れし、大半がダメダ~!!

ブロッコリー&カリフラワー

なんて可哀そうな姿だ。しおれちゃって見るも無残な姿、アーア。

_

キャベツ&レタス

キャベツの一部は霜で根っこが浮き上がり横に寝っ転がっている。こりゃダメダ。レタスは寒さで影も形もない箇所がいくつもある。

Photo_2
エンドウ類

キヌサヤだけが元気で、他はほとんど枯れてしまっている。が、根っこが生きていれば復活する可能性があるのでしばらく様子見。

Photo_3
この地域は、朝夕の冷え込みが激しいだけでなく、風もめっちゃ強いので野菜に冬を越させるのは大変だ。来年、ブロッコリーとカリフラワーの冬どりはやめようかな。

お気に入りの曲

Peggy_leePeggy Lee & Benny Goodman - On the Sunny Side of the Street

たまには定番もいいな。

https://www.youtube.com/watch?v=JqD0WiqtTSg

2019年1月 6日 (日)

突然おかしな画面が

インターネット閲覧中、「なんだこれ?」と思う画面突然出てくることがある。例えばこんな画面。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

これらは人の心理を巧みについた詐欺画面と思って間違いない。

  • システムにエラーが生じていると言って不安を煽り立てる
  • 当選者に選ばれ、超ラッキーと思わせるお得感に迫ってくる
  • 怪しげなサイトを閲覧していた罪悪感(弱み)をついてくる

自分の場合は、このたぐいの画面が出ればタスクマネージャーを起動させ、使用しているWebブラウザー(internet explorer やgoogle chromeなど)をクリックし、タスク終了ボタンをクリックしてブラウザを終了させている。通常、同じサイトで一度出れば再度このような画面が出ることはない。

タスクマネージャーの起動の仕方

  1.   の3つのキーを同時に押す
  2. タスクバーの何もないところにカーソルを持っていき、右クリックし、出てきた画面のタスクマネージャーをクリック

Pc_2

詐欺と思われる画面が出てきたら、けっしてその指示通りには進まないこと。自分はそれ以上進まないからその後のことは分からないが、おそらく個人情報の入力等の画面が出るんだろう。

  • 身に覚えがないことにはかかわらない
  • 甘い話にはのらない
  • お得だからという欲は出さない

人の弱み、不安、欲などに入り込んで詐欺を働くなんてどういう心境なんだろうね。それだけの知識があればもっと世のため人のために使ってくれればいいのに!!

お気に入りの曲

Maxresdefault_2
Nicki Parrott - La Mer-Beyond The Sea

好きなシンガー。この曲はとにかくテンポがいい

https://www.youtube.com/watch?v=LvSjmtIHhaQ

2019年1月 3日 (木)

昨年買って良かったもの

昨年もいろんなものを購入したが、便利なものもあれば全くダメだったものもある。

経験上だが価格は量販店よりも通販の方が安い。店頭で商品を確認した後、そこの価格とAmazonや楽天等の通販価格を比較すると通販の方が一般的に安い。都会では店頭でも商品が多く販売できるので安い価格に設定できるが、地方にいると同じ量販店でも薄利多売というわけにはいかないので価格はチョット高めだ。そういう意味では通販なら全国一律なので、地方にいても都市圏と価格は変わらない。まさに通販さまさまだ。

というわけで、昨年買ったものの中で良かったものをピックアップした。

①スマートウォッチ

Photoスマホとの連携機能で重宝している。スマホをバッグの中に入れたり、騒がしい所では着信音が聞こえないことがあるが、これを腕に装着していると、着信時に振動で知らせてくれるので便利だ。着信通知は、電話、メール、Facebook、Twitter、Instagram、Line等があるが、自分は電話とメールだけに使用。寝ながら装着していると、時間の確認が明るい文字で確認できるのも便利だ。他にスマホ検索などいろんな機能がある。

②ワイヤレスマウス

Bz6j2s15q3k5__ux300_ttw_

ワイヤレスで充電式なのがいい。充電切れになってもPCにUSB接続しながら充電できる。








③ソーラーライトセンサー

61hckbaboql__ac_ss350_ソーラー式なので、電源のない所に設置でき、値段(2個で1500円)の割にそこそこの性能だ。小さいのであまり明るくはないが、ガレージから玄関までの照明には十分だ。あと1個を何処につけようか思案中。





④蓄熱式湯たんぽ

91seovgil__sx355_
20分間ほどの充電で蓄熱する湯たんぽ。 

コードレスなので足を邪魔することはない。湯たんぽ本体はブヨンブヨンしたゼリー状で柔らかく上に足を置いても痛くない。本体をかぶせるカバーは、フワフワモコモコでの素材でさわっていて気持ちが良い素材だ。寝る前に蓄熱しておけば、朝まで温かい。


今回は、お買い物の口コミ評価みたいになってしまった。世の中便利なものがどんどん出てくるのでそれを使わない手はない。(高額のものは無理だけど.........)

お気に入りの曲

Hqdefault_2Louis Armstrong and the All Stars 1947 Saint James Infirmary

ルイの歌が一般的に知られているが、これはトロンボーン奏者のジャック・ティーガーデンがヴォーカルを担当している。少し癖があるが味わいのある歌唱だ。

https://www.youtube.com/watch?v=XNMxsiMU2as

2019年1月 2日 (水)

いい年でありますように

元旦は例年通り駒ケ根にある神社へ初詣。今年もいい年になりますようにと願いを込め参拝をした後、祈祷を受けてきた。

駐車場が狭いので、しばらく待つ覚悟で早めに出発したのだが意外にもすんなり駐車できた。これはラッキー!幸先がいい。

ところがすぐその後、忘れ物に気が付いた。アッ、バッグがない。財布はバッグの中だ。というわけで、頼れるのはやっぱり相方だ。今年も家内のお世話になりそう。これがホントの家内安全かな⁈

2016_10

Photo_4

おみくじは“吉”

おみくじの順番は、『大吉・吉・中吉・小吉・凶』が一般的なのでいい運勢だった。ちなみに家内は“大吉”。ここでも負けてしまったではないか。今年もやっぱりこのパターンだ。

お気に入りの曲

51ththjlwhl

Louis Armstrong - When the Saints Go Marching In

デキシーランド・ジャズの代名詞とでも言える有名な曲。

https://www.youtube.com/watch?v=3DoPvujMaZE

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »