« リンゴ狩り園は大盛況 | トップページ | リンゴの収穫作業2018 (3軒目) »

2018年11月18日 (日)

リンゴの収穫作業2018 (2軒目)

収穫のパート作業の1軒目は、リンゴ狩りのバス予約受け入れの農場だったが、今回は直売所メインの農場で、リンゴ狩りの受け入れは個人客が大半。車のナンバープレートから浜松、岐阜、豊田、三河、豊橋、岡崎が目立った。たまに滋賀ナンバーもありチョット懐かしいな!

Dsc_0010_12

リンゴは霜の降りる寒さを経験することで蜜が入ると言われている。具体的には降霜から立冬(10/23頃~11/8頃)までの期間だが、今年は暖かいので全体に遅めのようだ。

Dsc_0009_10

リンゴの仕分け

収穫班が採ってきたリンゴを仕分け班が大玉、中玉、小玉、傷あり等に分けてコンテナに詰めていく。今回の農場ではこのような仕分けの作業場が3ヶ所ある。最終的には農場の方でもう一回選別される。

Photo
高所用リンゴキャッチャー

ここの農場では7尺の脚立で届かない場合は、高枝バサミと同じ原理の専用キャッチャーが用意されている。下部のレバーを握ると3つの爪が閉じてリンゴをキャッチできる優れもんだ。まぁ、あまり使うことはないけどね。

Photo_2
モグモグタイム

コンテナを椅子代わりにしてチョット休憩。傷ついたり収穫時に落としたリンゴをアウトドア感覚でモグモグ、チョット贅沢だ。しかし、自分を含め高齢者ばっかりだなあ。この方々よりは少し若いけれど.........(笑)。

Dsc_0016

直売所

我々が収穫したリンゴがここで販売されている。当然贈答用も受け入れている。

Photo_3

お気に入りの曲

Photo

MILES DAVIS : "TIME AFTER TIME" (1985) 

シンディ・ローパーの楽曲をマイルスが情感豊かにカバーしている。

https://www.youtube.com/watch?v=M0O3S1DiLAI

« リンゴ狩り園は大盛況 | トップページ | リンゴの収穫作業2018 (3軒目) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンゴ狩り園は大盛況 | トップページ | リンゴの収穫作業2018 (3軒目) »