フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月14日 (火)

ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピック2012が終わり、個人的な感想を述べてみたい。 

競技には勝敗がつきもので勝つことが最善ではある。しかし、負けは負けでも価値ある

負けがあることを実感した。その典型的なものが女子サッカーと男子サッカー。なでしこ

が決勝のアメリカ戦でみせた驚異的なネバリは称賛に値する。何よりも次に期待を持た

せる価値ある敗戦であったと思う。それに比べ男子の対韓国との3位決定戦では何も感

じるものがなかった。ズルズルと時間だけが過ぎていき次に期待を持たせる要素がまっ

たくなかった。対戦相手の気迫が数段上回っていた。男子は初戦からここに至るまでの

印象が良かったのでなおさら脱力感がただよったのかな?(男子よ奮起せよ) 

とはいえ、フェンシング男子フルーレ団体準決勝  太田選手の残り2秒の奇跡は感動的

であった。その他、北島選手の3連覇は叶わなかったが、女子レスリングの伊調選手、

吉田選手の3連覇には心から祝福したい。挑戦することよりも維持することの方が精神

的にも肉体的にもきついと思う。例えれば、貧乏を続けるには何もしなければいいけれ

ど、金持ちでい続けるには常に緊張感を持っていなければならない。もういいやという気

になってしまえばあっという間に転げ落ちてしまう。 維持することはしんどい。しかし、一

度でいいから維持する立場になってみたいものだ(笑)。

≪畑の状況≫ スライドショー

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »