« リンゴの玉まわし~続き | トップページ | 市田柿の収穫作業2018 »

2018年10月23日 (火)

果樹園に鷹が飛んでいる

リンゴは鳥に突っつかれる被害がよくある。ほんのチョット傷があるだけで商品価値が無くなってしまうので果樹農家さんいろいろと対策を講じている。 

今年よく見かけるのは『鳥追いカイト 鷹』というもの。釣り竿のようにしなるポールと糸で鷹の色と形をした凧揚げをイメージしたものだ。農園主によるとシナノスイートには効果があったとようだ。

果樹園の中にいると、風でバタバタという音が聞こえるので形だけでなく音も脅しの効果があるのかな?鳥も慣れてくると、「なぁ~んだ何も襲ってこないじゃないか」と学習するのでは........。

玉まわし作業を実施していたら、午前中は元気に飛んでいたが、午後になって上を見たら、アララ鷹がおらんやおまへんか。どこに行きはったんどすか?

目線を下に下ろすと居ましたぜ。

Dsc_0012
枝に引っかかって糸が切れて、あえなく落下。でも、何処かへ飛んで行かずよかったね。

今年は、果樹農家さんから「家(ウチ)の鷹を知りません?」という問い合わせがたくさんあったりして...........(笑)。

鳥害防止機器 「ドンピカ」

Dsc_0012_3

バーンという爆発音に合わせ、疑似鳥が上昇しひらひらと落下する仕組み。まるで鳥が鉄砲で撃たれて落下するようだ。これを見て鳥たちは怖がって近寄らないという。ホンマでっか?

お気に入りの曲

Hqdefault
Munich Swing Orchestra - Song of India

たまにはビッグバンドもいいかな。

https://www.youtube.com/watch?v=hxlmgeEogFA

« リンゴの玉まわし~続き | トップページ | 市田柿の収穫作業2018 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンゴの玉まわし~続き | トップページ | 市田柿の収穫作業2018 »