フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

出てこい『何かを期待させる選手』サッカー編

近年パスサッカーが主流になって、ワンタッチでパスを行う試合をよく見る。しかし、敵陣で次々と選手間でボールを回すだけでそこから前になかなか進むことがない。見ていて退屈な試合が多い。日本人はまじめなせいか、監督の指示通り動きすぎる。忠誠心が強いのはいいのだが、そこからドラマは生まれてこない。

Photo_3

音楽に例えるなら、指揮者の言う通り何の乱れも許されない完ぺきな調和が求められるクラシック。これはこれでいい。しかし、偏屈な自分には、たまに聴けばいいなと感じるがこればっかり聴いていると飽いてしまう。完璧すぎて面白みがない。 ジャズはどうだろう。演奏中にアドリブが許される。特にライブではお互いに触発されて素晴らしいパフォーマンスになることがある。「チョイ悪の世界」というか、これがけっこう面白い。 サッカーの話に戻すと、監督の指示を守りつつ、少し自分なりにアレンジしてパスの流れに変化を与え、彼がボールを持てば「アッ、何かが起こりそう」と感じさせてくれる選手が好きだ。日本人選手の中で、それを感じさせてくれるのは、スペインのエイバルでプレーしている「乾貴士」だ。彼は、数多くのゴールを決めているわけではない。しかし、彼がボールを持てば相手にとって危険なシーンが数多く生まれている。存在的にはチャンスメーカータイプで、ストライカーにその機能を発揮させられる選手である。根底にあるのはドリブルテクニックとスピードの変化。見ていてワクワクしてくる。もちろん状況判断力があってのことだと思うが。

Photo_4

パスサッカーの中で、前への切込み(チョイ悪の行動)が守備側を引き寄せ、中央に切り込むストライカーにチャンスを与える。このように一連の流れに変化を与え、「彼がボールを持てば何かが起こる」と予感させてくれる選手が数多く出てくることを期待しよう。得点を挙げる選手が注目されがちだが、その前に流れを変えるドラマを作り出す選手がいるのだ。

来年がよい年でありますように!

お気に入りの曲

T49331698b308985701_s400_2

Ida Sand - Mr Pianoman

ブルージーな曲だ。こういう感じのジャズもまたいい。 

https://www.youtube.com/watch?v=sn5-w1b1xyk

2017年12月27日 (水)

またまた「がん「」の話

朝日新聞12/6(DIGITAL)より

日本人の死因1位で、年間新たに約100万人が診断される『がんのオーダーメイド型医療を国が推進』している。国立がん研究センター中央病院は来月にも、個人ごとに最適な治療をするため、患者の遺伝情報(ゲノム)を検査する「がんゲノム医療」を先進医療に申請する。認められれば一部で保険がきくようになる。というニュースがあった。

具体的には、 

  • どの遺伝子に異常が起きているかを突き止め、変異に応じて薬などを使い分ける方法。 
  • 個々の患者のがん細胞の特徴に合う抗がん剤を使うことができ、より効果的な治療ができるようになると期待される。 
  • これまでの臓器ごとから、遺伝子の変異ごとに異なる治療法へと選択肢が大きく広がる。

Photo_3
細胞内の遺伝子がコピーされる過程などで、何らかの異常が起きると、がん細胞が生まれる。ゲノム医療は、患者のがんや正常組織から細胞を採り、専用の機械で検査して遺伝情報を読み込むようだ。詳しいことはよく分からない........。

血液、尿などからがんの早期発見が可能になれば、苦痛だった診断法から解放されるし、今度は遺伝情報から適切な治療の提案を受けることができる。

Photo_7

Medical_nyugan_3

Images患者に優しい医療がどんどん進化していく。ガンバレ、日本の医療!!

お気に入りの曲

51gni2uylcl

Amy Winehouse - Back To Black

もの凄い歌唱力と声量。エイミー・ワインハウスがかもし出す何とも不思議な世界にグイグイ引き込まれる。わずか27歳でなくなったのが残念でしかたがない。

https://www.youtube.com/watch?v=TJAfLE39ZZ8

2017年12月24日 (日)

キティちゃんから❝メリークリスマス❞

今日は、クリスマス・イブ。

偶然通りかかったところに思わず「ナイス!」と感じさせるものがあった。

Dsc00584_2
右の植木は、リボンをつけているから「キティちゃん」で間違いない。 

左側はまだ小さいのできれいに刈り込んであるだけだが、将来は「ダニエルくん」になるのかな?

Dsc00586_2

世の中にはセンスが良く、洒落のきいた人がいるもんだ。こういう類いは好きだな。

≪おまけ≫

Photo

お気に入りの曲

600x600bf
Last Christmas - Christoph Spendel

「ワム」の名曲をリラックした雰囲気のジャズで!!

https://www.youtube.com/watch?v=zE1jizrAywQ

2017年12月22日 (金)

農園の仕事、まだあった

リンゴの収穫が終わり、今年の果樹作業は終了したと思っていたら、農園さんから意外な作業の依頼があった。銀シートの片づけ、又は加工用リンゴのカット作業だ。今回選択したのはリンゴのカット作業。

加工用リンゴのカット作業

小さすぎるリンゴ、大きく傷ついているリンゴ、色付きの悪いリンゴなどは規格外りんごとしても販売できない。これらは加工用として利用される。この農園ではリンゴジュースにされる

加工用リンゴ(傷もの)

Dsc00572

傷ついた部分を果物ナイフで切り取った切れっ端(破棄される)

Dsc00574

カット処理されたリンゴ(これがジュース用になるが、半分以上カットすることもある。)

Dsc00573

このような作業を4人で2日間実施した。立ったまま、しかも冷たい風が吹く中での作業なので寒いことこの上なし。しかし、大阪出身のオバちゃんがいて、二人して関西弁でしゃべり通しだったので結構楽しくもあった。他の人はやかましく思ったかもしれないが.......(笑)

銀シートの片づけ作業

収穫前に色づきをよくするため、樹の下に敷かれていた銀シート。これを敷くのは大変なだが、片づけるのも大変な作業だ。

Dsc00399
収穫直前に取り除かれた銀シートの山

これを二人一組できれいに折りたたむのだ。試しに少しやってみたが、シートが風にあおられたり、中に水滴があったりとこちらも実に大変な作業だ。

Dsc00570

折りたたまれ、ロープで縛られた銀シート

Dsc00571
これらを農園の方が、運搬車で物置に運んで一連の作業は終了となる。

お気に入りの曲

Maxresdefault Bronco - Adoro ( Primera Fila ) (En Vivo) ft. Julieta Venegas

日本ではグラシェラ・スサーナの歌でよく知られた曲。ホセ・グアダルーペ・エスパーサと彼のグループ『BRONCO』にフリエッタ・べネガスが加わり楽しいテンポの『アドロ』になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=-DI7mRyeqr0

2017年12月19日 (火)

迫りくる黒いパネルの恐怖~Part Ⅳ

太陽光発電設置における税制上優遇措置は不適切として、松川町の有志2団体が監査請求していたが、監査委員会がこれを却下した。

Photo_6
監査請求提出の記事(11月15日)

Photo_4
監査請求時の記事と今回の却下記事を見て、何か腑に落ちない? 

監査委員が棄却した理由は、「監査請求書には具体的な損害額などが示されておらず不備がある」としている。が、チョット待ってヨ! 

  1. そもそも町議会9月の定例会で、監査委員が町の優遇措置は税制上で不適切との見解を示していた。 
  2. 監査請求書には、(町が)徴税されるべきだった額を明らかにし、町長や職員が損害分を支払うよう求めた。 

上の2点不思議と思わない? 

査委員が、不適切との見解を示していたにもかかわらずこの豹変は何だ。まして、具体的な損害額など土地の評価額が把握できない限り算出できるない これは行政にしか把握できない。

監査委員なら、損害額を明らかにするよう町の税務課に指示を出すべきではないか。 

問題となっているのは、太陽光発電設備を設置した場合、その土地は宅地並みの固定資産税であるべきものを、松川町は農地評価の固定資産税にしている。町の税収が減るのは歴然だ。過去のブログで紹介した農地と宅地並みの固定資産税の差額。

Photo_4

あくまでも一般論であるが、農地対宅地並み評価の固定資産税の額は長野県(H26)で1/69、全国平均で1/61と圧倒的に農地の方が安い。

これをベースに試算すると、松川町太陽光発電の設置面積17ヘクタール(1700アール=10アールの170倍)に差額¥73,000をかけ合わせると年間1,241万円ほどの税損失が発生していることになる。

監査委員が本腰をいれて事に当たれば、こんな時間稼ぎにつながる却下の決定書など出すことはない。まさに、「却下の理由がわからない」

「クリーンな町、まつかわ」やっぱこれに尽きるぜ!!

お気に入りの曲

The_preacher_horace_silver

The Preacher - Horace Silver

出だしからノリがよい曲だ。ついつい口ずさみたくなってくる。世の中、これでなくちゃ!

https://www.youtube.com/watch?v=GEvru0HLKJc

2017年12月18日 (月)

またまた、がん早期発見法のニュース

He030340_360_2前回「血液1滴で13種類のがんの有無を同時に診断できる」という話題を取り上げた。

Images_2

ところが、今度は「尿中マイクロRNAから「がん」を特定!」というニュースが入ってきた。(12/16)

尿1mℓから、がん(肺、膵臓、肝臓、膀胱、前立腺)を特定する技術を発見できるというもの。(名古屋大学大学院工学研究科の研究グループの馬場嘉信教授、安井隆雄助教らが発表)20130204175306

  • 尿1 mℓから1000種類以上のマイクロRNAが発見された。
  • がん患者ドナーの尿と健常者の尿から回収したマイクロRNAを比較することにより、がん患者で特異的に過剰/減少発現しているマイクロRNAを発見することができた。

  • 泌尿器系のがん患者(前立腺・膀胱)のみでなく、非泌尿器系のがん患者(肺・膵臓・肝臓)でも、がん患者特異的なマイクロRNAを発見することができた。

前回の血液から、今回の尿から、どちらもマイクロRNAがキーとなっている点が興味深い。

検査を受ける側からすれば、採血と採尿どちらが楽で精度が高いかだ。血液からは「がんだけでなく認知症の早期発見も可能」であったが、尿からはどうなんだろう?

【参考】

尿からがんを発見する方法に関しては、過去にこんなニュースもあった。

九州大学などの研究グループは、「線虫」と呼ばれる生物を使って、微量の尿からがんを高感度に検出できることを明らかにした。さまざまな種類のがんを、早期の段階で高精度かつ安価に検出することにつながるという。 

Photo
様々な方法で「がんの早期発見」とういうテーマで研究されているが、いよいよ1つのゴールが見えて来たような感じだ。

お気に入りの曲

Hqdefault_2Earl Taylor and Jim McCall - Bury Me Beneath the Willow

若い頃、カントリー・ウェスタンにはまっていた。この曲を聴くと昔の血がさわぐ!!

https://www.youtube.com/watch?v=jfDRzM3FuUc

2017年12月10日 (日)

できたらイイね!

がん検診血液1滴でがん13種診断 早期発見へ臨床研究

少し前(8/20)になるが、「1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に診断できる検査法を国立がん研究センターなどのチームが開発した。」というニュースがあった。 

日本人に多い13種類のがん胃がん、大腸がん、食道がん、膵臓がん、肝がん、胆道がん、肺がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、神経膠(こう)腫、肉腫」およびアルツハイマー病等の認知症患者の早期発見が血液1滴で可能になるらしい。 

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が推進する研究開発プロジェクトで、開発が成功すればこれはスゴイことだ。
Mirnaupphotoauto_scalelevel1x6000_4

血液の中には、およそ500種類ものマイクロRNAが流れていると言われており、がんのタイプにより放出するマイクロRNAの量や種類が異なるので、このマイクロRNAを測定し、体に潜んでいるがんの種類を特定しようというもの。

最新報告によれば、がんを正しく判定できる精度は95%以上という結果が出ており、3年後の実用化を目指している。

国立がん研究センター研究所では、企業と共同でごく微量のマイクロRNAを正確に測定できる装置を開発。それによって、体の中にどんな種類のがん細胞が潜んでいるかを早期に突き止めることが可能になりつつあるようだ。

NEDOの事業・プロジェクトの概要

事業期間:平成26年度~平成30年度
プロジェクト・リーダー:落谷 孝広(独立行政法人国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 主任分野長)

Mirna_2

プロジェクトの研究開発メンバー

Mirna_3

お気に入りの曲

81n7p7uz9ul__sl1426_

Emmylou Harris - Making Believe

エミルー・ハリス(カントリーロック・シンガー)の透きとおった声で、信じることと言われると........。上のプロジェクトが成功することを信じよう。

https://www.youtube.com/watch?v=ykBqlPBRW5o

2017年12月 5日 (火)

2017年リンゴの収穫作業終了

最後の一本

この樹のリンゴを採り終えたら11月20日から始めた収穫作業は終了ヽ(^o^)丿。とりあえず、ホッ!

Dsc00559

葉っぱも大半が落ちてしまっているので赤いリンゴが無くなってしまうとホントに寂しい。

Dsc00541

Dsc00543

Photo
隣にあるナシ畑

この農場では袋かけを実施したが、棚に這うように実がなっていたので低い位置での作業だった。腰痛との闘い?(笑)

Dsc00546

お気に入りの曲

81qzgbf5qdl__sl1408_Earl Scruggs & Lester Flatt - Foggy Mountain Breakdown

アメリカン・カントリーに欠かせない楽器のバンジョー。それを思いっきり堪能できる曲。

https://www.youtube.com/watch?v=mmU6wELS4sc

2017年12月 1日 (金)

中央アルプスと南アルプス

中央アルプス(朝、仕事に行く途中の片桐松川沿い駐車スペースから)

Dsc00504

場所はチョット異なるが昨年の写真で山の名前を確認

Photo

南アルプス(リンゴの収穫作業中の農場から)

Dsc00524

昨年の写真で山の名前を確認

Dsc05246

背景は仙丈ヶ岳

Dsc00516

背景は塩見岳と荒川岳

Dsc00528

ル・レクチェ(洋ナシ)

Photo_3

南水(日本ナシ)

1_2

お気に入りの曲

Hqdefault

MAYA - 夏をあきらめて

研ナオコでヒットした曲。ボサノバ調のアレンジで。

https://www.youtube.com/watch?v=1QJkTC0dKDs&fs=1

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »