« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月23日 (金)

りんごの収穫作業

≪りんご…サンふじの収穫≫

りんごの収穫を手伝いました。

Gsc_0037

Photo_3

りんごの栽培には、果実に袋をかけて栽培するものと、袋をかけないで栽培する方法があります。袋をかけないで育てるのが“サンふじ”、袋をかけて育てるのが“ふじ”です。それぞれ次の特徴があります。

袋をかけないで栽培するりんご(サンふじ)

【メリット】

 光を十分に浴びるため糖度が増す 

②豊潤でコクのある味  

③ビタミン・ミネラルが豊富になる 

【デメリット】

①風雨にさらされるため表皮が荒れる

②色がくすんだり、色むらができやすい

袋をかけて栽培するりんご(ふじ)

【メリット 

 袋を外した後に鮮やかに着色する 

病害虫の被害が少ない

滑らかな表皮

【デメリット】

①日光を浴びないため糖度が低い

②淡白な味

というわけで、袋をかけないりんごは「りんご本来の味」を重視した栽培方法、袋をかけたりんごは「見た目」を重視した栽培方法といえます。松川町のりんごは味で勝負していますので、日光をたっぷり浴びた“サンふじ”が主流です。

サンふじの収穫期の11月はほとんどに蜜が入っております。蜜は収穫後少しずつ果肉に吸収され、12月下旬から1月にかけて見えなくなってしまいます。蜜の入ったサンふじはたいへんおいしいですよ!!

≪りんごの収穫で注意すること≫ 

りんごの収穫で注意することは、つるを取ってしまわないこと。つるがないと商品価値が下がってしまうので果実からツルが取れないように注意します。
Photo
右上の写真のようにつるがないとなんとなくしまりがなく、さまにならないですね。

収穫の際、葉摘みがしてあると果実をとりやすいのですが、葉つみが行われていないと見た目が悪いだけでなくとりづらくもあります。また、葉っぱの陰の部分は赤く色づかないデメリットもあります。

Photo_2
≪農場から保管場所への移動≫

収穫したりんごは運搬車で保管する場所に移動します。

Photo_4
左は自動車タイプの高級車、右は小回りがきく電動アシストタイプです。

≪リンゴ狩り≫

家族そろってりんご狩りを楽しんでいました。うらやしい!こちらは収穫作業のアルバイト中。松川町には観光バスが乗り入れできるリンゴ狩り農場が多数あります。

Gsc_0058

≪農場から見える南アルプス≫

Gsc_0015

Gsc_0040_6

H_20
≪おまけ≫

かきの収穫作業の手伝い

2012_1102_10
Photo_5

2012年11月15日 (木)

収穫

≪さつま芋の収穫≫ 

さつま芋がたくさん収穫できました。ケース3つ分です。収穫後に少し食べましたが、甘みがいまいち。掘りたては、でんぷんが分解されていないので、ホクホクしていますが、その分甘味は少ない。1~2週間置いておくとデンプンが糖に変わり甘くなってくるらしいからそれまで待ってみよう。

1
≪ピーナッツの収穫≫ 

ピーナッツも無事収穫できました。が、食べ方が分からない。きれいに洗って土を落とした後、塩ゆでして食べましたがそれはそれでおいしいのですが、カリッとした食感がないのでやや不満が残ります。10日ほど天日干しした後、殻ごとレンジで乾燥させましたがなかなか市販されているようにカラッとはいかない。いまだ試行錯誤中です。

3

Photo_9

≪土しょうがと里芋の収穫≫ 

下の写真は収穫一部で、特に里芋は大量収穫でした。さつま芋同様保管方法を考えなければ!

Photo_2

≪長芋収穫後の穴≫                                                                          

3_8長芋はそれなりに収穫できましたが、地中1mほどに伸びていたので、相当深く掘ってやらないと収穫できない。たいへん体力を消耗する作業でした。(次回は横に伸ばすようにしよう)

せっかく苦労して掘ったんだからすぐに埋め戻すのはもったいない。で、さつま芋と里芋の保存用に使うことにしました。幸いりんごの葉摘みで知り合った方から稲わらを頂いたのでイモ達を穴に入れた後、その上にわらをかぶせた後土をかぶせるようにしました。さてさてうまく保存できるかな?

≪りんごの玉回し≫ 

収穫時期が近付いてきました。りんごに太陽の光をあてて赤く色づかせるには果実周辺の葉っぱを摘み取ってやることに加え、もう一つ大事な作業があります。玉回しという作業です。(変な作業名ですが。。。。。。)

2

太陽が当たっている部分は赤いきれいな色にそまっています。(上の左のりんごに注目)

1_3

でも、くるっとまわしてみると太陽の当たっていない部分は青いまんまです。このようにりんごを「くるり」と回転させ太陽が当たるようにしてやります。これで全体がきれいな赤に色づきおいしそうなりんごになります。 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »