« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月25日 (月)

リンゴの摘果作業 2015_003

Mさん宅の農場でリンゴの摘果作業の仕事を頂いている。非常に広いりんご畑だ。他の方々と力を合わせ、とにかく目の前のりんごの樹1本1本をこなしていけばゴールは近づいてくる。「人間は作業をすることで元気になれる」この標語を思い浮かべ頑張ろう!!

≪農場からみる南アルプス

塩見岳(3047m)

Dsc03998_2

山名の由来は、山頂から海が見えるからという説や、山麓に塩の産地があるからという説がある。(Wikipediaより)

仙丈ヶ岳(3033m)

Dsc03999

山容は比較的穏やかで「南アルプスの女王」と呼ばれている。

≪軽トラのオープンカー&赤いマシン≫

Dsc03990

軽トラの上部をカットしたオープンカー(果樹園専用)とスピードスプレイヤーと呼ばれる魅惑の赤いマシン。薬剤散布用でSpeed Sprayerの頭文字をとって、通常エスエスと呼ばれている。

≪巨大リンゴ≫

Dsc03941

2階デッキに巨大リンゴが鎮座。いったい誰が作ったんだろう?

≪サクランボ≫

Dsc03918

ハウス内のサクランボが赤く色付き収穫時期が近くなってきた。

≪姫りんごの幼果

Dsc04014

姫りんごは、りんごの花粉供給用の授粉樹として使われることの方が多い。花がきれいなので観賞用としても最適のようだ。

≪友情出演の「クロちゃん」

Dsc03950_2

私の仕事は農園の見張り役。ペット道を極めているだけやないんやで。

≪あの鐘を鳴らすのは........

Dsc04013

幸せの鐘?あの鐘を鳴らすのはあなた。かも?

≪銀杏の葉

Dsc04018

若葉の緑が鮮やか。何事も若いっていいもんだ! しかしだ、枯れる直前の紅葉も人を魅了する。願わくば、小生も枯れる直前に感動を与える人になりたいものだ。

音楽の世界では、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(Buena Vista Social Club)のようにキューバの老ミュージシャンが名演奏と歌唱で世界に名をはせ、世界ツアーやカーネギーホールで公演をするようになった成功例もあ。彼らの演奏テクニックは素晴らしい。その1曲Chan Chan。

https://www.youtube.com/watch?v=tnFfKbxIHD0

人生、どこでチャンスにめぐり合えるかわからない。だから、きっと明日はいいことがあると信じ、希望を持って生きよう。

スライドショー

2015年5月22日 (金)

逆さ虹

≪逆さまの虹≫

Mさん宅のりんご畑で摘果作業中に出現した虹

Dsc03978r_2

オットット、なんだこの虹は。虹のアークが逆さまではないか。一緒に作業をしている女性陣(Ladies)は「何かいいことがあるのかな?」なんてロマンチックで夢のある会話を。それに比べて小生は「アレッ、逆さまの虹」と疑問に思うだけ。純な連想の気持ちは何処へ行ってしまったんだろう(笑)

レインボーと言えば、

ジュディ・ガーランドの「Over The Rainbow」(虹の彼方に)

https://www.youtube.com/watch?v=PSZxmZmBfnU

Somewhere over the rainbow,way up high .............♪♪ 

幸せの小さな青い鳥は、虹を超えて(あなたの)所へ飛んで行くのに、どうして私にはできないの? ロマンチックさがたまらない。

ピーター・ポール&マリーの「Gone The Rainbow」(虹と共に消えた恋)

https://www.youtube.com/watch?v=aAKzg5fqSqg

Siúil, siúil, siúil a rúin Siúil go socair agus siúil go ciúin .............♪♪

ジョニーは兵士となって行ってしまったという、反戦めいた歌。

何か懐かしい気分になってきた。今晩は、Over The Rainbowを聴いて寝るとしょう!!

2015年5月19日 (火)

畑作業

畑がにぎやかになってきた。いろんな種類にチャレンジしているが、はてさてうまく収穫できるかな?少し心配な気持ちと、何とかなるさという気持ちがハーフ&ハーフ。

ジャガイモ&タマネギ

Dsc03836r_3

順調に育っている。6月中旬あたりの収穫が楽しみになってきた。

ブロッコリー

Dsc03844

通常のブロッコリーのほかにアスパラ風味の茎ブロッコリーにチャレンジしてみた。

エンドウ

Dsc03832r

豆が大きくなる前に若取りし、さやごと食べる“さやえんどう”絹サヤ」。丸々と太った豆を1粒として食べる「グリーンピース」。実(豆)、サヤ、どちらも食べることができる「スナップエンドウ」

キャベツ&ビタミン菜

Dsc03846r

キャベツは青虫の被害も少なく期待できそう。ビタミン菜はビタミンAが豊富な野菜。

エダマメ&インゲン

Dsc03859r

ニラ&サトイモ

Dsc03864r

ニラは昨年種まきしたもの。サトイモが黒マルチを突き破り元気に育ってきた。

ミニトマト&キューリ&パプリカ

Dsc03908

パプリカはレッド、オレンジ、イエロー。トマト、キューリは支柱とネットがこれから必要。

ブルーベリー

Dsc03906r

実がなる頃には、鳥や蟻の餌食になる。今年はハッチ君に頑張ってもらおう。

ベビーリーフ

Dsc03893r

プランター栽培。年に何度も栽培できるので、サラダ用に重宝している。

畑の花

Dsc03875r

エンドウ類の花だが、グリーンピースとスナップエンドウの花は区別がつかない。

ハナショウブ、アヤメ、カキツバタ?

Dsc03873_2

畑には、この他レタス、ホウレン草、コカブ、ニンジン、アスパラガス、ナスビ、トマト、大根、短径自然薯、、ネギ、スイカ、マクワ、カボチャなどがあり管理が大変。連作障害を防ぐため、春・夏野菜から秋・冬野菜への作付け計画が頭を悩ませる。

Photo_2

畑作業はとにかく腰がつらい。こんな時はLOU DONALDSONの Blues Walkを聴くことにしている。なんとなく元気が出てくる。 

https://www.youtube.com/watch?v=wwO5TZdNWok

2015年5月16日 (土)

行動計画

Hさん宅の農場から≫

りんごの畑の手前につつじが満開。快晴とまではいかなかったが、空の青さに負けないつつじが感動的であった。↓

Dsc03816_2
花木の女王と呼ばれるシャクナゲ↓ もしかして、シャクヤク(区別がわからない?)

Dsc03815_2
仙丈ヶ岳(3033m 南アルプス)を背景に2本の木が存在感を示していた。↓

Dsc03818_3
≪人生の価値観≫

「人生の価値観」というものは、自分が置かれていた環境で大きく変わる。組織に属していた人とそうでない人、都市部で育った人とそうでない人、情報が飛び交う時代で育った人とそうでない人。これらの環境下において、人が経験・体験する内容は大きく異なる。したがって、人が抱く価値観は様々なものがあって当然である。

人が成長するため、人生を価値あるものにするためには、一面的な価値観だけでなく様々な価値観を容認できるようになることが重要である。ただ、これは理想であって、現実は自分の我が邪魔をして他人の価値観を容認することは難しい。

こんな未熟な自分であったため、最近チョット嫌なことがあった。話題にしていた内容が相手とかみ合わず、価値観の相違で物別れに終わってしまった。

「偶発的な出来事の積み重ねで、結果がもたらされるのではない。自分の発言や行動が原因となり、必然的な結果がもたらされる」 このことをもう一度考え直してみよう。

フランクリン・プランナー提唱の最重要項目を達成するための4つのステップ

生産性のピラミッド

Photo

日暮し的な生き方でなく、行動計画を立ててそれを実践する。

なんだか哲学的になっていかん!!

2015年5月14日 (木)

りんごの摘果作業始まる

りんごの花から幼果へ≫

りんごの蕾

Dsc03693
蕾が開いて花へ

Dsc03826

花びら(花弁)が散った後の花托(かたく)…華やかさがなくなりチョットさみしい

Dsc03819_2
花の下にあったがく片が内側に向かって閉じ、花托(かたく)が発達して果肉となり、やがておいしいりんごになっていく。なんだか、りんごが食べたい気分になってきた。

Dsc03812_4

≪美味しいりんご作るために必要な摘果作業≫

りんごはひと株に5~6個の花托と呼ばれる幼果があり、中心の幼果だけを残して、まわりは取り除いてしまう。こうすることで残った幼果に養分が注がれ美味しいりんごができる。この摘果作業をしなければ果実はたくさんできるが、商品価値のない小さいりんごになってしまう。また、りんごの木自体に負担がかかり、翌年に実が着かなくなってしまう。

Gsc_0012r

摘果の風景

Dsc03796_2

Dsc03804

人が作業をしている風景は写真に映える。人は作業をすることで元気になれる!

松川中学生がりんごの摘果作業を体験

Dsc03814

作業が終わったあとで、無理やりポーズをとってもらった(笑)

おまけ

1本が2本に Dsc03808r

ダメよダメダメ(松川北小学校側道) 

Dsc02310_2

ゴミは家に持ち帰りましょう。Take your trash home with you.

2015年5月10日 (日)

くだものの里

くだものの里まつかわが本格的に動き出した。果樹に花が咲くと何だか心がウキウキしてくる。この時期の松川町は本当に素晴らしい。一度おいでなんしょ!!

≪モモ≫

遠くから見ると桜と間違えるほどきれいなピンク色の花が咲く。

Dsc02261
Dsc02264
一般的に、花が咲く順序は梅⇒桃⇒桜なのだが、品種によって桃と桜の順序が逆になる場合がある。梅、桃、桜を花びらの形で見分けると下のようになるようだ。

Photo

≪ナシ≫

ワイヤーを張った棚が白い梨の花で飾られ、中央アルプスの残雪とよくマッチする。

Img_3752
Img_3739

≪リンゴ≫

道路のすぐ側にあるりんご畑。「ふじ」(品種)は蕾の時は先端が淡いピンク色だが開花するにつれ花びらに白色に変わっていく。花びらの裏側がピンク色ということか?

Dsc03749

Img_3754
≪風車≫

蜂の風車。鳥とかモグラ対策としての効果は?だが、とにかく可愛い。見ていて飽きがこない。買ってよかったと思う商品だ。右の2つはペットボトルで作った風車。もっとデザイン性を高める必要がある。

Dsc03698r

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »