フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

今年最後のどうでもいいこと

≪昨日の検証≫ 

1.≪大納会日は、株価・日経平均株価が上昇する事が多い≫

これは見事にはずれた。結果は前日比-279円の大幅続落。慣例とか通例とかを信じるとエライ目に合わされる。背景を考えれば、年初と比べると+1,541.89円値上がりした達成感からか利益確定売りが膨らんだようだ。それともアベノミクスに対する今後への不安からかな?

Photo

2.≪この株今後どう動く≫

26日にボリンジャーバンドの上端を突破した銘柄の、2営業日後の動きは?

R

ヒマラヤ…29日:987円(+18)、30日:991円(+4)で上値が抑えられているが、連続上昇している。いずれ窓を埋めるため下がってくるかもしれないのでその時点で参入してもいいかも。 

ノーリツ鋼機…29日:669円(-28)、30日:667円(-2)で連続下落。但し、ほぼバンド上端で下げ止まっている。急上昇した銘柄は、バンド上端あたりまで下げてくるので2~3日様子見した方がいいのかな。 

≪2013年度地方公務員の年収≫ 

12月28日東洋経済オンラインにて、2013年度の地方公務員の年収に関する興味深いデータがあった。http://toyokeizai.net/articles/-/56948

 以下は抜粋

Photo_2

県別で長野県は47都道府県のうち33位。

Photo_3
市町村別で長野県のトップは上田市、以下長野市、松本市、飯田市の順。 

県別及び市町村別のランクをどう判断するか。平均年齢が異なっていることと、公務員とやらを経験したことがない自分には正直何とも言えない。

10月7日付けの「地方公務員の給与改定等に関する取扱いについての総務副大臣通知」でこんな記載がある。

「地方公共団体における職員の給与改定を行うに当たっては、地方公務員法の趣旨に沿って適切に対応すること。その際、厳しい財政状況及び各地方公共団体の給与事情等を十分検討の上、既に国家公務員又は民間の給与水準を上回っている地方公共団体にあっては、その適正化を図るため必要な措置を講じること」

いかにもお役所らしい言い方で、もっともらしいが実態をつかみにくい内容だ。

なんでこんなことを調べているか自分自身でも疑問に感じるが、もろもろの事を調べたりすることで知識が増え、頭の活性化ひいては老化防止にもなる。(多分)

2014年12月29日 (月)

日経平均と景気との関係

今回は株式について考えてみよう。

≪日経平均にだまされるな≫

Photo

日経平均は、基本的に単純平均なので、値がさ株(株価が1万円以上の株)の影響を強く受ける傾向がある。したがって、日経平均の“高値更新=景気が良い”とは必ずしも言えない。

日経平均の構成比率1位のファーストリテイリング(9.99%)と3位のファナック(4.46%)を例にとると、株価は26日現在でそれぞれ¥45,330.-と\20,225.-。構成比率の高い銘柄が大きく上昇すれば当然日経平均も大きく上昇する。但し、ファーストリテイリングの株をを購入しようとすれば100株が最少購入単位のため、\4,533,000.-が必要であり、庶民にはおいそれと購入するのはむずかしい。この株に大口の投機的な買いが入れば株価は上昇し、構成比率が高いため日経平均も大きく上昇することになる。例えば、政府筋が関与している機関(信託会社など)が大量に買いを入れて株価の上昇を誘導すればどうだろう。当然、日経平均は上昇し、政府は株価が上昇しているので景気が上昇していると発表する。儲けているのは、大口の仕掛けができる機関投資家や金持ちの個人投資家だけで、一般庶民には価格的に手が出せないので素通りしてしまう。つまり何の恩恵もない。ここに日経平均=景気の実態とで差異が生まれる。このように日経平均の数字はいかようにでも操作ができる。

*ファーストリテイリングを例にとったが、実際はもっと複雑で巧妙であると思う。日経平均の構成比率の高い銘柄で操作されていることは間違いない。チョット懐疑的かな?

日経平均が高値をつけて上昇しているから景気がいい!とは必ずしも言えない。政府が公表する景気上昇の根拠と実体経済には差異がある。

12月8日発表のGDP改定値、年率1.9%減 設備投資を下方修正もうなづける。

≪大納会日は、株価・日経平均株価が上昇する事が多い≫

明日は大納会(=1年間の取引の最終日)。大納会日の株価上昇の理由として、12月は税金対策のための損失確定、6月・12月決算の企業における権利落ち日の直後などで売りが多くなり株価が下落する傾向にある。しかし、大納会当日は、それらの売り圧力が一段落するので、株価が上昇しやすい傾向がある。(wikipedia等より)

ただし、リスク回避の為に手仕舞い売りをするトレーダーも多いので、必ずしも大納会の日に株価が上昇するとは限らない。

こんな但し書きがあるといったいどっちなんだと頭をかしげてしまう。

≪この株今後どう動く≫

Photo_2

12月26日終値のテクニカルスクリーニングでボリンジャーバンドの収斂から上向き突破の銘柄を抜粋。左上のヒマラヤは29日に決算発表予定だが、それ以外のニュースはなし。特定の筋に情報がもれているのか?右上のノーリツ鋼機はペン先の製造で世界最大手のテイボー(浜松市)を2015年1月23日付で買収すると発表しストップ高をつけて急上昇。この2銘柄、翌営業日(12月29日)はどうなるかな?

2_3

12月29日の終値。ヒマラヤは+18、ノーリツ鋼機は最高値を付けた後下落して-28。どちらも陰線で引けている。本日は全体的に利益確定の売り圧力が強かったのでもう少し様子を見た方がよさそうかな?明日は大納会日、定説どうり上昇となるか?

続きを読む "日経平均と景気との関係" »

2014年12月25日 (木)

静かなクリスマス

サンタは何処にいった

ジングルベルの音が聞こえてこない。イルミネーションで輝くレストランが見当たらない。ましてや家の周りをイルミネーションで派手に飾りつける民家を見かけることはない。隣町にあるスーパー内のマグドナルドでも店員さんがサンタの赤い帽子をかぶって雰囲気を盛り上げるわけでもない。都会ではあちこちでジングルベルが鳴り響き、人々がうかれまくっていた光景が懐かしい。少しさみしい気持ちもあるが、これが本来の日本の年末なのである。原点回帰!これも重要。

Xmas0805
長野県ではサンタの創庫という会社の社長が破産手続きをめぐる不正問題で巷を騒がせている。こんなサンタは困ったもんだ。サンタさんは世間を幸せにしてくれなければ。

野菜の霜枯れと成長

今の時期、畑で行うべき作業は何もなく、ただ見守るだけ。ハクサイ、ニンジンはだんだん枯れていって少々さみしくなってくる。11月上旬までは野菜も順調に育っていたが、それ以降は寒さのせいで成長の進度がグンと遅くなった。 

Dsc01587rr

ハクサイとニンジン(霜枯れしてきている)

Dsc01588r

右側は3週間遅らせて種まきしたハクサイ。寒さで成長が遅い。

Dsc01574r_2

グリーンピースとサヤエンドウ(寒さに負けず頑張れよ!)

Dsc01585r_2

キャベツは立派に成長。ブロッコリーはチョット成長が遅い。

Dsc01583r

タマネギ(左)、ニンニクは一部寒さで枯れているが、何とか育つことを期待。

2014年12月21日 (日)

インスタント麺

袋麺の人気と地域制

「一番好きなインスタントラーメン(袋麺)のブランドは」という調査が@nifty何でも調査団にて報告されている。

http://chosa.nifty.com/gourmet/chosa_report_A20120810/9/参照

Photo

この調査、地域性がよく表れていて面白い。そこでこの地域差を独断と偏見を持って考察してみた。

Photo

サッポロ一番…地域差がなくまんべんなく人気がある。コメントのしようがないわな。 

チキンラーメン…関西で人気。煮込んで1分、すぐ食べられる。せっかちな関西人にピッタリ。太麺とかまるで生麺というのはほぐれるのに時間がかかるのであまり好まれない。あくまでもインスタント(即席)にこだわっている。 

マルちゃん正麺…北海道で人気。北海道では生麺のような味と食感の麺が好まれるのか? 

明星チャルメラ…北陸・甲信越・東北で人気。スーパーでの価格がいつも他より安い。好みよりも実利優先なのか。ちなみに明星食品は2006年12月に日清食品グループになっている。 

ハウスうまかっちゃん…九州でダントツ。九州のこだわり「とんこつ味」と、福岡の言葉「うまか」を合体させたネーミングが九州もんの魂をくすぐっているのか?。九州のソウルフードか?ハウス食品は大阪なんだけど....... 

インスタント麺は東西でスープの味が違う

これは事実で、日清食品のホームページに記載されている。

http://www.donbei.jp/kodawari/index02.html 参照

Photo_2

東西分けをしている製品は、袋めんの「日清のどん兵衛 生うどん食感」「日清ラ王 豚骨」、カップめんの「日清のどん兵衛 きつねうどん」「日清のどん兵衛 天ぷらそば」「日清のどん兵衛 カレーうどん」

「日清のどん兵衛 きつねうどん」の場合、東日本向けは「カツオ」だしが基本味、西日本向けは「昆布」だしの割合を多くしている。

製品のフタ等に (E) または (W) と記号を表示している。(E) は東日本向け、 (W) は西日本向け。

味の境界線 は中部地区 (原則として岐阜県関ヶ原) を境界線としている。ここより東 (愛知県、岐阜県、三重県を含む) を東日本向け、ここより西 (福井県、富山県、石川県、を含む) を西日本向けとして販売している。

タマネギ用の黒マルチが風に飛ばされて

今日、畑にカブとほうれん草を採りに行ったら大変なことがおこっていた。タマネギの苗を植えている黒マルチが強風のため、完全にめくれあがっていた。カメラがを持って行ってなかったので証拠写真がないのが残念。

Dsc01265_2

タマネギの苗を元通りの穴に納まるように合わせるのに一苦労。これは経験者でないとわからないだろうな。天竜川沿いはしばしば強風にみまわれることがある。

2014年12月18日 (木)

芸能界の不思議

芸能界へのボヤキ

自らの病気をネタにCMに出たり、過去に自らが犯した罪を売り物にする芸能人がたくさんいる。それらは節操がないと思う。CM製作会社、TV局、プロダクションなどからの要請があったにせよ、もう少し自身の立ち位置を考え謙虚な姿勢を貫いてもらいたいものだ。それがお金になるといってしまえばそれまでだが、何か情けなく感じる。それにマスコミもそれをあおるように浮ついてしまっている。バラエティ番組ばかり作っているせいか本来のマスコミ精神もどこかに行ってしまっているヨーダ。地上波TVはバラエティ番組のオンパレード。BSやらCS放送で過去のドラマや映画に人気があるのも納得できる。こんなことを一度ボヤイテみたかったが、嫌われるかな<(`Δ´)なんだとー!>

Even2402

STAP細胞再現できず

小保方晴子氏自身が参加して行われたの検証実験でもSTAP細胞は作製されなかった。人の組織や臓器を修復する再生医療に期待されていたが、中間発表を受けてその可能性は大きく後退した。小保方氏が検証実験に参加することで、もしかして存在するのでは?の期待を持っていたが残念としか言いようがない。記者会見で涙を流しながらSTAP細胞は存在しますと訴えていた映像と照らし合わせると、あれはなんだったのか。ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!! 

Jiken

本日の風景

昨夜雪はあまり降らなかったので、心配していた今朝の雪かきは路面をなでる程度でスイスイと終わった。積雪は松川町より名古屋市内の方が多かったようだ。

Dsc01565

南アルプス

Dsc01561

中央アルプス(雲がかかってよく見えない

2014年12月17日 (水)

雪かき&スポーツよもやま

今年初の雪かき

昨日から降り出した雪でこの冬はじめて道路の雪かきをした。10cm程度の積雪だったので特にしなくてもよかったのだが、始める方もいたので一緒に作業。長野の北部はすごい積雪だけど南信州はそれほど降らないので助かる。明日の朝3時まで降雪の予報があるので明日が本番になるかも。

Dsc01556

日本サッカー協会よお前もか!

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督がスペイン検察から八百長疑惑で告発された。日本サッカー協会(JFA)は独自の情報収集を進めることを明らかにしたが、何とも歯切れが悪い。先日のバスケットボール問題と同様組織としての決断力、統率力のなさに落胆せざるを得ない。年明けにアジアカップが迫っており、来夏にはワールドカップ予選がスタートするというのに........。

 Photo

選考した側の責任とかメンツを重んじている場合だろうか。プレーする選手の気持ちを重んじるのであれば、告発された事実を真摯に受け止め、辞任を促すか、解任するか早急に事態の収拾を図るべきである。トップレベルの選手同士の力量は紙一重で、メンタル面のプラスマイナスで勝敗が決する場合もある。したがって、マイナスとなる要素はなくすべきである。

日本人の習性である(組織防衛の)仲間意識や相手(アギーレ監督)への思いやりは国際感覚的にはこの場合は不要である。ビジネスと同様ここ一番での毅然とした決断力を期待する。

蛇足だが、個人的にはサッカーよりも野球が好きである。プロ野球では福岡ソフトンバンクホークスのファン。ここ長野県にいるとホークスの情報はほとんど入ってこない。何ともさみしいかぎり。スポーツといえば松本山雅FC、ニュースは長野県内のニュースがほとんど。とはいえ、松本山雅FCのJ1昇格バンザイ!

速球派投手攻略のためのポイント

草野球をみていると面白い。遅いボールでも速いボールでも打者は同じタイミングでバットを振っている。これでは速いボールには振り遅れてしまう。監督はバットを短く持ってコンパクトに振れと指導する。間違いではないが、これでは足りない。ポイントは構え遅れないこと。

 Photo_2

①始動を早めにする⇒投手の投球モーションを確認し、足を上げるタイミングを計る(一般的には軸足と反対の足を早めに上げる 

②バットの振りをコンパクトにする⇒スイングする直前の動き(上下動など)を少なくする(バットを上に立てていたら斜めに構えるようにする) 

③目の移動を少なくする⇒高い姿勢で構えていたらスイングする状態の高さで構える(少しかがんだ姿勢) 

④スイングスピードを速くする⇒バットを短めに持つ

何事も漠然でなく、自分でどうすればいいかを考える習慣を持つことが大事なんだ!わかっているけどなかなか実行できない。これもまた人生。

2014年12月15日 (月)

どうでもいいことだけど.....

どうでもいいことを書き綴ってみた

衆院選が終わった。政権の選択といういテーマ性もなく自民党の地盤固めのための選挙であった。閣僚も全員が留任との噂もあり、ますます何のための選挙だったのかなと思ってしまう。庶民の暮らしに何かプラスの変化が生まれるますように! 

難しい話はさておき下の写真の猫のようにウツラウツラ居眠りでもしてのんびり暮らすとするか。

2

3

なぜ、猫は日の当たる場所でよく眠るのか? 

マイナビニュースによると、「これは紫外線により体でビタミンDを合成していると考えられている。皮膚から毛皮に皮脂が分泌され、それを毛づくろいすることで口で摂取することができ、必要な栄養素を補っている。」ホントかな? 

しかし、猫のようにのんびりしているわけにはいかない。畑作業やら奥方のアッシー君なんかで何かと忙しい。 

電柱のカラスも忙しいらしく、かっこよく飛んで行った。

Photo

電線にとまっている鳥はなぜ感電しないのか?

東北電力によると、「電流は電圧の高低差がないと流れない。1本の電線にふれているだけだと電圧の高低差がないので、鳥は感電しない。」

ただし、羽をひろげた時などは、2本の電線に同時に触れたり、電柱上の金具などにふれたりした場合は感電することがある。

Photo_3

2014年12月12日 (金)

りんごの収穫終了&ふじ祭り

≪収穫後のりんご畑≫

Dsc01460
収穫が終わったりんご園。アッというまに葉っぱだらけ。世の中の仕組みと同じで長い時間かけて成長しても失ったり散っていくのは寸時。余計なことを考えずにその瞬間そのシチュエーションの感激を味わって生きるのがベターかも。

Dsc01512
葉っぱが黄ばんで最後まで残されたりんごを発見。収穫が遅れると蜜の多く入った果実は軟質化しやすく、また、内部褐変(中が茶色く変色)を起こしやすいのでチョット心配。

逆に早すぎると貯蔵後にビターピット(黒くへこんだ斑点状が出て食べると苦い)及び貯蔵やけの発生が起きるらしい。収穫時期は大事なんだ!!

Dsc01479

小さくて商品にならないため、収穫されずに残された柿。仲間が去って行った後でポツンと頑張っている。なにかいじらしさが感じられる。

≪まつかわまちふじ祭り≫

蜜がたっぷりと入ったりんご「ふじ」の収穫祭! 贈答用や自家用のふじりんごの特売が12月7日(日)松川町中央公民館駐車場にて行われた。

Dsc01492

Dsc01501r

Dsc01498r
地元はもとより県外からも多数の来場者があるとの説明があり、開催者は自慢げであった。

個人的な見地ではあるが、県外からの来場者をもっと増やしより発展的に考えるなら、風光明媚な地の利を活かし南アルプスと中央アルプスが一望できる場所で開催すべきではないか。りんごだけでなく眺望も売り物にすればリピーターはもちろん口コミで新規者も増えると思う。

Dsc01515_2

南アルプス(パノラマ写真)
Dsc01474_2
中央アルプス

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »