« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月16日 (木)

 “心に残る言葉”

≪人は作業をすることで元気になれる≫

先日、飯田市立病院のリハビリ待合室でこんなポスターを見かけました。

Photo 

特に、ロゴの人は作業をすることで元気になれる」が心に響きます。何にもしないと体が鈍り、そのうち元気もなくなってしまう。単純な言葉ですが実にナイスな言葉です。

同じ日本作業療法士協会でこんなポスターも見つけました。

2_2

「作業」とは生きること。これもナイスな言葉です。

この協会のガイドを調べていたら、

Q:作業療法って何?

A:「こころ」と「からだ」のリハビリテーション です。

最近、「こころ」も「からだ」も痛んでいるようだし、リハビリが必要なのかな.....? とつくづく感じさせられました。

「いい言葉に出会うと、人は元気になれる」なんてね。





心に残る言葉といえば、前に紹介しました
飯田市元善光寺の先代住職が書いたとされる張り紙「つもり12ヶ条」が思い出されます。

『つもり違い12ヶ条』  

          高いつもりで低いのが教養

          低いつもりで高いのが気位

          深いつもりで浅いのが知恵

          浅いつもりで深いのが欲望

          厚いつもりで薄いのが友情

          薄いつもりで厚いのが面皮

          強いつもりで弱いのが根性

          弱いつもりで強いのが自我

          多いつもりで少ないのが分別

          少ないつもりで多いのが無駄

          長いつもりで短いのが青春

          短いつもりで長いのが老後     

どれもこれも思い当たることばかり。

≪凍霜害≫

長野県では、低温と霜で農作物の被害が出ています。特に、リンゴやナシなど果樹への影響が大きく、凍霜害としては過去20年で最大規模という。
ナシ、りんご、柿の栽培が盛んな松川町では、4月の凍霜害による町内の果樹の被害額2億7300万円余と発表。ナシやリンゴが実を付ける時季を迎え、本来なら付くはずの実が付かないといった被害が出ている。

ナシの「南水」「二十世紀」などでは花のめしべが枯れるといった被害が確認され、被害額は約1億6700万円と見込んだ。リンゴの「ふじ」「つがる」なども同様の影響を受けており同約9400万円。芽が枯れた柿は同1200万円に上る。

 

2013年5月 3日 (金)

南信州の方言

≪南信州伊那谷の方言≫

南信州に来て、一年半になりますがこちらの言葉(方言)でなんだか違和感を覚えたり、意味が解らなくて困ったことがあります。記憶をたどってみると......

Img_0547

行ってきました

下校中の小学生に出会い、「お帰り」と声をかけたら「行ってきました」の返事。なんだか変。(・_・)エッ....?・・・ 普通は「お帰り」に対し「ただいま」なんだけど......。「行ってきました」と返されたら「あっそう、よかったね」になっちゃいそう。

いただきました

食事が終わると、「ごちそうさまでした」が一般的なんだけど、こちらでは「いただきました」になります。意味的には間違っていないのですが、やっぱりなんだか変。( ´_ゝ`)フーン

まめにしとったか

しばらく会わなかった人から、「まめにしとったか」と言われて、「はい、畑仕事に励んでました」と返事をし、「それはよかった」と返されました。一応会話は成立しましたが、意味が全く違っていました。私はまめに何かをコツコツとやっていたのですか?と解釈したのですが、こちらでは「元気でいたか」の意味でした。

その他

「ときそのままにしておいて」…とりあえずそのままにしておいて

「あいつはずくがない」…面倒くさがりやだ(なまけものだ)

「このリンゴ箱さら買ってきたに」…箱ごと買ってきたよ

「大雨でぼたがくんだ」…斜面が崩れた (これはさっぱり解らない)

「ごめんなんしょ」…お邪魔します  (これは何となくわかる)

「休んでくんなんしょ」…休憩してください (これも何となくわかる)

≪チョット株式≫

「日本の個人投資家の7割は負け」

「平均投資額1,775万円に対し、平均時価は1,249万円(28.7%の損失)

昨年の7月、こんな記事を見かけました。詳しくは下記へリンクの上確認して下さい。

(マウスで右クリック後、新しいウィンドウで開いて下さい)

http://kojikisokuhou.doorblog.jp/archives/12502010.html

現在はアベノミクス効果ともてはやされていますが、はたして実態はどうなんだろう?

昨年7月25日の日経平均株価は、8,328円で、現在5月2日は13,694円。

実に64%以上の上昇となっています。

01_2 

この事実から判断すると、確かにアベノミクスは効果を十分発揮しているといえます。ただ、現在は期待値として上昇している感があり、実体経済を伴っていないとも言えますのでまだまだ予断を許さない局面です。

株価は景気の先行指数という格言があります。この格言通りになるよう期待しましょう。

当方の田舎にその恩恵がもたらされるのズットズット後だと思いますが、気分だけでも先行して味わいたいものです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »