« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月29日 (木)

リンゴの収穫方法(私の場合)

今回の農場では、収穫したリンゴは傷の有無に関わらずコンテナにどんどん詰めていく。

Dsc_0011_3

詰め方は果軸を上にして3段程度にする。コンテナに詰めたリンゴは、後で農園の方が贈答用と家庭用に仕分けるのであまり神経質になることはない。小さいもの、腐りがあるもの、鳥の突っつきがひどいものは容赦なく捨ててかまわない。(リンゴジュースを作る農園の場合はこんな大胆に捨てることはない) 

Photo_6

 リンゴの果軸がある場合とない場合

Photo_7

上の写真のように果軸がないとなんとなくしまりがない。

りんごの収穫で注意することは、果軸を取ってしまわないこと。果軸がないと商品価値が下がってしまうからなのだ。

果軸が取れない(取れにくい)収穫方法

果軸の上の膨らんだ部分の下部に指を添えてやり、その後添えた指を支点にしてリンゴをひねるように傾けて採る。 指の添え方は、爪のはえぎわの横あたりが多い。爪の先でやると指が痛くなる。

Dsc01882_3
Dsc01883_2

Photo_8
リンゴが2つの枝に挟まれている場合 

この場合は上にひねることができないので、果軸を指で押さえた状態で下方向にひねって収穫する。または、枝の片方をもう一方の手で横にずらした後、添えた指を支点に上方向にひねって収穫する。  

Photo
基本を整理するとこんな感じ。  

Photo_10
(指を添えなくても、リンゴの実を持ってクルッと枝方向に捻ってやるだけで上手に採れることもあるので、そのあたりは臨機応変に!)

注意して採っても、こんな事がある。 

①果軸の上にある余分なものまで採れてしまった。  

この場合、丁寧に手で余分なものを取ってやる。  

Photo_11

②果軸が途中で折れてしまった。

これは大丈夫と言われている。しかし、農研機構の汚染に関するデータでは収穫時に木に残った軸折れの痕はは感染率が高いとされているので木にとって良くないようだ。 

Dsc_0004_2

Photo_12

③2つのリンゴが向かい合っていて指を添える隙間がない。(どないすればエエねん⁉)

Dsc_0004_3
こんな場合は、リンゴを握ってゆっくりと軸がグリグリ回るようにしてやると果軸が残った状態で採れる。(上手くいかない場合もあるけどネ) 

最後に》

リンゴの果軸を残すのは、見た目が良いというだけではなく、ちゃんとした理由がある。

リンゴの果軸には『離層』(果実などが茎から脱離するときに,それらの基部と茎との境界面に生じる特別の細胞層)と呼ばれる部分があって、枝に生って熟したリンゴを収穫する際に、果実を強引に引っ張るように採ると、果軸が取れてしまう。そうすると離層がなくなるので、果軸と果実の付け根の部分が傷み、出荷したリンゴが、早く傷んでしまうと言われている。 

お気に入りの曲 

Mqdefault_2 Eruption - One Way Ticket

ニールセダカ『恋の片道切符』のカバー曲。原曲とうって変わってディスコ調にアレンジされていてこれもまたいいね👍。ボーカル担当のプレシャス・ウィルソンのパンチのきいた歌唱力に参った。ソロでも十分やっていけるね。

https://www.youtube.com/watch?v=D4y_acTR0MY

 

 

 

 

 

 

2018年11月25日 (日)

千人塚公園~ただいま工事中~

気分をリフレッシュさせよう思って飯島町にある千人塚公園に行った。が、残念ながら池の耐震化工事のため、城ヶ池の水はほとんど抜かれておりアレレ⁉ なんてこっちゃ。逆にストレスをためることになってしまったではないか(笑)。

Dsc01838

こんな景色を期待していたのだが...........ザンネン!

Dsc01202

水は少なくなっているが、カモたちは気持ちよさそうに泳いでいる。何処から飛んできたんやろか?

_fotor

若者達はテントを張ったり、あずま屋でバーベキューをして楽しそう。風がエエ匂いを運んでくる。ウーンたまらんワ!

_fotor_2

明日からまたリンゴの収穫作業(4軒目)だ。

お気に入りの曲

Spot11

霧のカレリア/ザ・スプートニクス

前回のフィンランドに続き、今回はスウェーデン発の“哀愁のエレキギター・サウンド”。透明感のあるサウンドがいいね。 ロシア民謡『トロイカ』がインサートされているのも気が利いている。

https://www.youtube.com/watch?v=bOMWrjSsLYg

2018年11月24日 (土)

畑の様子はどうかいな

23日(金)はリンゴの収穫作業はお休み。ということで久しぶりに畑の様子を見に行った。

オクラ

10月上旬で収穫を終えたが、そのまま放っておいたらまだまだ花が咲き続けている。

Dsc_0031

オクラの花って結構きれいだ。花言葉は『恋によって身が細る』、『恋の病』と言われている。オクラは数日のうちに表情が変わり、恋の病にかかった乙女のようだということだって

Dsc_0032

タマネギ

種まきの時期が遅かったので苗が小さい状態で植付けをした。たぶん小玉しかできないかもネ。11月~3月末まで畑に水が来ないので植付後の水やりをしていない。それにしばらく雨も降ってないので心配なんだけど。まぁ、大丈夫かな。

Dsc_0016_2

おまけ

マスクをしているとメガネが曇る。特に気温が低いと顕著だ。意外なことに警視庁からこれを解消できる方法が出ている。これを実践するとたしかに効果はある。ただ難点はマスクをしてリンゴの収穫などをすると息が苦しくなって酸欠になりそう。

Photo_2

お気に入りの曲

Img_2
さすらいのギター ザ・サウンズ

フィンランド発のエレキギター・ミュージック。北欧を感じさせる哀愁感があってなかなかええやんか。片面の「エマの面影」もいいな。

https://www.youtube.com/watch?v=9nrsANACD9o

https://www.youtube.com/watch?v=Qwx3QUwBRRU

2018年11月22日 (木)

リンゴの収穫作業2018 (3軒目)

今回の農場は松川町の高台にあるので眺めがいい。こんな所でポケーとして好きな音楽を大音量で聴けたら最高だろうな!

♪林檎の木の下で 明日また逢いましょう 黄昏 赤い夕陽 西に沈む頃に...........♪

Dsc_0014_8

南アルプスにはうっすらと雪が積もっている。午前は確認できなかったが、午後になるとよく見えるようになる。何でやろ?

Dsc_0008

Dsc_0011_2_3

収穫作業の歩数

最も多かった11/17(土)のデータ。なんと13,000、9km以上もあるではないか。歩行時間が短いのは、脚立に上っている時間が長いからなのかな?

Dsc01837
松川町のリンゴ狩り

Photo

お気に入りの曲

Maxresdefault

林檎の木の下で (In The Shade Of The Old Apple Tree)

https://www.youtube.com/watch?v=XOCB1fgfV0M

2018年11月18日 (日)

リンゴの収穫作業2018 (2軒目)

収穫のパート作業の1軒目は、リンゴ狩りのバス予約受け入れの農場だったが、今回は直売所メインの農場で、リンゴ狩りの受け入れは個人客が大半。車のナンバープレートから浜松、岐阜、豊田、三河、豊橋、岡崎が目立った。たまに滋賀ナンバーもありチョット懐かしいな!

Dsc_0010_12

リンゴは霜の降りる寒さを経験することで蜜が入ると言われている。具体的には降霜から立冬(10/23頃~11/8頃)までの期間だが、今年は暖かいので全体に遅めのようだ。

Dsc_0009_10

リンゴの仕分け

収穫班が採ってきたリンゴを仕分け班が大玉、中玉、小玉、傷あり等に分けてコンテナに詰めていく。今回の農場ではこのような仕分けの作業場が3ヶ所ある。最終的には農場の方でもう一回選別される。

Photo
高所用リンゴキャッチャー

ここの農場では7尺の脚立で届かない場合は、高枝バサミと同じ原理の専用キャッチャーが用意されている。下部のレバーを握ると3つの爪が閉じてリンゴをキャッチできる優れもんだ。まぁ、あまり使うことはないけどね。

Photo_2
モグモグタイム

コンテナを椅子代わりにしてチョット休憩。傷ついたり収穫時に落としたリンゴをアウトドア感覚でモグモグ、チョット贅沢だ。しかし、自分を含め高齢者ばっかりだなあ。この方々よりは少し若いけれど.........(笑)。

Dsc_0016

直売所

我々が収穫したリンゴがここで販売されている。当然贈答用も受け入れている。

Photo_3

お気に入りの曲

Photo

MILES DAVIS : "TIME AFTER TIME" (1985) 

シンディ・ローパーの楽曲をマイルスが情感豊かにカバーしている。

https://www.youtube.com/watch?v=M0O3S1DiLAI

2018年11月 5日 (月)

リンゴ狩り園は大盛況

柿の収穫作業が終わったと思ったら、いつもの農場からリンゴの収穫作業の依頼が来た。お土産や試食用のリンゴを収穫するためだ。

リンゴ狩りツアーのバスがほぼ同時に4台、その後に3台もやって来た。これはえらいこっちゃ。大忙しのテンテコマイ。

Dsc_0010_2
ふだんは静かな農園が一挙に人が溢れ、ワイワイガヤガヤ状態だ。というわけでわれわれ収穫グループも案内役に駆り出された。

Dsc_0013 Dsc_0014

リンゴ狩りは、本来自分が採ってその場で食べて楽しむものだが、おいしそうなものを採って頂戴と依頼される。その場合必ず木のてっぺんあたりにある赤く色づいた大きなリンゴである(笑)。

Dsc_0001_16_2

Dsc_0016
直売の売店はお土産の購入で大忙し。パートのオバチャンも「なんやかんや・ちゃんやん・わん」状態の大忙し。試食コーナーでリンゴの皮むき担当のオバちゃんもハイテンションで大わらわだ。

Dsc_0021_2

お気に入りの曲

Photo Like the Wind - Sara Gazarek  ft  triosence

サラ・ガザレクの歌声は力みがなくナチュラルで心地よい。

https://www.youtube.com/watch?v=AEtBxLVZ-GM

2018年11月 3日 (土)

市田柿 ~収穫のしかた~

収穫のしかたは特に難しいものではない。コツさえ覚えれば力もいらず気持ちよく採れる。しかし、実の数が多いのでなるべく速く採らなければならない。急な斜面があったり、木が高い場合もある。それに、収穫⇒皮むき⇒柿干しと後工程が迫っているのでチンタラチンタラとやっているわけにはいかない。柿は熟してしまうと皮むきができないので柔らかいものは採った後、木の幹近くに捨てるようにしている。完全に熟した柿は採らずにそのままにしておく。

Dsc_0018_6
収穫時に気を付けなければならないこと

実を支えている軸(果梗枝)は必ず残す。柿を干すときこの軸に引っ掛けて吊るすので、軸がないと手間がかかる。なので、吊るし担当のオバチャンから強烈なクレームがくる(笑)。

Fruit_kaki_2下は軸が付いた状態で収穫した柿 (この中に必ず軸のないものが潜んでいる)

2

軸が付いた状態で皮むきされた柿

Dsc06313

専用のクリップに軸を引っ掛けて吊るされた柿

2

軸がないと別のクリップでヘタの下を挟み、上記のクリップに取り付けなければならない。確かに面倒な手間が増えるのでオバチャンが嫌がるのも理解できる。

1

Images73y4yhjm_3

右図の赤枠で囲んだ比較的太い枝に付いている実はクルッと回して簡単に軸が付いた状態で採れる。しかし、青枠に囲まれた枝の先端ではクルッと回しても枝がくっついてくるのでうまく採れない。しかたなく強引に採ると引きちぎるようになってしまうので、軸が取れてしまう。

高い木では脚立の上で思いっきり手を伸ばすのでなかなか基本通りにいかない。こっちも一生懸命にやっているのでオバチャン堪忍してや。

お気に入りの曲

31yrw5zbxgl
Sting - Sister Moon

Stingはなんとなく好きなんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=PTgDb_Oj10E

2018年11月 2日 (金)

中学生の収穫体験

市田柿の収穫体験

高森町の中学生が柿農家にて収穫の体験学習(10月27日)。しっかり手を上に伸ばし「オッ、様になっている」ではないか。

Dsc_0026_4

昼食後の談笑

農園内に若い子の笑い声が聞こえるのもいいもんだ。ふだんは爺ちゃん婆ちゃんが多い農園だが、この日は活気に溢れ農園が華やいでいた。

Dsc_0027_3
柿の皮は肥料になる?

柿の実の皮は肥料として使えるのかな?

有効な肥料とは言えないけれど、有機質の肥料として無いよりは有った方がましという感じなのかな。そうでもしないと処分に困るしね。

柿の木の周りに

Dsc04057

田んぼに

Dsc04055

お気に入りの曲

MaxresdefaultALISON BALSOM - VIVALDI: Violin Concerto in A minor   

個人的な偏見かもしれないが、美人が演奏するトランペットには華がある。

https://www.youtube.com/watch?v=3mGcN2CMpwM&spfreload=10

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »