« リンゴの葉摘み2018 | トップページ | リンゴの玉まわし~続き »

2018年10月19日 (金)

リンゴの葉摘み作業2018⇒玉まわし

りんごの葉摘みが終わると、木の下にシルバーの反射シートが敷かれる。下からも光を反射させ着色を良くするのが目的。

Dsc_0002_9

りんごは光が当たった部分は赤くなるが、葉っぱや枝に当たっている箇所は当然光が当たらないので赤くならない。そこで着色をよくする作業がまだあるのだ。

下の写真は別の枝の葉っぱが影を作っているので摘み取らなければならない。

201810162_3

りんごの玉まわし

葉摘みが終わると、次は枝に日光がさえぎられて箇所を見つけ、りんごを回転(位置をずらす)してやる玉まわしという作業がある。これも1個、1個確認しながら行わなければならなおで手間がかかる作業だ。具体的には下の写真のような作業だ。

あまり回し過ぎるとりんごが落ちてしまうので注意が必要だ。

201810166_2

201810161_2

20181016_2
このように、おいしいリンゴを作るため果樹農家の方々は大変な苦労をされている。感謝、感謝!!

お気に入りの曲

前回のEgo Wrappin'と八代亜紀。ジャズと演歌のコラボという感じだが、なかなかリズミカルでこういうのも有りかな?

« リンゴの葉摘み2018 | トップページ | リンゴの玉まわし~続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンゴの葉摘み2018 | トップページ | リンゴの玉まわし~続き »