フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

松川町の神社

神社オタクではないが、御柱祭に関心を持ち出してから散歩の途中にある神社に立ち寄り、鎮守様に一礼することにしている。今回は御柱が行われる2社を紹介。

20160225

御射山神社

今年松川町で開催される御柱行事のメインとなる神社

2

二の鳥居をくぐり抜け、まっすぐ進むと拝殿があるが、正面は90度横に行かないと見えない。

3

拝殿正面と末社

14dsc05539_3

19dsc05539
神護原神社

広い境内である。こちらは二の鳥居(朱色)の奥に拝殿の正面が見える。

Dsc05692_1

二の鳥居までの参道はかなり長い。きれいに掃除されていて気持ちがいい。

Dsc05692_3_2
Dsc05692_10_2
手水舎と神池(りっぱな神池だ)

Dsc05692_6r
松川町公民館報第628号に「なぜ松川町でも御柱の行事が」という記事があった

Photo
お気に入りの曲

Img_0

ピアノ・トリオ・アルバムの名品。

哀愁とロマンに満ちた名曲と言われているレイ・ブライアントの「ゴールデン・イアリングス」。

GOLDEN EARRINGS - Ray Bryant

https://www.youtube.com/watch?v=jsY2IdxMfic

2016年2月26日 (金)

さみしい畑だなぁ

冬の畑は何もなくてさみしい。オレンジの線から手前が作付けエリアだが、収穫できるものは何もなく、大半が土色である。草の生育も止まっているから助かるゥ~。

Dsc05626_stitch

ニンニクとネギも先っぽは冬枯れ状態。もう少し暖かくなれば元気になってくれるだろう。(Maybe)

Dsc05617r

遅蒔きしたホウレン草は、やはり成長しなかった。このまま枯れていくのみか。カブはたくさんできたので、一部そのまま放っておいたが外観上は元気だ。収穫遅れのため中はスが入ったり、空洞になっているかもしれない。

Dsc05618r

ニラは葉が枯れ、根株は休眠中だが養分を貯蔵中でもある。株本5cm上を切って掘り起こし株分けしようかな。たくさんできても困るしね。玉ねぎは少し元気になってきた感じ。(ルンルン)

Dsc05620r
町内のブラリ歩きで梅の写真をとっていたけれど、自分の畑にも一本あったことを忘れていた。周りばっかりみていたら、自分のことを見失ってしまう典型だ。

Dsc05755r
おまけ

畑でポケーとしていたらネコとカラスがやって来た。猫は何か警戒している様子だが、カラスは堂々と何かを食べている。まぁ、ゆっくりしていってチョウダイ。

Dsc05707r

お気に入りの曲

Hqdefault_2CHRIS BARBER ' S JAZZ BAND -  Shout'em Aunt Tilly
個人的にはマーカス・ロバーツのピアノ・ソロ演奏が一番のお気に入りだが、ジャズ・バンドの演奏で。

https://www.youtube.com/watch?v=0YbcLzVSJa4

2016年2月25日 (木)

松川町富士森公園

松川町宗源原の住宅街にある公園。この近辺は散歩でよく通るのだが今まで気が付かなかった。宗源原会所(自治会館)を奥の方に入っていくとこの公園に行き着く。おそらくこの地区の人しか知らないのではないか。

Dsc05639

結構広いグラウンドがある。子供たちが思い切り走り回ることができる。(合成写真)

Dsc05640_42_2
グラウンドの奥にはT字型に組み合わせた土管と、その上に富士山をイメージした円錐状の遊具がある。土管の中に入ったり、ロープをつたって上に登り、下に降りる場合は滑り台になっている。よく考えられた遊具である。

Dsc05643r

富士山状の遊具からさらに奥に進むと傾斜地を利用したローラースライダーがある。結構長い。スライダーは下の道から見えるが、入り口が狭く上に公園があるとは一見してわからない。

Dsc05644

Dsc05675r
公園建設費の一部は、郵便局の保険・年金積立金から融資されている。「融資=お金を貸している」つまり松川町が郵便局からお金を借りてこの公園を作ったのだ。周辺の景色もいいとはいえないこんな場所にどうして公園を作ったのか疑問に思う。りっぱなスライダーがあっても駐車場がないから遠方の人は利用できない。この地区だけの住民サービスにしては費用をかけ過ぎではないだろうか?

Dsc05639r_2

住宅街の端にある。右側に飯田線が走っており、その下は急傾斜地で人は入れない。

Photo_2
お気に入りの曲

6dd51a4fc6ff409179403a381b597a39

Blue Mitchel - I'll close my eyes

ブルー・ミッチェルの歌心に富んだトランペットの演奏が聴ける。ピアノのウィントン・ケリーもいい。

 https://www.youtube.com/watch?v=7Oh-Dl-KbF0

2016年2月23日 (火)

我が家から天竜川へ

松川町は長野県南部の下伊那郡の最北、伊那谷のほぼ中央に位置し、町の中央を天竜川が北から南へ流れている

Photo

我が家から天竜川へは直線にして1.5km、徒歩で15分程度。川の東西は段丘になっており、標高差80m。行きは下り坂で楽なんだが、、帰りは上り坂で早足で歩くとかなりきつい。100m歩けば5.33m上っていくことになり下の写真のような感じ。 

町の東西を流れる天竜川水系の片桐松川は河床勾配1/16(上流に16m行くと高さが1m上がる)でかなりの急勾配である。その川沿いを歩くことになるので勾配がきついのは当然だ。

Dsc05633r

天竜川の河口から160kmの標識がある。そういうことなんだ。

20160223

Photo_2

Dsc05575
参考

松川町から天竜川を少し上流に行くと坂戸峡(中川村)がある。4月には桜の木と合わせ絶景スポットである。

2013_0409_1

お気に入りの曲

Airクラシックをジャズで聞く代表格のオイゲン・キケロ。気分転換によく聞く曲だ。 

Air /Eugen Cicero 1983

https://www.youtube.com/watch?v=7HRqE829jvU

2016年2月22日 (月)

春野菜の種まき

野菜の種まき 

本日カリフラワー、ブロッコリー、レタス、ナスの種まきを行った。それぞれ6ポットずつ。時期をずらして種をまいても、収穫時期はあまり変わらないので今年は昨年より数を減らした。寒さに負けずうまく発芽してくれますように!ネギは3月上旬畑に直播きすることにした。

Dsc05587r
道端に、穀物が豊かに実ることを願う「豊穣の碑」があった。穀物ではないけれど野菜の種が発芽し、無事収穫できるようお願いをしておこう。

Dsc05616
松川町ふるさと創生事業(花いっぱい自然保護関係) 

休耕田を利用した花の広場作りとして、松川北小学校の生徒が管理している。今は冬だから何も咲いていない。残念!

Dsc05605r

お気に入りの曲

Piano_duoSpeidel Sontraud とTrenkner Evelindeのピアノ二重奏。

J.S.Bach: Orchestral Suite(編曲Max. Reger)。

バッハ好き、ピアノ好きにはお奨めのアルバムだ。

J.S.Bach: Orchestral Suite for Piano #2 in B minor (BWV 1067) V. Polonaise. Moderato(演奏は途中まで)

https://www.youtube.com/watch?v=nKcPzIglmkw 

2016年2月21日 (日)

2月の畑

タマネギ

種まき(9月5日)からはじめたタマネギだが、寒い朝が続くと霜柱によって苗が浮き上がり、土から抜け、枯れてしまうことがある。さらに強風で保温用の黒マルチが吹き飛ばされることがある。下の写真の左列はマルチが風ではがれてしまったので、すべて取ってしまったもの。マルチ有りと無し、できばえは如何なることやら。全部で350本植えたのだが50本程度は霜柱被害で抜けてしまっているようだ。

Dsc05569

寒さで枯れているようだが、この程度であれば大丈夫。但し、この時期で小さな苗もあるので、それは大きなタマネギにはならないだろう。

Photo

キャベツとエンドウ

キャベツはビニールでトンネルをしているのでこれから春に向けて成長していくだろうと勝ってに期待している。

_
グリーンピースとキヌサヤのエンドウ類は寒さ対策をしたにも関わらず、半分ほど枯れてしまっている。生長点が地中に残っていれば大丈夫とは言われるけれど、本当に大丈夫だろうか?チト心配。

11月中旬に種まきし、1月に植え付けしたレタスは見事に全滅。

明日はレタスの種まきに再チャレンジし、ブロッコリー、カリフラワー、ネギ、ナスの種まきもやるぞ!

お気に入りの曲

Angel_eyes

「Angel Eyes」。この曲で一番好きな演奏がYou Tubeで見つからない。今回はポップ調の別物で。

jaffa feat. marcia seebaran - angel eyes

https://www.youtube.com/watch?v=9VaAaeqOKyc

2016年2月20日 (土)

春の予感

福寿草

近所のおばあさんが植えた福寿草。まだかな まだかなと思っていたらようやく花が開いた。今ではこの福寿草の開花が春を感じる目安になっている。春が来たぞ--------!チョット気分ウキウキ。

Dsc05533

Dsc05534

梅林

散歩コースにある梅林。選定作業が終わり、切り取られた枝はきちんと整頓されていて、気持ちがいい。開花は福寿草よりも早く、春を感じる目安でもあるが、まだ寒い時期に咲き始めるので体感的には冬の終わりが近いという感じ。満開が待ち遠しい。

20160219

飯田線

鉄道のカーブしている場所は絵になる。これで後方に冠雪の山があれば最高のロケーション。無人駅の上片桐駅だが、近くに松川高校があるので登下校時の利用客はそれなりに多い。

Photo_2
どっちにいこうかな?

上片桐駅から国道153号に入る手前の案内板。大鹿歌舞伎で有名な大鹿はこの先山あいを通っていくので道は狭くなる。

Dsc04756

Photo_4

お気に入りの曲

81rvc9wdufl__sl1300_Art Blakey & the Jazz Messengers - Moanin'

ファンキー・ジャズの代表曲。ジャズ定番中の定番。

この曲は何回聞いても飽きることはない。

Morning(朝)ではなくMoanin'(うめき、嘆き)だ。

https://www.youtube.com/watch?v=Cv9NSR-2DwM

2016年2月18日 (木)

南信州に移住して知り得たこと

御柱

御柱の行事は、諏訪大社だけで行なわれるものと思っていた。ところが全国の諏訪神社や関連神社(小宮)でも同様の行事が実施されることを初めて知った。県外の人で、御柱が6年に一度(寅と申の年)に行われることを知っている人はどれだけいるだろうか?(無知といえばそうなのかも知れないが、世間とはそんなものである)

というわけで、松川町でも御柱祭が4月に行われる予定で、静かに盛り上がりをみせている。 

●御射山神社   
諏訪大社の末社の一つである御射山神社御柱祭は、松川町上片桐・中川村
桐・ 飯島町七久保・中川村葛島の4地区合同で開催される伊那谷最大級の規模。

「御射山神社」の御柱祭は「暴れ御柱」の異名を持ち「諏訪大社」に劣らないほどきな(太い)柱を曳くことで有名とのこと。

山出し祭  : 3月20日(日)
宵祭        : 4月 1日(金)
里曳き     : 4月 2日(土)

Photo

上片桐駅の近くに展示されている御柱の輪切りサンプル(名称がわからない)。

Dsc05043r

一乃柱(上片桐地区)、二乃柱(葛島地区)、三乃柱(片桐地区)サンプル無し、四乃柱(七久保地区) 

●神護原神社
名子地区で行われ、2本の御柱木が奉納される。
山出し祭 : 2月13日(土)
宵祭     : 4月 2日(土)
里曳き : 4月 3日(日)

名子原会所の山手側に置かれていた「一乃柱」と「二乃柱」

Dsc05453

Dsc05454r

●諏訪形神社
 
山出し祭 : 3月 6日(日)  
 
里曳き   :  4月 9日(土)
 

●鶴部神社
 
 山出し祭 : 3月 5日(土)  
 
里曳き   : 3月27日(日) 

●関宮神社
 
 里曳き    : 4月10日(日)

お気に入りの曲 

albinoni adagio jazz version         

2016年2月16日 (火)

琵琶湖周航の歌

今年1月14日に紹介した琵琶湖周航の歌。

作詞者の小口太郎は26歳の若さで亡くなっている。この曲を作詞したのは20歳の時と思われるが、その若さでこれほど抒情的な歌詞が思い浮かぶものだ。「天才は夭折する」とよく言われるが、まさにその通りだ。当時と現在とでは時代背景や文化・教育も違うので断定はできないが、表現の仕方に深みがある。今は時が早く流れすぎて感受性が薄っぺらくなってしまったのではないだろうか。

Photo

1. われは湖の子  さすらいの
旅にしあれば   しみじみと
のぼる狭霧や  さざなみの
志賀の都よ    いざさらば
  2. 松は緑に     砂白き
雄松が里の   乙女子は
赤い椿の     森蔭に
はかない恋に  泣くとかや
 
3. 波のまにまに   漂えば
赤い泊火      なつかしみ
行方定めぬ    浪枕
今日は今津か  長浜か
  4. 瑠璃の花園    珊瑚の宮
古い伝えの    竹生島
仏の御手に    いだかれて
ねむれ乙女子  やすらけく

本当は6番まであるのだが、加藤登紀子さんの歌は4番まで。

ただ、琵琶湖を見て育ったものとして、2番の「雄松が里」は何処だかわからない。 2番と4番の乙女子は少女と幼児? 4番の「瑠璃の花園 珊瑚の宮」においても瑠璃や珊瑚は琵琶湖にはないので腑に落ちない。きっと琵琶湖の湖面の青さを「瑠璃色」に例えたものと推測する。「珊瑚の宮」については、湖面に浮かぶ竹生島を竜宮城に見立てたという説や、秋篠宮様と同様に珊瑚の宮様という人に例えたというとんでもない説まである。まぁ、こだわりすぎれば夢とかロマンがなくなってしまう。本当のことは作者にしか分からない。

20160216
お気に入りの曲

516pgtp3osl__ss280CELINE DION - A SONG FOR YOU FULL SONG

カナダの女性シンガー“セリーヌ・ディオン”。圧倒的な声量と豊かな表現力に魅了される。

この曲は、哀愁を感じるメロディと静かに込み上げる魂を感じさせる歌唱力。たまらんナァ!

https://www.youtube.com/watch?v=y6NtLiqUHpw

2016年2月13日 (土)

松川町を走るJR東海飯田線

鉄道ファンではないが、近くを飯田線が走っているのでぶらぶら歩きで撮っていたものをピックアップしてみた。

[画像をクリックすれば拡大表示される。Windows10で画面からはみ出る場合は、その画像を左クリックしたまま画面の一番上にドラックすれば全画面表示されるハズ]

201602121

鉄道のレールをまじかでみると何か冷たいものを感じる。線路だけでも場所によればナイスなものもあるが、やはり電車が走っている方が温かさを感じる。

201602133

上片桐駅(無人駅)

Dsc05035_36

飯田線は急カーブや急勾配も多く速度はイライラするほど遅い。飯田~豊橋の場合、

距離:129.3km  乗車時間:約2時間30分(特急) 約4時間(普通)

但し、特急の本数は1日2本。普通(各駅)で行くと乗換えを入れると5時間以上かかる場合がある。

参考までに秘境駅ランキング20位のなかで、飯田線は5駅がランクインしている。堂々たるものだ。

Photo
上片桐駅に停車していた電車の行き先

①天竜峡行き(天竜ライン下り)

201602131
②上諏訪行き(諏訪大社秋宮)

20160213

お気に入りの曲

SbluesetteCurtis Fuller - Five Spot After Dark

ビ・バップ全盛時代の超名盤。トロンボーン⇒テナー・サックス⇒ピアノへの移行が実に心地いい。

https://www.youtube.com/watch?v=_BlHRPXPx-4

2016年2月12日 (金)

町内ブラリ

お地蔵さん

松川町の町内を歩いていると、お地蔵さんをよく見かける。他に馬頭観音もあちこちで見かける。きっと信仰が厚い地域だったのだろう。ところで、道端にあるお地蔵さんには手を合わせない方がよいと言われるが、どうなんだろう?「供養」のためとか「偶像礼拝」と捉えるなら手を合わせない方がよいと思うが、「神」に関するものは大丈夫だと思うのだが.......

幸せが続きますように!

20160209

カーブがカープに 

誰かのイタズラ?広島カープファン?それともカーブをカープと思い込んでただけ?

Dsc05021r

いらしゃいませ

某店の前で見つけた可愛いブルちゃん。WELCOMEの玄関マットより効果的かな?

Pa0_0000_2

お気に入りの曲

Whisper_from_the_mirrorKeiko Matsui - Whisper From The Mirror

スムースジャズの部類に属する日本を代表するピアニストの松居慶子。ガチガチのジャズを愛好する人からは敬遠されるかもしれないが、凛とした演奏は見事だ。

https://www.youtube.com/watch?v=Y0i0egQdycM

2016年2月11日 (木)

高遠だるま市2016

どちらに行くべきか

今日2月11日、高遠だるま市信濃比叡広拯院の大火生三昧(火渡護摩)のどちらに行こうか迷った。松川町はほぼその中間にあり、時間的に両方へ行くことは厳しい。結論として、和菓子の老舗がある高遠に行くことにした。食べ物の力はやはり強かった。

Dsc05389

Dsc05388

今年は天気が良かったせいか、昨年に比べにぎわっていたようだ。

0203_2

02031

酒蔵「仙醸」

慶応2年(1866年)創業の歴史ある酒蔵だ。仙醸は南アルプスの「仙丈ヶ岳」に由来している。

Dsc05416

その仙丈ヶ岳。天気が良すぎて日中はかすんで上手くカメラに収まらなかった。なので、ノイズは増えるが山の輪郭が強調されるよう編集してみた。

Dsc05422_3
中央アルプス

高遠市街からの写真。実際はいくつもの電線があったので編集にて除去した。

Dsc05417_3

ソバ屋さんに行く途中の中央アルプス

Dsc05423_3
高遠の和菓子

今回はこの和菓子の誘惑に負けてしまった。というか家内の力が強かった。

Dsc05407_09_2

お気に入りの曲

Mqdefaulti6qqftxnArt Blakey - Dat Dere 

Dat Dere = That There (子供の言葉) 

ジャズ・メッセンジャーズのピアノ奏者ボビー・ティモンズの曲

https://www.youtube.com/watch?v=gaaGGbUKZBI

2016年2月 9日 (火)

中央銀行の独立性

日銀のマイナス金利導入に際し、9人の委員のうち、賛成したのは下の表のピンクで色塗りされた第2次安倍内閣にて任命された委員5人で、反対した4人は民主党政権下で任命された委員であったことが判明した。

Photo_2

反対意見では、

  • 「市場にかえって政策の限界を印象づけてしまうことを懸念する」
  • 「実体経済への効果の割に市場機能や金融システムへの副作用が大きく、効果と副作用のバランスを欠く」

などが出ていて、今まさにそれが現実味を帯びてきているようである。

マイナス金利導入のタイミングは、甘利前大臣の辞任直後で政権のマイナスイメージを弱めるための「政治的判断」であったと疑わざるを得ない。日本銀行法を調べてみると、

  1. 第3条第1項では、「日本銀行の通貨及び金融の調節における自主性は、尊重されなければならない」として、金融政策の独立性について定められている。
  2. 同第5条第2項では、「日本銀行の業務運営における自主性は、十分配慮されなければならない」として、業務運営の自主性について定められている。

金融政策は「経済指標次第」が原則だが、日銀の金融政策は「官邸の人気次第」のように思えてならない。

上の表をみると、反対派の2人が今年3月と6月に任期満了となる。今後どうなることやら?

株価もマイナス金利導入時はいったん大きく値を上げたが、今は外部環境の悪さなどもあって大きく値を下げている。しかし、市場が政策の限界を察知し、世界中から本来の日銀の姿に戻すよう警告を発しているようでもある。

Photo_3

日銀総裁様、官邸に協力した金融政策を実施しても、上手くいって当たり前、もし失敗したら日銀の独立性を盾にトカゲの尻尾切りにあっても知らないよ。エッ、トカゲは尻尾を切られてもまた生えてくるって?そのくらいの執念で官邸と向かい合って欲しいものだ。

お気に入りの曲

51keblfsenl__sy355_Chet Baker and Stan Getz - Dear Old Stockholm

クールで抒情的な雰囲気が漂っている。静かに聞きたい曲だ。

 https://www.youtube.com/watch?v=0vrwwPn5EEU

2016年2月 8日 (月)

二つのアルプス

天気が良かったので、久しぶりに2つのアルプスを撮影してみた。位置関係を理解するため2~4枚の画像を合成して1枚にしたので、濃度ムラが出るのは仕方がないとしよう。

中央アルプス

松川町片桐大栢地区(オオガヤチク) から撮影

Photo

雪が積もっている山が中央アルプス。烏帽子岳(エボシダケ)、小八郎岳は中央アルプス枝尾根の山(前衛の山)で、山頂からは伊那谷、伊那山地、南アルプスの眺望が楽しめる(らしい)。

[画像をクリックすれば拡大表示される。Windows10で画面からはみ出る場合は、その画像を左クリックしたまま一番上にドラックすれば全画面表示されるハズ]

Photo_2

少し場所を変えて中央アルプスだけを撮影したもの。松川町からは最高峰の木曽駒ヶ岳(2956m)や宝剣岳の千畳敷カールなど中央アルプスの全景を見ることはできない。

南アルプス

南アルプスと平行していくつもの山が重なりあう伊那山地が手前にあるため、山頂部しか見えないが、人間の目で見る範囲雄大である。カメラでは平面的な描写になるので雄大さは半減してしまう。

松川町大島増野地区から撮影

Photo_3

高森町旬彩館前から撮影

Photo_5

荒川岳の3山(東岳・中岳・前岳)と赤石岳は見ることができない。

お気に入りの曲

The_mambo_kings

Los Lobos - Beautiful Maria Of My Soul   

ラテン調のリズムだがロマンティックな曲。ええじゃないか!

https://www.facebook.com/video.php?v=311453812212651

2016年2月 5日 (金)

2倍のエネルギー

最近、タレントのBや元スポーツ選手Kの不祥事が報道され、ワイドショーの材料には事欠かない状況である。過去の名声や栄光はその人が築き上げた財産であり、大切にしなければならないものである。しかし、チョット気を許すとそこに大きな落とし穴が待っており、過去の名声・栄光は一瞬にして消えて行ってしまう。そこで、いったん失くしたものを取り戻すことの難しさを考えてみた。

①物を失くした(落とした)場合

これは、“見つかる、見つからない”の世界で、元を100とすれば“100 か 0”である。結果によって、「ああ良かった」か「まぁしょうがない」で済まされる。

Photo_3

(見つかっても、傷んでいたり、欠損していた場合は100にはならないが、かたいことは抜きにして)

②人気、成績、信用などを失くした(落とした)場合

この場合は、失った分だけ取り戻せばいいという単純なものではない。元に戻すには非常に大きなエネルギーを要する。100あるものを50%ダウンさせたら50 になる。そこから50%上昇させても75 にしかならない。元に戻すためには2倍(100%)上昇させなければならない。

Photo_5

一般社会において、一旦落ち込むと「自分はこれだけ頑張っているのになかなか元の自分に戻れない」と思うことがあるが、客観的にみれば上の図のように2倍の努力をしなければならないのである。つまり、元に戻すエネルギーが不足しているのである。

立ち直ることの難しさを客観視できるツールを使う(考え出す)ことで、まだまだ努力が足りないと知ることができ悲観論に陥ることはないと思う。と偉そうなことを書いているが、どれだけが2倍以上の努力なのかを知るすべがない。まぁ、人間として基本的なことをコツコツと継続していけばいんだろう.........。

お気に入りの曲

41hyni2klbl__aa160_

Sonny Rollins ,Tennessee Waltz

ロリンズにしては珍しいポップな曲。バリバリのアドリブは健在だが、哀愁感が感じられる演奏はさすがベテラン。

https://www.youtube.com/watch?v=yKvu9Ny51NA

2016年2月 3日 (水)

目指せワンストップ医療

医薬分業

医薬分業になった経緯とか目的とかは別にして、そのシステムで何かいいことがあっただろうか?

Bg_hospital

  1. 本来病院でもらえる薬を、わざわざ、外部の薬局でもらわなければならない。⇒病院と薬局は独立した関係であるため、薬局は病院と同じ建物や敷地内に併設することはできないため。 
  2. 薬代が高くなったように感じる。⇒薬局の調剤基本料、薬剤服用歴管理指導料など余分にかかっている?
  3.  薬剤師が薬について説明をしてくれるが、大した内容ではない。⇒製薬会社の薬の説明書通りの内容で、個人でも調べれば分かる程度。
  4.  医薬分業は、医師が必要以上に多い薬や高い薬を処方して利益を追求することを防ぐことを目的としているが、まるで実感がない。⇒院外の薬剤師が医師に異議申し立てできるわけない。(なので医師の処方通りの薬になっている。また、病院側の指示で後発品不可のチェックが入っていればジェネリック医薬品への変更はできない)
  5.  院外薬剤師による処方のチェックなど余計な作業だ⇒病院内であれば、電子カルテ等の医療情報システムを通じて一連の患者情報が正確に確認できる。ある意味これが一番重要かも知れない。医療情報は外部には出せないので町中の薬局で正確なチェックができるハズがない。医薬分業は時代遅れのシステムと断言する。 

今は、ワンストップサービスの時代だ(一度の手続きで、必要とする関連作業がそこですべて完了できる)。買い物にしても、そこに行けば日常生活に必要な商品や関連するすべての商品がすべて買うことができるワンストップ・ショッピングが実現されている。

 

身体の調子が悪いから病院(外来診療)に行くのに、なぜ薬をもらうために病院を出て行かなければならないのか? お年寄り、車椅子の人、骨折している人、瞳孔を広げる散瞳薬を点眼した人などは歩くのも大変だ。その間にケガや事故に遭遇したら誰が責任をとるんだろうワンストップ医療が目指すべき医療ではないだろうか。

Kansetsutsuu_koshi

病院の都合だけでなく、患者(お客様)の利便性を重視したシステムを構築して欲しいものだ。医者は偉い人で、患者をみてやってるという上から目線がチラつく。だとすれば、医者の心の診断・治療が必要だ。

お気に入りの曲

51kzfjlikl__ss280_2
セント・ジェームス病院 St. James Infirmary

多くのミュージシャンが取り上げている有名な曲。やっぱりサッチモ(ルイ・アームストロング)のバージョンが一番味がある。

https://www.youtube.com/watch?v=VMZPdAlgWvY

2016年2月 1日 (月)

大臣の辞任に思う

甘利経済再生相が1月28日辞任した

Photo

釈明会見かと思っていたら、最終的には辞任会見であった。自己のこれまでの実績やらを述べ、今回の不祥事を秘書の責任にすることは自分の人生哲学や美学に反するとして、最後に辞任の意向を発表した。

過去を振り返っての自慢話や愚痴は聞き苦しいことこの上ない。『すべては自身の不徳の致すところ』としていさぎよく立ち去るのが美学である。敗軍の将、兵を語らずだ。

今回の辞任劇を見ていると、韓非子(著者:守屋 洋)を思い起こす。

 

l 自分が忙しいので、秘書にすべてを任せていたとのことであるが、「部下というのは、隙あらばと、トップやリーダーの出方をうかがっている。彼らの動向には、くれぐれも警戒を怠ってはならない。うっかり気を許すと、たちまち地位を脅かされてしまう。」

 

l お金を受け取ったのは事実と認めたも、「欲に目がくらんで利益ばかり追求すると、国も自分の身も共に滅ぼしてしまう。」「貪愎(たんぷく)にして利を好むは、、即ち国を滅ぼし身を殺すの本(もと)なり」

 

l 人間を動かしている動機は何か、愛情でも思いやりでもない、義理でも人情でもない。ただ一つ、利益である。人間は利益によって動く動物である。

 

一種の性悪説でもあるが、世の中とはこれぐらい気を付けないと足元をすくわれるということか。

 

公式会見の後、「いい人とだけ付き合っているだけでは選挙は受からない」と発言した。これが美学と言えるのか。政治家である以上、様々な利害関係が行きかうのは当然だが、政治家としてのモラルがあるならば、付き合っていい人と悪い人ははっきりと区物し、毅然とした態度とるべきである。処世術と美学を混同してはいけない。政治家にモラルを求めてはいけない社会は何だか悲しいね。

大多数の人が、国会の前に集合して、「大臣、悪い人との付き合い方を教えてください」なんて大合唱したらますます窮地に陥ることになる。「口は禍の元」気を付けよう。

お気に入りの曲

Photo何だかボヤキ調になってきたので、威勢のいい曲を聞いてみよう。

FREDDIE HUBBARD - Open Sesame

フレディ・ハバートの淀みのない透きとおるようなトランペットとティナ・ブルックスのやや泥臭いテナー・サックスの演奏が印象的だ

https://www.youtube.com/watch?v=Mfes2Wptxx8

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »