フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月30日 (水)

言葉だけでは国は守れない

8月29日、北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過した。J-Alert(全国瞬時警報システム)の警報が発せられ、長野県も対象地域に入っていたので、見えないものが上空から超高速で飛んでくる恐怖心を一瞬覚えた。

Missilejapanlja
これに対し、安倍首相は、トランプ大統領と緊急電話会談実施し「圧力をさらに強化」「日米の立場は完全に一致」というお決まりの文言を発するだけで、今回もアメリカだのみの姿勢だ。

果たしてアメリカと行動を共にするだけでいいのか。

アメリカ…敵を攻撃できる武力を保有⇒空母を東シナ海に派遣し威嚇行動をとれる強者

日本…専守防衛の武力のみ保有⇒アメリカの武力に依存する弱者

保有している武力に大きな違いがあるのに、弱者が強者と同じ戦術をとってどないするんや。

強者と同じ対処(戦術)では強者に見放された場合、右往左往するのは弱者だ。事実、ミサイルが日本の上空を通過したにも関わらず、アメリカは「アメリカに直接影響を及ぼすものではなかった」というコメントを発し、いささか冷ややかだ。アメリカにとっては対岸の火事程度なのかもしれない。

Dcbfa6f4

安倍首相は、「国民の生命・財産の確保に万全を期していく」と語るだけで、一国のトップとして独自の行動はほとんど無しだ。アメリカに依存し同調するだけでいいのか。日本はアメリカの取り巻きのようなもので、自分では何もできない。国民のためなら命を投げ打ってでも北朝鮮と直接対峙するくらいの行動力が欲しい。そういう意味では、拉致問題で自ら北朝鮮に乗り込んでいった小泉元首相は立派だったと言える。弱者であっても小さな勇気を積み重ねていくことが重要ななのだ。大きな傘に囲われているだけでは傘が無くなった時困っちゃうよね。

今回のミサイル発射に関し、安倍首相は、「発射直後から北朝鮮ミサイルの動きは完全に把握していた。」とコメントしているが、それじゃどうしてJ-Alertを作動させ、国民に恐怖心を覚えさせたのか。チョットつじつまが合わない。

国民に危機感を覚えさせ、なんとか自身の問題(森友、加計問題)を封じ込みたい意向があったのかな?「丁寧な説明」は何処へ行った。国民は忘れないよ。

お気に入りの曲

0b36b77baae36096ac9895e9ce121d1fray Ray Bryant - If you go away

以前にもとりあげた曲だが、もしアメリカが何処かへ行ってしまったら.......と置き換えてみよう。

https://www.youtube.com/watch?v=WxRwIEt-i_o

2017年8月16日 (水)

気分をマイナスからプラスへ!!

長野代表『松商学園は』残念ながら2回戦で敗退した。対戦相手は昨年の優勝校作新学院を破った盛岡大付だったからスコア3対6は善戦した試合であったと思う。足を使った攻撃は見事だった。松商ナインよく頑張った。お疲れさん!!

Spor0861

また、出身地の滋賀代表『彦根東』も14日青森山田に2対6で同じく2回戦で散ってしまった。まことに残念😢。

さらに、昨日はプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介(滋賀出身)も13度目の防衛に失敗し王座陥落した。

Spor0808とういうわけで、今週は、(月)(火)(水)と自分のまわりは良くないことばっかりだ。

気分転換して、明日からマイナスからプラスに変わってくれることを期待しよう。

Photo
お気に入りの曲

1c4a3c75118265eb11b9c43bc2942899899 Renato Falaschi  -  Following My Soul

レナート・ファラースキは、 イタリア出身のピアニスト。Smooth Jazzと言われるジャンルの曲で、気分転換には最高かもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=DMoRcIKVw78

 

2017年8月11日 (金)

貴陽(高級スモモ)

貴陽は大玉で味も良いことから高級スモモと言われている。スモモといえばスッパイ印象があるが、貴陽は酸味と濃厚な甘みのバランスがよく、とてもみずみずしくて味わい深い果実なのだ。松川町でも貴陽狩りが楽しめるヨ。

今年4月中旬の貴陽の畑

棚で栽培されているのでパッと見ただけでは梨と間違えそうな白い花だ。

Dsc07956_2
梨に比べれば花がいくぶん多めで、にぎやかな感じだ。

Dsc07955_2
8月現在の貴陽(収穫間近)

Dsc00186

確かに大玉だ。

Dsc00184

おいしそう!けど値段も高いんだなぁ。なんせ高級スモモなんだから。

Dsc00185

お気に入りの曲

Arseneponylupinimg600x6001442164430 Kenny Drew Trio/  Run Away

爽快で、ノリのいいピアノの演奏だ。「Run Away」というタイトル通り躍動感、疾走感のあるダイナミックなピアノ・トリオの演奏だ。

https://www.youtube.com/watch?v=pdKOld0sTis

2017年8月10日 (木)

松商学園初戦突破

先ずは、「よかったね」

1_2
前回の続きになるが、データというのは、自己暗示や試合展開によく表れてくるもので、大勝もうなずける。

①茨城県勢には過去に負けていない(心理面で優位に立てる)

②土浦日大は投手力が弱い

 (予選7試合で失点25、球速は130km前後と平均的なので攻略しやすい)

③土浦日大の打率は高いが、打線はみずもの。(相手の投手力に左右される)

次の対戦相手は、盛岡大附属。1回戦で昨年の優勝校「作新学院」に勝った相手だ。

1_2_2
個人的には、出身地滋賀の代表校「彦根東」が初戦突破したことの方が嬉しい。県立高校で進学校でもあるので、有力選手が入学するとは限らない。そんな戦力で勝利したことは大きな意義がある。OBであるジャーナリストの田原総一郎氏(83)も自身のツイッターで「僕の出身校 彦根東が勝った。甲子園で初めての勝利だ! まさに歴史的な出来事である」と喜んでいる。余談ついでに同校OBには、最近民進党を離党した細野豪志氏、他に現職衆院議員2名もいる。春の近畿大会では準決勝で大阪桐蔭に4対3で惜敗したが実力はあるんだよ。

お気に入りの曲

 416pezvvtqlCharlie Haden and Kenny Barron - For Heaven's Sake

大人の演奏という感じ。こんな演奏を聴きながら食事出来たらええ感じやな!

https://www.youtube.com/watch?v=YY7gVCJhjtM

2017年8月 8日 (火)

松商学園 夏の甲子園2017

夏の甲子園が始まった。明日は長野県代表の松商学園が第二試合(10:30開始予定)が登場する。対戦相手は茨城代表の土浦日大だ。

松商学園は、

夏の大会出場36回 優勝1回 準優勝1回

春(選抜)の大会:出場16回 優勝0回 準優勝2回

上のようにかなりの名門校だ。しかし、過去4回の戦績はいずれも1回戦敗退で芳しいものではない。ここがチョット心配な材料だ。

Photo_2
一方、対戦相手の土浦日大は1986年以来の出場で、実に31年ぶりの甲子園だ。戦績も2回戦止まり。

Photo_3

長野県 vs 茨城県(長野県勢の都道府県別対戦成績)

_

長野県勢は茨城県勢に対し2勝0敗。データ的には有利な材料だ。決して気後れする材料はないので、平常心で戦えば勝てる相手かもしれない。(甲子園は何が起こるか分からないけどね.......)

両チームの戦力分析

Photo

明日の試合に期待しよう!!

お気に入りの曲

R25974091320229731_jpeg

Sunday Song Richie Bairach

リーッチー・バイラークは美しい旋律と抒情的な演奏が特徴。

https://www.youtube.com/watch?v=NB7_YDOS_Yk

2017年8月 6日 (日)

りんごのサビ

前回の宿題であったリンゴのサビについて調べた。

Dsc00193
サビは果実表面全体に出る場合や、果梗の付いた窪み部分(こうあ=梗窪)にできる場合がある。Ce92388ebc5c0bbd089a84f34b06bb55_2

ふじは中心果に比べて側果に発生することが多いと言われている。その理由は、側果が中心果に比べて、こうあ部付近の組織が急激に肥大する傾向がある。するとこうあ部分の表面であるクチクラ層に微細な線状亀裂が生じ、これが拡大していくことで内部の細胞が露出してコルク化しやすく茶色いサビが出てくるといわれている。

クチクラ層とは、果実の一番外側の部分にあり、表面を保護したり、水分が抜けていかないようにする働きをしている。果実でクチクラ層のわかり易い図が見つからなかったので卵で代用。

_

Images余談になるが、クチクラ[cuticula]とは一般的にキューティクルと 言われており、

①髪の毛の表皮などを構成する物質

②爪の根元の薄い皮

のことで、キューティクルをケアすることで外部の刺激から内部を保護することができる。

漠然と理解できた感じだが、人も果実もキューティクルをケアすることで良好な品質を維持できるということのようだ。これを怠ると人もサビができるということ。

ふじの側果は中心果に比べて果面にサビの発生は多いものの、果実品質の面で特に劣ることはないという論文もあるので、多少のサビは気にしなくてもいいのかも知れない。しかし、商品価値としてはランクが下がるだろうけど。

お気に入りの曲

Arseneponylupinimg600x6001442164430

JULIE LONDON - I Left My Heart I San Francisco

多くのアーティストがとりあげているジャズボーカルの定番曲。ジューリー・ロンドンのヴォーカルはジャズの気だるさ満載で大好きだ。

https://www.youtube.com/watch?v=R50i9-Qy1z8

2017年8月 5日 (土)

8月にリンゴの荒摘果

8月1日~4日までリンゴの摘果作業を行った。1回目の荒摘果作業はすでに終了して、2回目の摘果作業かなと思ったら、1回目の摘果作業であった。農園によると、 

  1. リンゴの開花時期が遅かったので、他の果樹作業(ナシ、スモモなど)を優先した。 
  2. 高齢のため作業スピードが遅くなり、ナシの作業に手間取ってしまった。 

が、理由らしい。畑に入ると、大きくなったリンゴが鈴なりになっていた。これは大変だ。

Dsc00171
摘果するとずいぶんサッパリした。

Dsc00176
問題は、かなり大きな玉になっているでそのまま下に落とすと脚立が立てにくいだけでなく危険でもある。そこで摘果した玉は通路側に集める(投げ捨てる)ようにしたが、今度はこの上を歩くとコロコロすべり転倒しそうになる。困ったもんだ。

Dsc00175

この時期になると、良いもの悪いものが確認できるので、小さい玉・形の悪いもの・サビのあるものは容赦なく摘果(落とす)していく。

Dsc00193_2Dsc00190_2

右側はサビがあるので摘果し、左側のきれいな玉を残す。これを確認しながら作業を進めていくのだ。

Dsc00192_2
どうして、サビが発生するんだろう?疑問がわいてくるが、これは調べて次回にしよう。

作業は4日間で終了したが、なんせ(とにかく)暑かった。頻繁に水分補給したが、一緒に作業した人達はもうバテバテだった。自分のタフさに感謝!

お気に入りの曲

515dasgoaal

Robert Cray - Don't Be Afraid Of The Dark

ロバート・クレイの中で一番好きな曲。ギターテクニックだけでなく、ソウルフルなヴォーカルが印象的。

https://www.youtube.com/watch?v=Ra2Qndv_xeE

2017年8月 1日 (火)

畑の夏野菜

久しぶりに畑。夏野菜がずいぶんにぎやかになってきたので記録がてらに少し紹介。イモ類以外はすべて種蒔きから。

トマト

Dsc00158
ナス

Dsc00159
トウモロコシ

収穫時期になるとハクビシンなどの小動物に荒らされるので、ネットを張って防御。今のところ効果あり。

Dsc00161
ミニカボチャ

雑草に埋もれていたので少しだけ草取りをしたら元気に顔を見せてくれた。

Dsc00167
小玉スイカとマッカ(マクワウリ)

トウモロコシと同様、小動物による被害を避けるため地這いネットを張ってみた。

Dsc00165
スイカは草に埋もれて見えにくいが8~10個できているかな?

Dsc00157Dsc00160
ヤマイモとサツマイモ

手前のツルが伸びている方がヤマイモ。株元が草だらけになっている。気が向いたら草取りをしよう

Dsc00163

ニンジン

3月24日に種蒔して4ヶ月以上なのでそろそろ収穫時期だ。

Dsc00166

お気に入りの曲

89188636Memories of You /TRISTEZA Harumi Kaneko 1986

中村雅俊でヒットした「恋人も濡れる街角」。ボサノバ調で落ち着いた感じに仕上がっている。ジャズ・シンガーの金子晴美の軽いタッチの歌唱がイイね!

https://www.youtube.com/watch?v=lW-vVObgvVI

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »