« 果樹園に鷹が飛んでいる | トップページ | 中学生の収穫体験 »

2018年10月31日 (水)

市田柿の収穫作業2018

リンゴの玉まわしの後、Kさん宅の農場で市田柿の収穫作業を行っている。毎年声をかけて頂いているので、それなりに信頼されているのかな?(そういうことにしておこう)

Dsc_0018_6

下の写真のように平坦な場所は、比較的作業がやり易い。もうチョット樹高が低ければもっと楽なんだけど..........。

Dsc06320
しかし、 下のような傾斜地は作業効率がグンと下がる。収穫した柿を入れるコンテナがズルズルと下に落ちてしまうほどの傾斜だ。脚立の足元をしっかり固定しないと滑り落ちてしまうので危険でもある。

Dsc_0005_15
また。こういう斜面に熟した柿が落ちていると、それを踏んで滑り落ちるので細心の注意を払う必要がある。

Dsc_0004_16

作業はまだまだ続くが、手前から奥は収穫を終えた柿畑。黄色い柿の実がなく葉っぱだけが残った農場を見渡すと『ヤッタァ!』という満足感が湧いてくる。

Dsc_0021_5

収穫を終えたら柿むきの作業場にその都度運ばれる。

Dsc04022
柿むきの作業場

Dsc04050
Dsc04038
Dsc_0014_5
柿の干場(のれん作り)

乾燥期間中(1ヵ月程度)、湿気が多いとカビが発生しやすく、乾燥しすぎると渋味が抜けにくくなるので、窓を開閉したり、のれんの間隔を調節したりして、適切な温度と湿度を保つようにする。

Pt350016

Dsc06360
Dsc04066_3

この後、柿もみと寝せ込みなどが行われ白い粉(ブドウ糖)に覆われた特産の市田柿が出来上がる。

Dsc04499
お気に入りの曲

Despacito_trumpet_fernando_lopez
DESPACITO - TRUMPET FERNANDO LOPEZ

トランペットの音色で心を落ち着かせよう。

https://www.youtube.com/watch?v=Ajl7gkDXcs0

« 果樹園に鷹が飛んでいる | トップページ | 中学生の収穫体験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 果樹園に鷹が飛んでいる | トップページ | 中学生の収穫体験 »