2018年12月11日 (火)

地域医療支援病院を考える

今回、まじめに医療というものを考えてみた。(チョット難い話になるかも) 

地域医療支援病院は、「患者さんに身近な地域で医療が提供されることが望ましい」いう観点から、1997年の医療法改正で発足したものだがどうもガテンがいかない。以下は厚生労働省の資料。Photo

Photo_2

「患者さんに身近な地域で医療が提供されることが望ましい」という趣旨は分からないでもないが、何かしら作為的なきれいなうたい文句に思えてならない。飯田市立病院にもいたるところにこんな張り紙を見かける。

Dsc_0001

「かかりつけ医」という文言が院内に飛び回っている。かかりつけ医からの紹介状を中心に医療を提供しているというものだ。

平成30年度の診療報酬改定により、紹介状がなく受診した場合5,000 円以上の定額負担が必要になる。これは400 床以上の地域医療支援病院にも義務づけられるているので、飯田市立病院だけのことではないのだが、下の張り紙をみるとギョギョギョとなってくる。

Dsc_0002_5_2

つまり、 

  • 紹介状なしに受診した場合、初診料5,400円がかかる。 
  • ドクターから症状が安定したので最寄りのかかりつけ医に行きなさいと提案され、それを拒否し市立病院での受診を継続希望した場合、再診料2,700円がかかる。 

それだけではない、診療報酬点数表を調べると、 

  1. A204 地域医療支援病院入院診療加算(入院初日) 
  2. 1,000点 

入院初日の地域医療支援病院入院診療加算(1000点)として評価しているので、この種の大手病院に入院すると1,000点x10円=10,000円かかるので、3割負担の場合3,000円余分に負担することになる。 

こうなると、地域医療支援病院では患者の負担が増すばかりだ。特殊な病気以外は地域医療支援病院へは来て欲しくない、最寄りのかかりつけ医に行きなさいと言っているようなものだ。裏を返せば、地元の医院を擁護するようにもとれる。 

話は長くなるので、次回自分の思いを記すことにしよう。

お気に入りの曲

Photo_3
Jazza Band - Oh my darling Clementine / Ene Maite

いとしのクレメインタインをジャズバージョンで。

https://www.youtube.com/watch?v=U5aGxO7UuYs

2018年12月10日 (月)

12月の畑 2018

家庭菜園であれば30坪程度でいいのだが、借りている畑はおそらく150坪くらいはあるかな。これで年間2千円。超安い。おまけに散水栓もついているので大助かり。ただし、冬季は停止されているので、チョット残念(。>0<。)。

Photo
これだけの広さがあると連作障害を避けるための作付け計画は立てやすい。反面、使わない所の雑草管理が大変、タイヘン⁉

現在の状況

Dsc01917_2
タマネギの苗は小さかったが、それなりに育っているのでチョット安心。

Dsc01930
ハクサイはすでに収穫しつつあるが、順調に育っており鍋物に便利と奥方からお褒めの言葉♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン。キャベツは来年の4月収穫分、長いなぁ。

Photo_3
手前の黒マルチはレタスを植付予定。苗がまだ小さいので植付はもうチョット先。

Dsc01921
エンドウ類は大きくなるまで霜枯れしやすいので今年はトンネルで防寒対策。

Photo_4
カボチャの残骸と霜枯れしたカブPhoto_6
お気に入りの曲

Photo_7
Big Bad Voodoo Daddy - Diga Diga Doo

古き良きビッグバンドジャズをのりの良い現在的なアレンジで最高に楽しい。まさに心臓バクバクだ(Diga Diga Doo)。

https://www.youtube.com/watch?v=ufvmD9s76X0

2018年12月 6日 (木)

“いちびりの精神”

たわいない出来事だが、根底にある関西人特有のいちびり精神が発動された。

飯田市立病院の外来待合室でおもしろいものを目にし、採り上げなければ気が済まなくなった。

( いちびり…周囲のものごとにおもしろ味を見出し、それに対してはしゃぎ楽しむこと。かな? )

Photo_7
『ご自由にお持ちください』と箱に書かれている言い回しどおりに解釈すると『箱を持ってどないするねん・・?』と言いたい。みんなが箱を持っては元に戻す仕草を想像すると笑えてくる。

多分横にあるパンフレットのようなものを指していると思うんだけど、文言だけをとらえると実におもしろい。

Photo_6

本当なら上の写真のように何を持ち帰るのかを示さないといけないのだけれど.......。

診察の番号案内

新しいシステムが導入され、各診療科の受付近くの天井にモニターが設置されている。

Dsc_0003

しかし、問題が2つある。

①新しい番号が表示されるたびに“ジャーン!”という大きな音

複数の診療室があればそのたびに“ジャーン!”、“ジャーン!”。やかましいことこのうえない。音量を下げるかもう少し優しい音にして欲しいね。どこが患者に優しい医療なんや(# ゚Д゚) イラツク。

文字が薄くて見づらい。(背景色とのコントラスト差がない)

白抜き文字に背景が薄緑なんて考えられない。白抜き文字は、明度の低い濃い色(黒に近づく暗い色)と組み合わせなければならない。明度の差が大きいとコントラストが高くなり見え方がはっきりするのだ。

Img07_2
白抜き文字にするなら低明度の黒を筆頭に重量感のある色と組み合わせるべき。コントラスト差があり見えやすくなる。そういうところも考えて頂戴ね。音や色の使い方といい、この設置業者は何も考えていないね。それに担当者も!!

お気に入りの曲

Vaya_con_dios_whatsawoman509957

Vaya Con Dios - What's A Woman

ベルギーのブルース、ポップバンド。ダニ・クレインの歌唱が魅力的。いい曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=jqPcwOxoaIU

2018年12月 3日 (月)

リンゴの収穫後の仕分け

11月末でリンゴの収穫作業は終了。4つの農園さんで作業を行った。脚立を使いリンゴを収穫するのは同じだが、そのあとの工程は大きく分けて2つになる。

  1. 収穫したリンゴを自分で仕分け(キズ有り、キズ無し等)、コンテナに詰めていく
  2. 収穫するだけで、仕分けは専任のスタッフが行ってくれる

農場内での仕分けは第一段階で、厳密な仕分けは農園の方が自宅で行う。具体的には大玉、中玉、小玉、規格外品(キズ有り、果軸抜け、ツル割れ)等の仕分け。部分腐りなどはジュース用にされる。

擦りキズ

Dsc01913

鳥の突っつき

Dsc_0006_2
ツル割れ(ホゾ割れ)

果実肥大時の夏場に雨が多いと果肉の成長が早くなり、果皮がその成長に追いつかないことで果軸のもとが割れると言われている。

Dsc01916

衝撃キズ

これは人為的なミスだが、たまに収穫時に手から滑り落ちることがある。その時脚立に当たり果実が割れてしまう

Dsc_0003

部分腐り

Dsc01912

商品となるリンゴ

2016_12_2_2

規格外リンゴとジュース

Photo

丹精込めて作ったリンゴが鳥に突っつかれたり、台風の影響で枝に当たって擦りキズができたりしたらショックだね。自然と闘う農家さん頑張って下さい。

お気に入りの曲

4f2e189bd292e4388abfdd18f82cce78_2
Ray Charles - Hit The Road Jack

レイ・チャールズとコーラス隊レイレッツのマージー・ヘンドリックスの掛け合いが面白い。

https://www.youtube.com/watch?v=i8DRen60X10

2018年12月 1日 (土)

まつかわふじ祭り2018

この時期にふじ祭り?こんな寒い時期に藤の花が咲くわけないやん? と、疑問が湧く。

が、ふじと言っても“フジの花”ではなく、“リンゴの品種ふじ”の事である。つまりふじリンゴの販売イベントだ。今年は12月8日(土)に開催される。

Photo

贈答用、自家用等のリンゴを求めて遠方からも多くの方が訪れ、毎年盛況のようだ。下は過去の開催会場の様子。ぜひおいでナンショ!!

Photo_3こんな個数当てクイズもあるよ。

Dsc04264

ピラミッドの規則性を適用すると、公式 段数×(段数+1)×(段数×2+1)×1/6 に当てはめて計算するとおおよその個数が推測できる。但し、大きさが均一でないので理論通りにはいかないけどね。

直売所もなりん

松川インターを降りて直進し、信号をひとつ超えると直売所がある。ここでも同様のイベントが現在行われている(明日まで)。インターの近く、選果場の側ということもあり県外からの車も多数でこちらも盛況だ。

Photo_2

Photo_4

以上、松川町のリンゴ直売情報でした(笑)。

お気に入りの曲

HqdefaultThe Hot Sardines - "I Wanna Be Like You" (Live at Joe's Pub)

ライブの楽しさ満載でいいね!

https://www.youtube.com/watch?v=kXd9drHdkw4

2018年11月29日 (木)

リンゴの収穫方法(私の場合)

今回の農場では、収穫したリンゴは傷の有無に関わらずコンテナにどんどん詰めていく。

Dsc_0011_3

詰め方は果軸を上にして3段程度にする。コンテナに詰めたリンゴは、後で農園の方が贈答用と家庭用に仕分けるのであまり神経質になることはない。小さいもの、腐りがあるもの、鳥の突っつきがひどいものは容赦なく捨ててかまわない。(リンゴジュースを作る農園の場合はこんな大胆に捨てることはない) 

Photo_6

 リンゴの果軸がある場合とない場合

Photo_7

上の写真のように果軸がないとなんとなくしまりがない。

りんごの収穫で注意することは、果軸を取ってしまわないこと。果軸がないと商品価値が下がってしまうからなのだ。

果軸が取れない(取れにくい)収穫方法

果軸の上の膨らんだ部分の下部に指を添えてやり、その後添えた指を支点にしてリンゴをひねるように傾けて採る。 指の添え方は、爪のはえぎわの横あたりが多い。爪の先でやると指が痛くなる。

Dsc01882_3
Dsc01883_2

Photo_8
リンゴが2つの枝に挟まれている場合 

この場合は上にひねることができないので、果軸を指で押さえた状態で下方向にひねって収穫する。または、枝の片方をもう一方の手で横にずらした後、添えた指を支点に上方向にひねって収穫する。  

Photo
基本を整理するとこんな感じ。  

Photo_10
(指を添えなくても、リンゴの実を持ってクルッと枝方向に捻ってやるだけで上手に採れることもあるので、そのあたりは臨機応変に!)

注意して採っても、こんな事がある。 

①果軸の上にある余分なものまで採れてしまった。  

この場合、丁寧に手で余分なものを取ってやる。  

Photo_11

②果軸が途中で折れてしまった。

これは大丈夫と言われている。しかし、農研機構の汚染に関するデータでは収穫時に木に残った軸折れの痕はは感染率が高いとされているので木にとって良くないようだ。 

Dsc_0004_2

Photo_12

③2つのリンゴが向かい合っていて指を添える隙間がない。(どないすればエエねん⁉)

Dsc_0004_3
こんな場合は、リンゴを握ってゆっくりと軸がグリグリ回るようにしてやると果軸が残った状態で採れる。(上手くいかない場合もあるけどネ) 

最後に》

リンゴの果軸を残すのは、見た目が良いというだけではなく、ちゃんとした理由がある。

リンゴの果軸には『離層』(果実などが茎から脱離するときに,それらの基部と茎との境界面に生じる特別の細胞層)と呼ばれる部分があって、枝に生って熟したリンゴを収穫する際に、果実を強引に引っ張るように採ると、果軸が取れてしまう。そうすると離層がなくなるので、果軸と果実の付け根の部分が傷み、出荷したリンゴが、早く傷んでしまうと言われている。 

お気に入りの曲 

Mqdefault_2 Eruption - One Way Ticket

ニールセダカ『恋の片道切符』のカバー曲。原曲とうって変わってディスコ調にアレンジされていてこれもまたいいね👍。ボーカル担当のプレシャス・ウィルソンのパンチのきいた歌唱力に参った。ソロでも十分やっていけるね。

https://www.youtube.com/watch?v=D4y_acTR0MY

 

 

 

 

 

 

2018年11月25日 (日)

千人塚公園~ただいま工事中~

気分をリフレッシュさせよう思って飯島町にある千人塚公園に行った。が、残念ながら池の耐震化工事のため、城ヶ池の水はほとんど抜かれておりアレレ⁉ なんてこっちゃ。逆にストレスをためることになってしまったではないか(笑)。

Dsc01838

こんな景色を期待していたのだが...........ザンネン!

Dsc01202

水は少なくなっているが、カモたちは気持ちよさそうに泳いでいる。何処から飛んできたんやろか?

_fotor

若者達はテントを張ったり、あずま屋でバーベキューをして楽しそう。風がエエ匂いを運んでくる。ウーンたまらんワ!

_fotor_2

明日からまたリンゴの収穫作業(4軒目)だ。

お気に入りの曲

Spot11

霧のカレリア/ザ・スプートニクス

前回のフィンランドに続き、今回はスウェーデン発の“哀愁のエレキギター・サウンド”。透明感のあるサウンドがいいね。 ロシア民謡『トロイカ』がインサートされているのも気が利いている。

https://www.youtube.com/watch?v=bOMWrjSsLYg

2018年11月24日 (土)

畑の様子はどうかいな

23日(金)はリンゴの収穫作業はお休み。ということで久しぶりに畑の様子を見に行った。

オクラ

10月上旬で収穫を終えたが、そのまま放っておいたらまだまだ花が咲き続けている。

Dsc_0031

オクラの花って結構きれいだ。花言葉は『恋によって身が細る』、『恋の病』と言われている。オクラは数日のうちに表情が変わり、恋の病にかかった乙女のようだということだって

Dsc_0032

タマネギ

種まきの時期が遅かったので苗が小さい状態で植付けをした。たぶん小玉しかできないかもネ。11月~3月末まで畑に水が来ないので植付後の水やりをしていない。それにしばらく雨も降ってないので心配なんだけど。まぁ、大丈夫かな。

Dsc_0016_2

おまけ

マスクをしているとメガネが曇る。特に気温が低いと顕著だ。意外なことに警視庁からこれを解消できる方法が出ている。これを実践するとたしかに効果はある。ただ難点はマスクをしてリンゴの収穫などをすると息が苦しくなって酸欠になりそう。

Photo_2

お気に入りの曲

Img_2
さすらいのギター ザ・サウンズ

フィンランド発のエレキギター・ミュージック。北欧を感じさせる哀愁感があってなかなかええやんか。片面の「エマの面影」もいいな。

https://www.youtube.com/watch?v=9nrsANACD9o

https://www.youtube.com/watch?v=Qwx3QUwBRRU

2018年11月22日 (木)

リンゴの収穫作業2018 (3軒目)

今回の農場は松川町の高台にあるので眺めがいい。こんな所でポケーとして好きな音楽を大音量で聴けたら最高だろうな!

♪林檎の木の下で 明日また逢いましょう 黄昏 赤い夕陽 西に沈む頃に...........♪

Dsc_0014_8

南アルプスにはうっすらと雪が積もっている。午前は確認できなかったが、午後になるとよく見えるようになる。何でやろ?

Dsc_0008

Dsc_0011_2_3

収穫作業の歩数

最も多かった11/17(土)のデータ。なんと13,000、9km以上もあるではないか。歩行時間が短いのは、脚立に上っている時間が長いからなのかな?

Dsc01837
松川町のリンゴ狩り

Photo

お気に入りの曲

Maxresdefault

林檎の木の下で (In The Shade Of The Old Apple Tree)

https://www.youtube.com/watch?v=XOCB1fgfV0M

2018年11月18日 (日)

リンゴの収穫作業2018 (2軒目)

収穫のパート作業の1軒目は、リンゴ狩りのバス予約受け入れの農場だったが、今回は直売所メインの農場で、リンゴ狩りの受け入れは個人客が大半。車のナンバープレートから浜松、岐阜、豊田、三河、豊橋、岡崎が目立った。たまに滋賀ナンバーもありチョット懐かしいな!

Dsc_0010_12

リンゴは霜の降りる寒さを経験することで蜜が入ると言われている。具体的には降霜から立冬(10/23頃~11/8頃)までの期間だが、今年は暖かいので全体に遅めのようだ。

Dsc_0009_10

リンゴの仕分け

収穫班が採ってきたリンゴを仕分け班が大玉、中玉、小玉、傷あり等に分けてコンテナに詰めていく。今回の農場ではこのような仕分けの作業場が3ヶ所ある。最終的には農場の方でもう一回選別される。

Photo
高所用リンゴキャッチャー

ここの農場では7尺の脚立で届かない場合は、高枝バサミと同じ原理の専用キャッチャーが用意されている。下部のレバーを握ると3つの爪が閉じてリンゴをキャッチできる優れもんだ。まぁ、あまり使うことはないけどね。

Photo_2
モグモグタイム

コンテナを椅子代わりにしてチョット休憩。傷ついたり収穫時に落としたリンゴをアウトドア感覚でモグモグ、チョット贅沢だ。しかし、自分を含め高齢者ばっかりだなあ。この方々よりは少し若いけれど.........(笑)。

Dsc_0016

直売所

我々が収穫したリンゴがここで販売されている。当然贈答用も受け入れている。

Photo_3

お気に入りの曲

Photo

MILES DAVIS : "TIME AFTER TIME" (1985) 

シンディ・ローパーの楽曲をマイルスが情感豊かにカバーしている。

https://www.youtube.com/watch?v=M0O3S1DiLAI

«リンゴ狩り園は大盛況