« 二つのアルプス | トップページ | 高遠だるま市2016 »

2016年2月 9日 (火)

中央銀行の独立性

日銀のマイナス金利導入に際し、9人の委員のうち、賛成したのは下の表のピンクで色塗りされた第2次安倍内閣にて任命された委員5人で、反対した4人は民主党政権下で任命された委員であったことが判明した。

Photo_2

反対意見では、

  • 「市場にかえって政策の限界を印象づけてしまうことを懸念する」
  • 「実体経済への効果の割に市場機能や金融システムへの副作用が大きく、効果と副作用のバランスを欠く」

などが出ていて、今まさにそれが現実味を帯びてきているようである。

マイナス金利導入のタイミングは、甘利前大臣の辞任直後で政権のマイナスイメージを弱めるための「政治的判断」であったと疑わざるを得ない。日本銀行法を調べてみると、

  1. 第3条第1項では、「日本銀行の通貨及び金融の調節における自主性は、尊重されなければならない」として、金融政策の独立性について定められている。
  2. 同第5条第2項では、「日本銀行の業務運営における自主性は、十分配慮されなければならない」として、業務運営の自主性について定められている。

金融政策は「経済指標次第」が原則だが、日銀の金融政策は「官邸の人気次第」のように思えてならない。

上の表をみると、反対派の2人が今年3月と6月に任期満了となる。今後どうなることやら?

株価もマイナス金利導入時はいったん大きく値を上げたが、今は外部環境の悪さなどもあって大きく値を下げている。しかし、市場が政策の限界を察知し、世界中から本来の日銀の姿に戻すよう警告を発しているようでもある。

Photo_3

日銀総裁様、官邸に協力した金融政策を実施しても、上手くいって当たり前、もし失敗したら日銀の独立性を盾にトカゲの尻尾切りにあっても知らないよ。エッ、トカゲは尻尾を切られてもまた生えてくるって?そのくらいの執念で官邸と向かい合って欲しいものだ。

お気に入りの曲

51keblfsenl__sy355_Chet Baker and Stan Getz - Dear Old Stockholm

クールで抒情的な雰囲気が漂っている。静かに聞きたい曲だ。

 https://www.youtube.com/watch?v=0vrwwPn5EEU

« 二つのアルプス | トップページ | 高遠だるま市2016 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つのアルプス | トップページ | 高遠だるま市2016 »