フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

アルプスの雪

二つのアルプスに雪が積もっていた。とりあえず写真を撮らなければ。ということで.......。

中央アルプス(木曽山脈)…松川町元大島片桐松川沿いから

Dsc06602
南アルプス(赤石山脈)…リンゴ収穫作業中の農園から

仙丈ヶ岳は南アルプスの女王と呼ばれている。そう言われれば優雅さが感じられるかな? ところで、南アルプスの王はどの山だ。北岳かな?

Dsc06613

北岳は日本で2番目に高い山だけど、後方にあるためこの地点からは頂上部がほんの少し見えるだけ。高さは感じられない。

Dsc06615

Dsc06625

Dsc06623
南アルプス全景のパノラマ写真

横に長いためパノラマではあまり迫力が感じられない。まぁ、仕方ないか。

Dsc06610

お気に入りの曲

51ayrhvskwl__sx355_
Hello Dolly - Louis Armstrong

ルイ・アームストロング独特のダミ声とデキシーランド調のアレンジがピッタリあった名曲。

ジャズはやっぱりメロディとアレンジだ。音楽はどれだけ人の心に届くか重要。演奏テクニックを論じるのは一部のエエカッコしだけと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=XurWUn5_S_E

2016年11月28日 (月)

雪の畑

24日(木)に降った雪で畑はご覧の通り、ほとんどが雪におおわれた。(24日撮影)

Dsc06575

タマネギは所どころ先っぽが顔を出しているだけで、大半は雪の下。

Dsc06579

レタス、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーの防虫ネットは雪の重みでたわんでしまっていた。

Dsc06581

とりあえず、ネット上部の雪を払いのけたわみを緩めた。何もしなくても問題はないのだが目にした以上何かをしなければならない。性格の問題だ。

Dsc06584

収穫が終わった果樹園

収穫中だった大きな農園では農場内に車が入れない、入ってもスリップするので雪が融けるまで作業を中止せざるを得ない。下の農場は収穫が終わっているので積の影響がなくラッキーだ。

Dsc06598

Dsc06593

Photo_4左のような運搬用の車は雪でスリップするため農場内に入れない。

右の電動式カートでも凸凹が多い農場内では雪で前に進むことが難しい。

冬桜

近くのお寺の鐘つき堂の前にチラホラながら冬桜が咲いていた。もっと接近して写真を撮りたかったが、運動靴では雪が中に入ってしまう。それに足跡もしっかり残るので肉眼程度で撮ってみた。

Dsc06590
ズームアップにしてみたが、何だかよく分からない。

Dsc06589

雪とは関係ないが、昨年収穫した短径自然薯の一部を残し、今年面白半分の気持ちで埋めておいたらそれなりにりっぱなものが出てきた。

3

お気に入りの曲

61usdb411vl__ss500 Louis Armstrong  - Ochi Chernyie (Dark eyes) 

Ochi Chernyie(オーチ・チョールヌィエ)は、英題で「Dark Eyes」、日本語では「黒い瞳」、そうロシア民謡なのだ。

途中のピアノ演奏が、シンプルでゆったりした感じでとても気に入っている。

https://www.youtube.com/watch?v=UnoCI2N9nWw

2016年11月27日 (日)

枯葉も意外にいい

境界

手前はナシの木から落ちた枯葉。ここがナシ畑とリンゴ畑の境目。

Dsc06550
枯葉の上のボール

何でここにボールがあるねん。けど、このボールが殺風景な中で温かさを感じさせてくれている。

Dsc06518

ひとりで遊ぶ男の子

切り落とした枝を集めて何をしているのかな?チャンバラごっこに使える枝を探しているんだって。ローカルな風景だ。

Dsc06561
収穫を終えた農園から見た南アルプス塩見岳

あいにくの曇り空だったが、写真的にはかえってよかったかな?

Dsc06546_2

リンゴと洋ナシ(ル・レクチェ)

収穫作業を行っている果樹農家さんの休憩場所に置いてあったので、写真に撮ってみた。 

Dsc06534

インクスケッチ風にしてみると案外面白い。これは使えるかも。

Dsc06534_2

お気に入りの曲

MaxresdefaultWynton Marsalis Orchestra - Summertime

シドニーベシェットの演奏で有名なガーシュイン作「サマ-タイム」。

オリヴィエ・フランのソプラノ・サックスがなかなか面白い。

https://www.youtube.com/watch?v=sAGj8cElOKU

2016年11月26日 (土)

清流苑とむらやま公園

信州まつかわ温泉『清流苑』

町営の温泉施設で宿泊及び日帰り入浴ができる。天然ラドン温泉で、昼は南アルプスを眺めながら入浴できる眺望のよい温泉施設だ。(中央アルプスは見えない)

Dsc06493

Dsc06489_stitch

屋内温泉プール

温泉プールなので年中泳ぐことができ、ウオータースライダーも配備されている

Dsc06464

パターゴルフ場及びテニスコート(後方は南アルプス)

Dsc06485_stitch

屋内スポーツ施設

バトミントン、ソフトテニス、フットサル、卓球などの設備がある。

Dsc06495
清流苑からむらやま公園へ

片桐松川の対岸東側にあるむらやま公園へ歩いて行くことができる。

Dsc06481
むらやま公園

南アルプスの眺望が良い公園。広々とした芝生の空間があり、子供たちにとっては自由に遊びまわることができ、大人は周辺の散歩を楽しむことができる。できることなら日陰を作る樹木とベンチが周囲にあればいいのだが。町川町の公園には樹木が作る日陰とベンチがセットになったものがない。公園は子供のための広場と遊具があればいいというものではない。大人がゆったりと時を過ごせる空間も必要なのだ。役場職員と町議員はもっと感性を磨いて欲しい。何事も作ることがゴールではなく、それをどう活かし、どう改善していくかを常にウオッチしていくことが重要なのだ。税金は有効に使ってチョウダイ!

Dsc06467

Dsc06468_stitch

お気に入りの曲

61huk5yob7lSantana feat. Lila Downs, Niña Pastori & Soledad - Una Noche en Nápoles

11月14日のブログで、「サンタナ+グロリア・エステファン」を紹介したが、このアルバム「コラソン」で外せない曲がまだある。Una Noche en Nápoles(ナポリの夜)「サンタナ+リラ・ダウンズ、ニーニャ・パストーリ&ソレダー」。このアルバムはサンタナ真髄のロック+ラテン調がいかんなく発揮されている極上版だ。

https://www.youtube.com/watch?v=3o3tBX9gFZw

ライブもついでに

https://www.youtube.com/watch?v=ks7xvjT8bEE

2016年11月24日 (木)

季節の区切り

今日、飯田市では観測史上はじめて11月の積雪となった。当然、松川町もまだ秋にもかかわらず雪が積もった。15cm弱かな?

Photo

2

11月の積雪、そこで季節の区切りは何が基準になっているのかを考えてみた。

下の表は、代表的な季節の区分。

Photo_2
気象庁は気候学の四季を基準にしており、一般的にもこれが通常の区分として用いられている。

上の表を見ると立春とか立冬を基準としている旧暦・節区切り(二十四節気)は、気候学の区切りよりも1ヶ月ほど早い。今日の積雪だけでいうなら秋の気候学に対して、冬に当たる旧暦・節区切りの方が正しいように思えてくる。

Photo_3

二十四節気は、、節気の間隔が一定で半月ごとの季節変化に対応できるため、季節を知るよりどころでとなっている。したがって、現在でも年間行事など季節の節目を示す言葉として使われている。特に、天候に左右される農業の目安として利用されている。

チョット疑問に感じ、いろいろ調べてみるとホント勉強になる。ところで、上の二十四節気のすべてはどうしても覚えられない。年のせいもあるが、もともと覚える気がないのも事実。

お気に入りの曲

Maxresdefault

Denise Donatelli - Soul Shadows

Soul Shadowsは多くのミュージシャンが取り上げているが、デニース・ドナテッリがベスト。大人の雰囲気が漂っていて抜群のセンスを感じる。アレンジも見事。

https://www.youtube.com/watch?v=cp2h_GVzPys

2016年11月21日 (月)

リンゴの収穫作業

サンふじがおいしそうな赤に色付き、収穫時期の到来である。今日から頂いていた収穫作業の開始だ。

Dsc06544

Dsc06545

今日はあいにくスカッとした晴れ間がなく、少々肌寒い感じで作業が始まった。それでも赤いリンゴを見ていると寒さは何処かへ行ッチッチ。そんな感じで作業がスタートした。

Dsc06556

伊那山地の山々はほとんど雲に隠れ、塩見岳の頂上部のみ顔を出していた。

おいしそうに実ったリンゴは鳥たちにもごちそうでである。皮肉なことに鳥たちは容赦なくりんごを突っつきにくる。少しでも傷がつくと商品にはならないので、農園さんはさまざまな防鳥対策を実施している

電子防鳥機

Dsc06551一定の間隔でギーギー・ギャーギャーと鳥の断末魔のような悲鳴を流し鳥を怖がらせる。

何回も聞いていると嫌になってくる。

爆音機

Dsc06555同じく一定の間隔でバーンと爆音を出して鳥を驚かせる。

耳を裂くようなものすごい音である。ちょっと気を許すと突然の大音量でビックリする。

電子防鳥機と爆音機の音

お気に入りの曲

Reospeedwagoninyourletterepic5REO Speedwagon - In Your Letter (CHANGE WE NEED) 

歌の内容は「もう僕とは会わない、サヨナラ」の手紙なんだけど、テンポはノリノリ。意外とリンゴの収穫作業が楽しくなる曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=vWY7iVtesDE

2016年11月19日 (土)

渡場のイチョウと枯葉

渡場のイチョウ(上伊那郡中川村)

松川町から大鹿村へ向かう道の途中にある。道路沿いではないが、天竜川を渡ってすぐ左に見える。あまり広くはないが目に入ると「オッ、何だあれは!」という感じかな。

Dsc06446

Dsc06450_2

南アルプスと中央アルプス

今年は11月1日に山頂部が初冠雪になったが、その後積もるほどの雪が降ってないので、2つのアルプスにはよく見ないと雪が確認できない。

Dsc06455_2

Dsc06435_2
ギンナンを拾う人

落ち葉の上を歩いていると、ギンナンの実を踏むことがありプツッと音がする。そのときは感じないが、そのまま車に乗ると踏むつぶしたギンナンの実が靴の裏についているので社内に何とも言えない異臭が漂う。ウーンたまらん。

Dsc06441

おびただしい数の落ち葉

Dsc04082
中部電力の水力発電所

すぐ近くにある中部電力南向(みなかた)発電所。なかなかレトロな建物だ。電力王福沢桃介が最後に手掛けたと言われている。

Dsc06452

近くを流れる天竜川

Dsc06461

路上に落ちた枯葉

Photo

道路の傍に大きな落葉樹があり、そこからこの時期大量の枯葉が路上に散乱する。ほおっておけばどこかに飛んでいくのだが、最終的には誰かが処理しなければならない

この落ち葉の管理責任は誰にあるか?10月9日のブログで道路にはみ出たリンゴを勝手に取ると窃盗罪になる例をあげたが、落ち葉の場合はどうなんだろう?

落ち葉の時期はせいぜい1か月足らずであること、清掃により容易に除去できること、そもそも落ち葉は自然現象であることなどから、「受忍限度」内であるとして、被害者側の損害賠償請求を認めなかったケースがある。

毎回清掃するのは大変だが、あまりカリカリせずにこういうことも起こりうるとして、気が付いたら清掃することにしよう。

お気に入りの曲

Imagesw4vwiebv_4 Leonard Cohen - Hallelujah

伝説の人Leonard Cohenレナード・コーエン)が11月7日急逝(82歳)した。カナダ出身のシンガーソング・ライターであり詩人・小説家でもあった。「ハレルヤ」は彼の代表作。

 https://www.youtube.com/watch?v=oIuCwnnDq8k

 

この曲はさまざまな人によって歌われており、いかに彼が偉大で曲も優れているのかが分かる。その一部を紹介しよう

Kd Lang "Hallelujah" CSHF 2006

https://www.youtube.com/watch?v=YYiMJ2bC65A

John Cale - Hallelujah

https://www.youtube.com/watch?v=DinEKqtCDkg

 

2016年11月18日 (金)

思いがけないもの

11月14日のブログで紹介した横たわるダイコン。その後どうなった。

Dsc06400

今日、引っこ抜いてみたらオットこれは面白い。まるで鶴のようではないか。想像したものとは違っていたので、まさにオットットのサプライズだ。

Dsc06425

サプライズといえば、過去にこんなものもあった。

①電話ボックス

電話線は何処をみても無い。なのに何故か電話機が置かれていた。ワイヤレスかな?そんなバカな!誰かのハイセンスなイタズラ。こういうの大好きだ。

2012_0322_1

②ひこにゃんバス

滋賀県彦根市を走るバスに元祖ゆるキャラの「ひこにゃん」。見ているだけで気分が緩くなってくる。

20161117
③植木

ツゲの木を動物の形に仕上げるよくあるパターンだが、こういうものを見るのも結構楽しい。

Dsc06409_2
お気に入りの曲

松川高校出身でGLIM SPANKYという男女2人組のロック・ユニットがいる。松尾レミ亀本寛貴2人だ。松尾は豊丘村、亀本は飯田市の出身。

Originalボーカル担当の松尾の声は一度聴いたら忘れられまへん。ハスキーボイスというよりしゃがれ声と言った方がピッタリなんや。そやけど、パンチ力は並やないぜ。そいでもって声に説得力がある。本物のロックシンガーやな。

GLIM SPANKY? 何やそれ!という感じかもしれんが、SUZUKI『ワゴンRスティングレー』のCM曲でジャニス・ジョプリンのMOVE OVERのカヴァーを歌っとります。一度は聞いたことがあるんやおまへんか

(googleで松尾レミと検索すると、出身地:兵庫県豊岡市と出てくるが、長野県豊丘村正しいのでは?)

こちらはCM用とは別のFull Version。

2016年11月16日 (水)

松川町の議会議員選挙が終わった

前回の選挙は無投票であったが、今回は定員14名に対し16名の立候補があった。結果は、予想通り大きな地域・組織からの候補者が当選した。地方に行けば「おらが地域の人に」という意識が強いので仕方がないことかも知れないが、狭い地域で縄張り争いをしてもあまり意味がない。そのような時代ではないのでいいかげんそんな意識は捨てていただきたいのだが.........。

今回の候補者の顔ぶれを見ていると、果樹農家さんや会社経営もしくはそれに関連する人だった。こんなことを言っては失礼かも知れないが、当地域からほとんどに出たこともない人ばっかりだ。これが悪いとは言えないが、ひとつの枠の中での発想・着想になってしまうのではないか。知識として覚えても実践となるとそうそう上手くいくことはない。そうならば経営学者はすべてりっぱな業績をあげる経営者になっている。自身の経験でも、米国の大手企業の副社長を経験した学者が社長に就任したが結果は散々だったことを記憶している。

話がそれてしまったが、枠の中で育った人と枠外を経験した人とが意見交換したり、議論しあうことによって、考え方が偏らず正しい方向が導き出されるのではないか。

今回の選挙で残念に思うのは、町が抱えている問題点を数値を示して真剣に訴えた候補者がいなかったことだ。

町が抱える問題点を一部挙げてみた。

①工業

Photo_5

町公表のデータはH25年までだが、製造品出荷額が10年前と比べて15%以上落ち込んでいる。合わせて、平均給与(現金給与÷従業員数)も416万円から407万円と9万円減少している。これは大きな問題だ。

いたずらに企業を誘致するのではなく、町の特性や立地条件を念頭にターゲット(分野)を絞って企業誘致を図る必要がある。

企業が誘致できれば、雇用が生まれ、人口が増加し、税収も増えて町が活性化する。税収が増えれば、子育て支援や社会福祉も充実させることができる。製造出荷高の向上は最優先だ。(既存企業のロボット導入や機械化では雇用が生まれないのでこれは除外すべし)

②商業

Photo

項目のどれを見ても10年間で大きく落ち込んでいる。大型店舗の出店に伴い地元商店が衰退していくのは自然の流れなのかも。やみくもに補助金を増やしても税金のムダ使い。商店独自が質の向上や独自のサービスを構築して生き残りを図るべし。例えば、おいしいパン屋さんがあれば人は大型店舗に行かずその店にいく。努力なしに継続・発展はない。

③人口

Photo_2

Photo_4人口はH22以降減少傾向で、問題なのは人口構成だ。年寄りが増え、子供及び働く世代が減少している。非常に危険な人口構成だ。

Photo_5第一次産業…農業、林業、水産業
二次産業…鉱業及び第一産業の加工業。その他の一般製造業(工業)
第三次産業…それ以外の産業:商業、運輸通信業、サービス業

産業別就業者の構成比から何を読み取るか。1次産業と2次産業の減少のうち、1次産業は専業者の高齢化に伴う傾向でうなづけるので、最低限この状況を維持できる方法を考えるべきかな。問題なのは2次産業の減少だ。①の製造品出荷額の減少を裏付けるもので、これを増加させる策を講じないと消滅市町村になってしまう危険性がある。

議員さんになれば、下記の議員報酬が毎月入ってくるので向こう4年間は安泰だ。

議長¥269,800.- 副議長¥209,000.- 常任委員長¥195,000.- 議員¥190,000.-

これに政務活動費(年間最大¥120,000.-)がプラスされる。

議員さんには、報酬を税金から頂いているということを真摯にとらえ、町の現状を分析・把握し、どうしたら町が発展するかを思いっきり真剣に考えて欲しいものだ。

お気に入りの曲

HqdefaultShout 'Em Aunt Tilly - The 'Dud Clews Jazz Orchestra'

当選して嬉しくてたまらない曲を探してみた。「Shout」したくなる、心ウキウキだ。

https://www.youtube.com/watch?v=vDPv7z44Muc

 

2016年11月14日 (月)

タマネギの植付け

タマネギの植付けが終わった

タマネギは植付ける本数が多いので、つらい作業だ。年齢を重ねるにつれ、長時間腰をかがめるのがしんどくなる。かがんだ後に立ち上がる際、サット立ち上がることができずオットットットと発しながらジワーとしか立ち上がれない。とりあえず310本植えたぞ!(手前のマルチ穴はニンニクが植わっている

Dsc06388

Dsc06389

タマネギの自動植付け機械

300本程度で腰が痛いなんて言ってる場合ではない。タマネギ農家さんはさぞかし大変だろうなと思っていたら、やはり機械があった。世の中便利になったもんだ。

動画では苗の補充が大変そうだがマルチの上から植えられるのがいい。

下の動画はまるでロボット。賈華も価格もきっと高いんだろう。しかし、メチャメチャ速い。

マルチ張りは畝作りと同様大変な作業だ。この作業は管理機(耕運機)でも可能だがやはり専用機は便利そう。

その他の野菜

ハクサイ

Dsc06387

鍋物には必須。今年は虫もいなくて家内に褒められている。ウレシイ!単純かな?

キャベツ&カリフラワー

Dsc06392_3

カリフラワーの白い花(食べる部分)はまだ咲いていないので写真はなし。キャベツは一部収穫済みで、上々のできだ。

レタス&ブロッコリー

Dsc06393
ブロッコリーはカリフラワーと同様、緑の花(食べる部分)はまだ咲いていない。レタスもは一部収穫済み。

ダイコン

Photo
ダイコンも順次収穫しているが、通常は左のように縦向きであるが、右の写真のように土から上の部分が横たわっている。ゆっくりお休みヤス!

お気に入りの曲

 Hqdefaultdc52v9gjCarlos Santana feat. Gloria Estefan "Besos de Lejos" 

サンタナとグロリア・エステファン説明はいらない。まあ、お聴きやす!

https://www.youtube.com/watch?v=yOhTFb4MJ68

2016年11月12日 (土)

松川町議会選挙

任期満了に伴う、松川町議会議員選挙が平成28年11月13日に行われる。これに伴い候補者の選挙カーが連日次から次へと自宅周辺にやってきては、「○○をよろしくお願いします」という連呼が続く。選挙においては、「迷惑がらせてでも、名前を知ってもらえたらそれでよし」ということで大音量で候補者名を連呼する。誠にうるさい限りだ。この時期だけのことだから我慢するしかない。

12780669_3

これに怒りを覚えて選挙カーが侵入できないように通行の妨害などをすると公職選挙法225条の「選挙の自由妨害罪」にあたり、4年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金になる。

Photo

余談だが、選挙カーに乗車できる人数は候補者と運転手を除いて4人までとされているが、数えたことはない。

候補者の公約を読んでみると、共通しているのは「~を提案します」「~を目指します」「~にします」「~をやります」「~を実現します」とある。「~を提案します」「~を目指します」は、番犬がワンワン吠えるのと同じで極めて無責任。言うだけでいいわけだ。「~にします」「~をやります」「~を実現します」も何だかよく分からない。「いついつまでにやる」という期限を明確にしていない。

任期が来た時には「まだ道半ばなので続けさせて下さい」というつもりなのか?目標達成時期を明確にしないのは現状把握ができていない証しだ。それとも明確にしない方が無難ということか。一般企業からすれば、達成時期が明確でない目標は目標にあらず。期限がないと自己評価もできない。それは単なる願望である。

3

候補者はいろいろと約束ごとを並べているが、優先順位がまるで分らない。現状把握せずに、選挙用に並べあげた項目だからなのだろう。

何はともあれ、普段活動をしていなくても、この時期だけは一所懸命活動する。特に、現職で再選を目指す候補者を例にとれば、一番議員らしく活動する時期だ(笑)

またまた、物事を歪んで見てしまう素直でない自分がでてきた。あまり物事を深く考えずに気楽に構えればいいものを………。悪い性格だ!

お気に入りの曲

Maxresdefault Händel: Harp Concerto, Laskine & Auriacombe (1963)

ヘンデル ハープ協奏曲 ラスキーヌ

久しぶりにクラシック。ハープ協奏曲のなかで最も有名な作品。個人的には最初の4分30秒ほどがお気に入り。

https://www.youtube.com/watch?v=4bA3Bx3WDcs

2016年11月10日 (木)

平均価格と協会価格

プロパンガスの料金はどうして決まるのか?こんなことを疑問に思ったのでチョット調べ出したら、プロパンガス料金消費者協会のホームページ(HP)にて興味深い内容があったので、その一部を抜粋してみた。

Photo_7

Photo_2

Photo_6

Photo_4
飯田市の(10㎥使用の場合

  平均価格=基本料金1,732円+従量単価531円x10=7,042円

   協会価格=基本料金1,500円+従量単価360円x10=5,100円

かなりの差があるではないか。

プロパンガス料金消費者協会が料金を決める基準は、

「都市ガス並みの料金であること」

②「プロパンガス会社が利益が出る料金であること」

としており、実際に本協会の料金体系に賛同する会社が存在している。したがって、比較検討するには有用な情報である。

石油情報センターの最新データ

Photo_10
価格は消費税込みなので、いくぶん安くなっているようだ。

整理すると、

家庭にガスを供給する一般的な会社は「石油情報センター」の価格を基準にガス料金を算出してくる。これに対して、プロパンガス料金消費者協会の趣旨に賛同しているガス会社は協会価格を基準に算出してくる。

但し、「石油情報センター」は一般財団法人日本エネルギー経済研究所の附置機関であるので、決して間違った価格を出しているわけではない。それはそれで正しい価格を算出している。

ガス会社の選択に際し、これまでの付き合い、慣習、供給ステーションの所在地など様々な要素が絡んでくるので、単純ではないと思うが、こんなこともあると知っておくことは大事ではないか。

プロパンガス料金消費者協会

https://www.propane-npo.com/local_area/

石油情報センター

http://oil-info.ieej.or.jp/price/price_ippan_lp_gusu_20812.html

お気に入りの曲

Conchabuikaenmipiel20110912062610Concha Buika - Por el amor de Amar

ブイカ(コンチャ・ブイカ)は、どんなジャンルでもこなせる柔軟さを持ち合わせているシンガーだ。この曲はスペイン語なので意味はよく分からないが、抑えがたい情念めいたものを感じさせる歌唱だ。

https://www.youtube.com/watch?v=fbzmFYORmv0

2016年11月 6日 (日)

柿のカキ入れ時

高森町下市田のKさん宅にて市田柿の収穫作業を10/25~11/6まで実施した。柿農家さんはまさに今がカキいれの時期なのだ。

Dsc06343

収穫した柿のコンテナは軽トラに摘まれ皮むきの作業場に運ばれる。

Dsc04022

柿の皮むきの作業場

市田柿用の全自動高速皮むき機。へた取りから皮むきまでを高速処理(1時間に最大1500個)できるすぐれものだ。標準価格は¥2,100,000.-(税別)。ウヒャー、普通車1台購入できる..........。

Dsc06335

 くん蒸処理

皮むきされた柿は二酸化硫黄の煙でおよそ15分間くん蒸処理される。鮮やかなカキ色(オレンジ色)を残すためには必要な作業で、この作業をしないとタンニンの酸化で真っ黒な柿になってしまう。また虫除けやカビ防止の観点からも必要な処理なのだ。

2016_11

柿のれん作り

乾燥させるために連(レン)に吊るして柿すだれが作られる。乾燥させる場所は、期間中、湿気が多いとカビが発生しやすく、乾燥しすぎても渋味が抜けにくくなってしまうので、窓を開閉したり、のれんの間隔を調節したりと、適切な温度と湿度を保つよう管理しなければならないので屋内やビニールハウスで行われる。

Dsc06362

柿を2階へ運ぶ際は、瓦屋さんが用いている電動荷揚はしごを代用。妙案だ。重い柿を持って何回も階段を昇り降りするので、これを用いるようになってずいぶん楽になったようだ。

Photo

Dsc06354
何故、屋内やビニールハウスで乾燥させるのか?急激に直射日光で乾燥させると表面だけが乾燥してしまうため、直射日光をなるべく当てないよう、じっくりと時間をかけて乾燥させる。徐々に時間をかけて乾燥させることにより、しっかりと水分が抜けるのと同時に糖分の凝縮が進む。天竜川からは、晩秋から冬にかけ毎朝のように川霧が発生する。この天竜川から湧き上がり段丘をのぼる霧が、干し柿を一気に乾かさないようにする自然の“加湿器”となり、市田柿独特の「もっちり、ねっとり」とした食感を生み出しているといわれている。

*柿の吊るし作業

専用の柿クリップに果梗(ほぞ)を引っかけて行われる。単純だけど根気のいる作業だ。

2

収穫時に柿の果梗(ほぞ)が取れてしまう場合がある。そんな時には、別の柿クリップが用意されている。これでヘタの下を挟み込むようにして吊るす。

1

とはいえ、ほぞ(柿の軸)が取れた柿は吊るすのに手間がかかるので、収穫時には極力ほぞを残すようにしなければならない。

この後、干し柿として商品になるまではまだまだは作業が続くが、我々は収穫のみだったので、それと同時進行していた作業をまとめてみた。

収穫後の柿畑

見事に柿のオレンジ色がなくなっている。よくぞ取り去ったものだ。おかげで肘が痛くてしょうがない。(写真は畑の一部)

Dsc06340

お気に入りの曲

HqdefaultDamirón – Miami Beach Rumba

ドミニカ出身のピアニストDamirón。ルンバのリズムにのった陽気なピアノがすこぶるいい。

https://www.youtube.com/watch?v=UmeagubDxdQ

2016年11月 1日 (火)

枝を下垂させる樹形

リンゴの樹形

果実のついている枝を下垂(カスイ)させる樹形が良いとされている。枝を垂らすことによって、木の成長より実の成熟が優先され、養分が下に流れるようになり果実が均一に成熟すると言われている。つまり、おいしいリンゴができる。

Dsc04174

木は上に向かって生え、枝も上に向かって伸びていく。上に向かって伸びる枝は養分を吸い上げることができるので太く長くなって木を成長させる。そこで、枝の向きを下に垂れ下げると下からあがってくる養分の流れを抑えることができ、下に垂れた枝に養分がまわり果実を均一に成熟させることができる。

Dsc04177
果実のついている枝を下垂させる剪定方法は、リンゴ農家の若い世代で多く行われている。将来必要な枝1本だけを残すのではなく、周囲に2~3本を囲むように配置して生育を阻害し、十分な着果負担が得られる花芽を持った状態にしてから周囲の不要な枝を取り除くというもの。(何だかよう分かりまへんワ)

よく耳にする話だが、息子さんがわざと周囲に残していた枝を見て、お父さんが剪定もれと判断し、残していた周囲の枝を切り落としてしまうことがあるらしい。こうなると親子喧嘩に発展する。こんな風にならないよう、家族間で理解し合うことが大事なんだ。お父さん、若者はリンゴの栽培を科学しているんでっせ。 

下に垂れた枝のリンゴは強風に強い

Tenki_boufuu

枝を下に垂らしておくと、風が吹いても枝ごと揺れるので、果実に当たる風の影響を少なくし、りんごの落下を最小限にとどめることができる。枝から上についている実は、風が吹くと「あそび」が少ないため風の影響をもろに受け落下し易い。 

また、風が強いと葉っぱで実がこすれて表面に擦り傷ができてしまうこともある。風の対策は難しい!

以上は、ネットで調べた内容なのでどこまで正しいかは不明。(責任は持てまへん)

お気に入りの曲

Hqdefault_2Al Di Meola - Bianca's Midnight Lullaby

アル・ディ・メオラは速弾きギターで有名だが、このようなゆったりした演奏もすばらしい。ビアンカのミッドナイト・ララバイ気分をリラックスさせたい時によく曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=5EDrqjEa42Q

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »