« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月30日 (金)

エンドウ類の支柱を立てました

《支柱立て》

エンドウ類が育ってきましたので支柱をたてました。エンドウは、日照不足によって結実不良を起こしやすく、巻きヒゲが発出る頃にネットや支柱で誘引し、枝を十分に伸ばす必要がある。蔓をネットに這わせる方法が一般的ですが、ネットの場合、撤収時に蔓がからんで面倒な作業になるので、シンプルに笹竹を立て麻紐を2段に引っ張る方法を採用しました。

Gsc_0044

《穴掘り作業》

暖かくなるにつれ作物は良く育ちますが、雑草もグングンはえてきますので刈り取った草をここに集めます。周囲は畔シートで囲いました。クワとスコップで掘りましたが、意外に体力を要しました。

Gsc_0038

《梅の木》

畑のそばにある梅の木が満開になりつつあります。これを見てると疲れも吹っ飛ぶ?

そんなわけないか!

Gsc_0045

《散歩で出会ったネコ》

3_2

いつも仲良く2匹一緒のネコ。綺麗に同じ方向、同じ角度である。左側のネコは警戒して薄目を開けているが、左側はグッスリ。

眠るクロネコ。ノラちゃんらしいが、あまり警戒することなく2mぐらいまで接近してもこの状態でした。しばらく見ているとその後静かに立ち去って行きました。

youtubeに可愛い曲がありました。下線部をクリックすれば曲が始まります。

黒猫のタンゴ

《チョットだけ株式》

3月28日のある銘柄のチャートです。配当・株主優待の権利獲得の仕掛けが感じられます。

Photo_3

3月末の配当権利を取りたい場合には、3月27日の取引終了時に(権利付き最終日)株を保有していれば、3月28日の朝一番で株を売却しても権利を獲得できます。

この仕組みを利用して27日の株価を上げ、28日には売りを仕掛けどんどん株価を下げ、目安あたりまで下がったところで再度購入すれば、①配当金を得ることができる。 ②28日の高値で株を売却し利益確定できる。 ③28日の安値で再度安く買える。こんなことが可能である。だけど素人ではなかなか見抜けない。プロ集団にはかなわないってことか。上のチャートを見れば明らかに作為的に思える。間違っていればごめんなさいです。

2012年3月29日 (木)

収穫しました

《はじめての収穫》

昨年10月から農作業をはじめ、11月初めに種まきしたほうれん草と仙台雪菜が収穫できました。

Img_1004

Img_1013

で、さっそく食べました。新鮮なことはもちろん、やはり自分で育てたという満足感がそう思わせたのかもしれませんが、美味しかった。ほうれん草は一般的で説明するまでもありませんが、仙台雪菜は小松菜に似た野菜でカルシウムやビタミンAが豊富な野菜。煮びたしや炒め物、茹でてスープの中に入れてもおいしい。

《種まき野菜の生育状況》

ブロッコリ

Img_1006_2

育苗トレイに野菜用の土を入れ、温床なしに種まきしました。無事発芽し双葉が元気に開いています。もう少し成長したらポットに移し替えよう。

根深ネギ

Img_1005_2

小さくて見えにくいですが、発芽率90%とまずまず。面白いことに新芽が輪になって出てきています。大きく育ちますようお願いしておこう。

ベビーサラダミックス(プランター栽培)

Img_1008_2

そろそろ間引きをしないと成長が遅れるかな?

《植え付け作業》

じゃがいも(キタアカリ)を植え付けました。

JA埼玉の栽培方法をもとに、植えつけるときには種イモの切り口を下方に向けて植えました。上に向けておくと、雨が多いときに切り口の面が多湿になり、病害に侵されやすくなる。また切り口に木灰をつける方法も、水分を呼ぶためよくないらしい。

Photo_4

2012年3月24日 (土)

竹田扇之助記念国際糸操り人形館

竹田扇之助記念国際糸操り人形館

南信州飯田・元善光寺の隣にある博物館。
竹田扇之助氏は昭和後期~平成時代の糸操(あやつ)り人形遣い。竹田人形座を10代目として主宰され、今世紀最高の人形劇人7人の1人に選ばれています。扇之助氏は平成2年、故郷であるこの地に移って竹田練場を再建、内外で収集したコレクションと共に練場を飯田市に寄贈されました。

2012_0322_0_2

2012_0322_3

館内は撮影禁止のため展示内容を示すことはできませんが、糸操り人形舞台の床下や天井部を見学できます。人形のきめ細かい動きを表現するためには熟練技と共に集中力・体力が必要と痛感しました。当人形館のブログはコチラ

2012_0322_4

      竹田扇之助氏ご本人(現館長)        竹田扇之助館長から名前をもらった“竹田扇壽”さん

        (当ブログへの写真掲載はご本人の了承済です)

2012_0322_5

扇壽さんは、館長から人形の操りを学ばれている一方、ご自身で人形も彫っておられます。(スゴイ!) この日は獅子を彫る作業中でした。獅子舞の獅子は口をカタカタ鳴らせるので丈夫な桐の木がいいとのことでした。(なるほど、なるほど)

中庭の風景

2012_0322_6

                 シンプルだが落ち着いた感じで心が安らぐ

人形館から見える山の風景

2012_0322_9

麻績の里舞台桜と旧座光寺麻績学校校舎

2012_0322_7

人形館に行く途中にある舞台桜。残念ながら桜の開花はまだでしたが、きっと見事なしだれ桜だろうと想像します。舞台桜の由来は、後方にある旧座光寺麻績学校の校舎が歌舞伎舞台と学校とを兼用するように建てられたことから名付けられた。桜の樹種は半八重枝垂れ紅彼岸桜 - 樹齢推定350年。近くだから、満開の頃にぜひ行きたい!!

2012年3月23日 (金)

南信州飯田 元善光寺

『元善光寺』

一度詣れよ 元善光寺 善光寺だけでは 片詣り

有名な長野善光寺の元となる寺で、飯田市にあります。善光寺のご本尊が最初に置かれた所で"長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ 片詣り"といわれています。今年の初詣はここに来ました。余談になりますが、飯田下伊那地域に設置するリニア中央新幹線の長野県内の駅はこの近辺が候補とのことです。

お寺の入口は道路からすぐです。Photo_6

最初の階段を上がると山門があります。(階段は少しですが傾斜は急です)

Photo_7

山門を通り抜け次の階段を12~15段上がると本堂に着きます。(この階段も急です)

Photo_8

堂内で寺の由来などいろいろと説明を聞きましたが、先代住職が書いたとされる張り紙にハッと我を見返されるものがありました。

『つもり違い12ヶ条』

          高いつもりで低いのが教養

          低いつもりで高いのが気位

          深いつもりで浅いのが知恵

          浅いつもりで深いのが欲望

          厚いつもりで薄いのが友情

          薄いつもりで厚いのが面皮

          強いつもりで弱いのが根性

          弱いつもりで強いのが自我

          多いつもりで少ないのが分別

          少ないつもりで多いのが無駄

          長いつもりで短いのが青春

          短いつもりで長いのが老後     

どれもこれも思い当たることばかり。もう少し謙虚に生きなければと反省させられます。

七年に一度、御本尊の御開帳がおこなわれます。次回は2015年。

境内の案内板(画像をクリックすると拡大表示されます)

Photo_9

本堂の彫刻

Photo_10

境内の石仏 

見ていると妙に落ち着く表情で、右側のプチ滝との調和がなんとも言えない。

6

『お戒壇巡り』(おかいだんめぐり)

お戒壇巡りとは、本尊の真下の「開運の錠」に触れることで、真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただける約束をいただけるというものらしい。
元善光寺では、本堂右手の入り口から地下へと続く通路に入る。薄暗い通路を右側にある壁をたどって歩くと、本尊の真下にたどりついたところで極楽往生できる開運の錠にふれることができるというもの。 本当に真っ暗で何も見えない。前後の人の話し声が聞こえるだけで、一人で入るとコワ~イかも。

境内の梅とヒアシンス

7

8

元善光寺の場所 

中央高速道路の飯田インター又は松川インターから約20分程度

Photo_11

          

2012年3月19日 (月)

農園マップ&頑張れ“ひこにゃん”

『農園散策マップ』

中央道松川インターを降りて最初の十字路を右に曲がり飯田方面に行くといくつかの農園がありますが、しばらくするとこんな看板があります。

2_7

松川町には60以上の農園がありますが、たまたまこの地域の農園が看板表示されていましたので写真におさめました。マップの右上にはワイナリーもあります。

Photo_6

林檎畑の小さなワイナリーです。直売店もあり、ワインの他にりんごジュース、フルーツジュース、ジャムコンポート等があります。ちなみに標高は800mです。

『松川町郵便局の風景印』

Photo_4

昭和31年、大島村と上片桐村が合併して松川町が誕生しました。ちなみに町名は中央アルプスから流れる片桐松川の川の名前から「松川」と命名されました。昭和34年には、生田村を編入合併しましたので、松川町には3つの郵便局があります。

『出身地のゆるキャラ』

“ふるさとは遠くにありて思ふもの”室生犀星の詩のように、故郷は遠いところにあって思うものなんだな。今年の高校野球や高校サッカー選手権はどこが出るんだろう?とついつい出身地のことが気になってしまう。そんなわけで湖国近江の出世ネコひこにゃんの活躍につい鼻が高くなる。人気が落ちないよう頑張れひこにゃん!!(信州から応援してま~す)

2012年3月16日 (金)

野菜の種まき

『野菜の種まき』

種まき用ポットにトマト、マクワ、鷹の爪とうがらしの種蒔き。畑の苗床には広巾ニラ、赤ちりめんしその種蒔き。

Photo

Photo_2

成功すれば写真のような完成品になる予定ですが、果たして入門者にうまく栽培できるか心配です。ネットに記載してある栽培方法を参考にしながらチャレンジ!!

 

畑仕事として、一週間後に植え付け予定のジャガイモ用に、60cm間隔のくわ幅で深さ15cmほど掘り、完熟たい肥と化成肥料を施しました。

『発芽』

ポットに植えておいたブロッコリとミックスベビーリーフが葉っぱを出してきました。

Photo_3
根深かネギとナスは種蒔き後、一週間しても発芽の兆候が無い。少し心配だがもう少し待ってみよう。

http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/ringo2.mp3

http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/ringo.mp3

松川町のイメージソングにしたい曲 “In the Shade of the Old Apple Tree” 下は日本語の歌 “りんごの木の下で” 。昔ディックミネも歌っていたが、こちらの方がけだるい感じと素直さがあってジャズっぽい。

2012年3月14日 (水)

梅の花 一輪咲きました.......

『梅の花の蕾』

この地域にもようやく春の訪れがやって来ました。周りの蕾に対して、外界の様子を偵察するために先発隊が花を咲かせたのだろうか。「梅の花 一輪咲いても 梅は梅」新撰組副隊長の土方歳三が読んだ句ですが、季語の梅を三つも入れることに批判する人もいるけれど、私には心がなごむ句である。

Img_0713
『庭の水仙』

葉が大きくなってきました。他の地域ではもっと早いと思いますが、開花が待ち遠しいです。そうだ、水仙の葉とニラの葉はよく似ていますので間違って食べないようにしましょう。(嘔吐や下痢などの食中毒症状を起こします)

Img_0716

『よくお眠りで』

窓枠のサッシで眠そうなネコ。人の気配を感じながらも “ あぁ、もうたまらんわ。眠い!” 落ちないでね。アララ、下の方にもこれまたグッスリお寝みのネコちゃんが。植木鉢にアゴをのせてそのまんまリラックスしていてね。

Photo_2
http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/Chan.mp3

Buena Vista Social Club 「Chan Chan」

忘れ去られたキューバのミュージシャンが、晩年になってライ・クーダーによって見出され、大ブレークしたバンドがBuena Vista Social Club 。人生は捨てたもんじゃない。

2012年3月11日 (日)

さよなら119系『幸せの青い列車』

『引退記念ラン』

JR飯田線を走る119系車両の引退記念ランを撮影しました。

Img_0679119

Img_0685119

119系車両は飯田線専用に開発(1982年)された車両。駅間距離が短いだけでなく、勾配が多く運行距離が最大200Km以上の長距離に及び、さらに人口希薄地帯を通過するなどの特殊な輸送事情を抱えていたからとのこと。10日と11日に導入当初と同じ青色車両が臨時運行されたので記念に撮影しました。散歩コースだったので、大勢の撮り鉄ファンに混じって「ありがとう119のマークをつけた『幸せの青い列車』をキャッチしました。周りはカメラをかまえた鉄道ファンばかりでちょっと場違いな感じもしましたが........。正規の撮り鉄さんは、このあと場所を変えて別の地点へ移動し撮影するらしい。飯田線の走行速度が遅いから車で先回りできるのだろう。早い話、正真正銘のローカル線だ!!

『野良仕事』

3月中旬以降の本格的な植え付け作業に備え、畑に堆肥を混ぜて畝作りをしました。耕運機を使わずに人力でやると結構しんどい作業です。幸い借りることもできますので残りは機械に頼ることにしょう。

Img_0632
昨年種まきしたほうれん草が青々として元気に育ってます。

Img_0629_2

http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/Wildflowers.mp3

Wildflowers ~ The Trio(Dolly Parton Emmylou Harris   Linda Ronstadt)

2012年3月10日 (土)

散歩コースの風景

散歩コースの風景です。

①農道の右側に見える南アルプス

Img_0610
②同じく左側に見える南駒ヶ岳(中央アルプス)

Img_0601
③冬の柿園(干し柿用)。ちなみに隣町は市田柿発祥の地です。

Gsc_0024

④T字路の道祖神。(明治36年の文字が刻んであります)

Img_0600

⑤冬のりんご園(収穫時期は品種ごとに8月中旬~12月中旬。)

Gsc_0028
⑥冬の桃園(収穫時期7月中旬~)

Img_0649_3

⑦冬のブルーベリー園(収穫時期6月中旬~)Img_0563_2

およそ40分の散歩コースにいろんな果樹園があり、さすが“くだもの里”松川。他に、梨・さくらんぼ・プラム・プルーンの果樹園があるようですが見つけられません。花を咲かせる季節がだんだん近くなり、ますます散歩が楽しくなりそうです。

http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/suzuki1.mp3

鈴木章治 - 鈴懸の径

2012年3月 3日 (土)

烏帽子岳&野良仕事

南アルプス前衛“烏帽子岳”の幻想的な風景です。この山の右後方には標高2841mの南駒ケ岳がありますが、雲が邪魔して見えません。(残念)

Img_0579_2
『野良作業』

Img_0613_2
           畑のほうれん草、仙台雪菜が育ってきました。これは期待できるかも!

Img_0627_2

こちらは豆コーナー。そら豆、スナップエンドウ、絹サヤエンドウ、実エンドウ。これまた期待していいかも!!

Img_0625_8
畑にはまだまだ余裕があるので、今日はアスパラガス、ブロッコリー、根深ネギの種を蒔きました。これからはいも類、コーン、落花生等も予定しているので忙しくなりそう。頑張らなくっちゃ。

【今回のおすすめ曲】

http://320kamikatagiri.cocolog-nifty.com/Sonny.mp3

Sonny RollinsのTennessee Waltz

2012年3月 2日 (金)

むらやま公園からの南アルプス

松川町にあるむらやま公園は家族憩いの場ですが、南アルプスの絶景を楽しむことができお気に入りのスポットです。

Img_0532_8

北岳は富士山に次いで日本で2番目、間ノ岳は4番目に高い山です。左の仙丈ヶ岳は18番目に高い山ですが、優雅な形と一番近くにあるため大きく見え大変気に入ってます。

Img_0529_4仙丈ヶ岳の拡大画像

(山は雪の帽子をかぶっている方が綺麗に見える)

Img_0525_4

右側の展望です。塩見岳は16番目に高い山。

反対側は中央アルプスの南駒ヶ岳がありますが。残念ながらこの公園からは見えません。

Img_0578_2

散歩のコースで福寿草を見つけました。

春もそろそろ!!

Img_0562_8《通り過ぎた電車》

同じく散歩コースで飯田線の電車に出合いました。正面からの撮影が間に合わなかったので後ろ姿になってしまいました。撮り鉄(鉄オタ)の兄ちゃんの姿が見えます。ヨーシ!今度は待ち構えて正面から撮るぞ。

続きを読む "むらやま公園からの南アルプス" »

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »