「男リンゴ」と「青実果」

男リンゴ

品種ふじのりんごの実には「男リンゴ」と「女リンゴ」があるらしい。

「男リンゴ」は皮が厚くて硬めのリンゴ、さらに形が悪く果汁も少ないリンゴと言われている。つまり、おいしくないリンゴのことだ。

一般的に、男リンゴが現れやすいのは、

●30cm以上の実を生らす長い枝の頂芽(枝の先端)
●ツル元のへこんだ部分(こうあ部)が浅いリンゴ
男リンゴのように、おいしくないリンゴは生らしても役に立たないので早い段階で捨てられる(摘果される)運命にある。
男性としては悔しいけれど、どうせ捨てられるなら早い段階で捨ててくれた方が傷が浅い(?)と変に納得したりして.......(笑)。

201910151

青実果

南信州では「男リンゴ」なる表現はないようだ。現在作業をしている農園さんによると「青実果」に近いとの事。

「青実果」とは、成熟期になっても食味がよくないリンゴのことで、外観は、地色の緑色が抜けずくすんだ赤い色をしている。実の表面は、正常果の手触りがざらついているのに対し、青実果は光沢があり、滑らかでツルツルしている。果肉は硬度が高く、糖度、酸度、デンプン指数が低く、蜜入りがない。青実果が発生しやすい条件は、

①生育期間中の気温が高く推移すると樹体生育が旺盛になり、青実果の発生が増加する。

②新梢長が長いほど青実果発生率が増加する傾向がある(若い樹など樹勢が強いほど青実果の発生が増加する)

③果台長が2cm以上、または果台枝長が20cm以上の結果枝(実を生らす枝)にできた果実

④果梗(ほぞ、つる)が変形している果実

いずれかに当てはまるものは、成熟期に青実果になりやすいため、摘果時に取り去ることで青実果発生を減らすことができる。いわばリンゴ界の間引き=リストラを行うことで、健全になる?

01clp22190

実を生らす枝が長いことや果梗(ほぞ、つる)が変形しているなど共通点があるので、「男リンゴ」と「青実果」はほぼ同じようなニュアンスである。いずれにしてもおいしくないリンゴなので、成熟期になる前に間引きされる運命にある。間引きされる点を考えると「男リンゴ」という表現よりも「青実果」の方が「男」に対する思いやりの気持ちを感じる。て、ことで南信州はやっぱりいい文化がある。

お気に入りの曲
Angela-b-brown-jan-luley-st-james-infirm  Angela B. Brown & Jan Luley

   - St James Infirmary Blues

 「ブルース」とは、孤独感や悲しみを表現する独唱歌。一番好きな曲とアンジェラ・ブラウンの歌唱力。めっちゃブルージー!

 https://www.youtube.com/watch?v=C25BzDXCa40

2019年10月17日 (木)

忖度の極み!!国会質問

リンゴの葉摘み作業をしながら国会質問のラジオを聴いていた。前々から違和感を覚えていたが、10月16日(水)参院予算委員会の自民党議員の質問は腰をぬかすほどおったまげた。忖度国会の極みここにあり!の典型だった。

20191016

特に松川るい氏の発言が顕著だった。日中関係では「総理の卓越した外交手腕により中国との関係が好転している」、日米貿易協定では「安倍総理、茂木大臣の卓越した外交能力、交渉能力により、非常に良いタイミングで短期間にまとめてくださったことを、日本国民を代表して感謝したい」の発言。まさに出来レースのヨイショ発言。これを聞いてもう完全にアウト、ブチ切れてしまった。振り返れば、現政権になってからこのようなオベンチャラ発言が出るようになったような気がする。
議員は、有権者である国民によって選出された人、いわば国民の代理人である。国民の生活に関わる会議が行われる国会でこのようなヨイショ、オベンチャラがまかり通る摩訶不思議の国「日本」。何かおかしいね!

こういう質問をする議員にやる気の魂というものがあるんだろうか?政党、派閥を超え相手が誰であろうと堂々と自分の意見をぶつける姿勢が欲しい。また、オベンチャラ発言をする議員をたしなめる官邸スタッフもいない。むしろそれを聞いて悦にいっているようだ。やっぱり不思議の国「日本」
人は囲いの中に納まっていてはいけない。囲いを作ると仲間意識が芽生え、それを守ろうとする。守ればそこに自分に利するものがあるからだ。そういう生き方があるかもしれないが、自分はそういう生き方は嫌いだ。特に若手議員には、与野党を問わず、囲いを破って新しいものを作り出す気迫が欲しい。そういう気迫を持った議員に国民生活を守る議論をしてもらいたい。

01clp22032

と思うしだい.........

お気に入りの曲

Photo_20191017202301  月の砂漠-薗田憲一とディキシーキングス 

 https://www.youtube.com/watch?v=3RuvL6rK1LM

2019年10月14日 (月)

リンゴ畑が浸水すると

台風19号で、千曲川河川敷では収穫前のリンゴの木が水浸しになり、しかもかなり高い位置まで水に浸かった映像を目にした。現在作業をしている農園さんに、こういう状態になるとリンゴの木やリンゴの実はどうなのかを確認してみた。その答えは、リンゴの木は大丈夫だがリンゴの実はいくらきれいに洗っても雑菌がついてしまっているので臭くなるらしい。つまり売り物にならないようになってしまう。

Photo_20191014203601

果樹が浸水した場合の耐水性に関し、かき、ぶどうは強く、りんご、なしは中程度、もも、さくらんぼは弱いと位置づけられている。とはいえ、浸水期間が長いと影響が出ることには間違いない。泥水に浸かった枝葉や果実は、褐変や落葉あるいは腐敗する場合が多いと言われている。冠水 した リンゴ果実では、疫病による果実腐敗とは別に果心部付近の果肉がアルコール臭を発して褐変、軟化する障害が確認されているようだ。

松川町におけるリンゴ被害の報道記事

 https://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20191014/CK2019101402000042.html

お気に入りの曲

Eugen-cicero-cpebach-phillips-swingin-cl  Eugen Cicero C.P.E.Bach - Phillip's Swingin Classics In Jazz 2 2005

 https://www.youtube.com/watch?v=F8bYab4g994

 

2019年10月13日 (日)

台風が過ぎた後も強風

昨日の台風でさぞかし片桐松川も増水しただろうと思っていたら、アレレ!普段とあまり変わらないじゃん!!という程度だった。ダムの放流がなかったからかな?
そんな感じだから、リンゴの落下もあまりなかっただろうと推測していたら農園さんから結構あったよとの事。それほど深刻な表情ではなかったけれど、内心は残念な思いに違いない。品種「ふじ」は今の時期、まだ未熟なので落下すると売り物にならない。なので落下してしまうとそれだけ収入が減ってしまうことになる。自分だったら落ちたリンゴを見つめ、それをもたらした台風が憎くてたまらんな。

今回写真を取り忘れたので、他の農園さんで葉摘み作業をした翌日の写真を引っ張ってきた。これは木の枝ごと折れてしまい実に悲惨な状況だった。

Pap_0005

Photo_20191013212301 台風が通り過ぎた後は空が晴れ渡りよい天気になることが多い。俗にいう台風一過だ。しかし、今日は晴れてはいたがとにかく風が強く、とても過ぎ去った後には思えなかった。まるで台風が尾を引いているような感じだった。葉摘み作業で脚立の上部にいると風にあおられ、オットットという状況が何度かあった。 

隣の枝では、脚立の上で「オッと、危ない!」「ウワアー!」「キャー!」などの声が何度も聞こえてきた。

長野県北部の千曲川流域では氾濫がおき大変なことになっているが、天竜川流域のこの地域では避難準備、避難勧告だけで済んだ。

ダムが決壊する恐れがある時、流入量と同じ水量を放出する。緊急放流が行われると下流では水位が急上昇し危険な状況になる。こうなるとダムの意味がなくなってしまう。平時ではダムは有用かもしれないが、有事には危険な建造物になってしまう。

お気に入りの曲

Diners-club-social-jazz-session-201314  【PV】Diners Club SOCIAL JAZZ SESSION 2013-14川口千里 

 小柄だがめっちゃパワフルなドラミングだ。現在22歳で今後がもっと楽しみ。

 https://www.youtube.com/watch?v=h9wXMab16sE

2019年10月12日 (土)

リンゴの葉こき

台風19号の接近に伴い、果樹農家さんはリンゴの落下が心配だ。町役場では防災スピーカーで対策を講じるよう放送しているが、具体的な方策を示すことはない。対策として、10月上旬から始まっている陽光、シナノスイートなどを急ぎ収穫すること。これらは一気に採らず色づきを確認しながらの作業になるので、農園の方々が行っている。
で、我々パート班は何ができる?とりあえず、現在行っている区画の葉摘み作業が終わりしだい台風対策の葉こきを行うことになった。

葉こきとは、リンゴの樹全体に日差しが入るように、葉っぱをコキ落とす作業のこと。

で、どこの葉っぱをコキ落とせばいいんだってことになる。

葉摘みは、リンゴの果台の周りの葉(果そう葉)や実に陰を作っている葉っぱを取っていくが、葉っぱは実に養分を供給する重要な役目を持っているのでむやみに取ればいいというものでもない。

農園さんから指示を受けたのは、今年伸びた枝(新梢枝)が対象で、先端の5~6枚を残しそこから下方の節にぶつかるまでの葉っぱをスルスルと取っていく(節の周り含む)。写真の円内の葉っぱ等が対象。

20191012_20191012143601
Dsc06275
Dsc00298

今年伸びた枝にある葉っぱ(新梢葉)や上に伸びた枝にある葉っぱ(徒長枝葉)などはこの時期その役目をほぼ終えているので取ってしまっても構わないようだ。それらの葉っぱを取って実に光が当たるようにしてやった方が色づきもよくおいしいリンゴができるということだ。
もう一点、台風対策として効果があるのは、先端にある葉っぱがないと風を通り抜けさせる確率が高いということ。結果として木の揺れを少なくでき実の落下を最小限にすることができる。う~ん、今回も勉強になったぞ!!

お気に入りの曲

Across-110th-street  Across 110th Street -J.J. Johnson

フットボールMichigan Replayのイントロ曲に使われていた曲

 https://www.youtube.com/watch?v=BTPx-ENoNBY

2019年10月 9日 (水)

彦根リンゴ

彦根リンゴ

ウィキペディアでリンゴを調べていると「彦根リンゴ」の文字を見かけた。ゆるキャラの代表格「ひこにゃん」のいる彦根だ。

彦根りんごは、古くは平安時代に中国から渡来し、薬や地域の産物、お供え物として栽培された「和りんご」の一種で、滋賀県彦根市周辺で栽培されていた幻の小玉リンゴと記されていた。

これを復活させようと「彦根りんごを復活する会」が立ち上げられ、収穫した果実はお盆に各地の寺社に奉納されているようだ。

https://faavo.jp/shiga/project/1993

上記リンク先から画像を引用させていただいた。

20191006-2

「和りんご」に関しては、戦国時代に近江国(現在の滋賀県)の戦国大名であった浅井長政が、領内の木之本の寺から届けられたリンゴに対する礼状を同寺に届けており、この書面は現存しているとの記述もあった。ちなみにリンゴ栽培の南限は山口県が経済生産地としての南限とされている。

お気に入りの曲

Little-brown-jug-by-glenn-miller  LITTLE BROWN JUG" BY GLENN MILLER

 https://www.youtube.com/watch?v=YOG89TrL4Vk

2019年10月 8日 (火)

リンゴの葉摘み作業③

葉摘み作業では、果台の周りの葉っぱ(赤枠)の摘み取りが中心であるが、陰を作っている葉っぱ(白枠)も取らなければならない。この陰を作っている葉っぱを取ると大きな青っぽい部分が現れるので実に快感だ。いかにも取ったというのが実感でき、特に大きな陰を作っていた葉っぱだと気分は最高!!

201910061
20191006

黄色品種は、赤く着色させるための栽培管理を必要としないので、葉摘みや玉回しをしなくてもいいと言われている。省力的に栽培できるので高齢化や労力不足で悩んでいる果樹園での栽培が増えているようだ。

Dsc06076

今回初めてこの品種の葉摘みを経験した。葉はパリパリ感がありパラパラと簡単に取れるが、実もチョットしたことで落下してしまうので注意が必要だった。
リンゴは日光にあてるとアントシアニンが増え赤く着色していくが、黄色品種の無袋栽培ではアントシアニンをほとんど蓄積しないので赤くはならないという報告がある。手間はかかるが日光にあてるとおいしくなるのだろう(たぶん?)。

お気に入りの曲

The-pink-panther-theme-song  The Pink Panther Theme Song

 懐かしい映画のテーマソング。

 ピーター・セラーズ演じるクルーゾー警部がコミカルに大活躍。

 https://www.youtube.com/watch?v=9OPc7MRm4Y8

2019年10月 4日 (金)

理性>利益…◯ 利益>理性…✖

関西電力金品受領問題については、唖然とさせられる。3.2億円という額を2011年から7年間も受け取っていたにもかかわらず、預かっただけだとよくもまあ平然と言えるものだ。庶民の間隔とのズレが大きすぎる。それにしても元助役が渡した3.2億円はいったい何処から出てきたのだろうか?


20191004-2

テレビ朝日系のモーニングショーで、コメンテーターの玉川徹氏は、「原発再稼働という話になってくると、政治が必ず絡んでくる。お金は本当に関西電力だけにしか流れていないのか、そこをぜひ国会で解明してほしい<」と指摘している。まったくもってその通りだ。幹部が辞任しないのはそのあたりの圧力がプンプン臭わなくもない。

20191004-3

51eplgrrfl_sx353_bo1204203200_ ここで思い浮かぶのは「韓非子」
韓非子というと「非情の書」や「性悪説」など負のイメージがあるが、人間の行動心理をに冷静に見つめた点で、今の時代に生きる上で参考になるので好きな書物である。
その一部、「人間を動かしているものは何か? 愛情でもない、思いやりでもない、義理でもない、人情でもない、ただ一つ"利益"である。人間は、 利益によって動く動物である」。愛・思いやり・人情などを排除した殺伐としたイメージだが、「人間は、 利益によって動く動物である」これは間違いない。立派な地位の人でも、自分の利益につながるとなれば理性は覆いかぶされてしまう。長年にかけて築き上げた功績も一瞬の理性欠如(悪魔のささやき)で、すべてが壊れていく。
自分も利益によって動かされる傾向にあるが、理性>利益の構図を変えないようにして生きていこう。と思う次第。

お気に入りの曲

Santana-el-farol  Santana - El Farol 

 以前にも採り上げたが、こちらは別バージョン。

https://www.youtube.com/watch?v=jvRumkRr6Nc

2019年10月 3日 (木)

リンゴの実の上にアマガエル

 葉摘み作業中にアマガエルがリンゴの実の上や枝でよく見かける。見つけて目線が合ってもすぐには逃げず、警戒しながらしばらくじっとしている。近くに指が行ってはじめてどこかに飛んでいなくなる。

Dsc_0021-2
Dsc_0023-2

 どうしてリンゴの実の上にいるのか、不思議に思って調べてみると、ウイキペディアに「カエルは水辺に住むものと思われがちだが、ニホンアマガエルは樹上での生活に適応していて、水辺の植物の上や森林などに生息する」とあった。また、「前足に4本、後足に5本の指があり、すべての指先に丸い吸盤がある。この吸盤で枝から枝へ飛び移ったり、ガラスの垂直面に張りつくこともできる」との記述もあった。というわけで、不思議でも何でもないのだ。では、どうして実の上にいるのかな?これには解答がなかった。

①リンゴのツルがあるへこみに水があるから

②日向ぼっこしている

③リンゴの実の表面が冷たくて気持ちがいい

誰か教えて~~

上の写真のカエルちゃんだけを見ると、下あごの膨らみが違っている。

20191003

鳴嚢(めいのう)と言われるカエル類のオスにみられる鳴き袋で、メスを誘うときやほかのオスに縄張りを示すときなどに大きな声で鳴くらしい。 ということは、左のカエルは泣き袋がみえないのでメス?

ニホンアマガエルは、雨が降る前にケッケッケッケッと鳴くことがあり、気圧の変化を感じとり雨が降ることがわかるようだ。

そう言えば、10/2(水)15:30ごろカエルが鳴きだしていたかな?よくしたもので、16:00チョット前に雨が降り出し作業が本日終了となった。(笑)

人の気持ちが予知できる器官が人にあったらええやろな。もっと感受性をようせなあかんかな!!

お気に入りの曲

Evangelion-cruel-angels-thesis

 残酷な天使のテーゼ Evangelion Cruel Angel's Thesis

 https://www.youtube.com/watch?v=GTgAMx5K8nw

2019年10月 2日 (水)

果樹作業の合間に畑仕事

12日ぶりに畑に行ったら大変なことになっていた。本来は草刈りをするつもりであったが、アブラナ科類の野菜のマルチが無残にも引きちぎられていた。何てこった。風だったら土が崩れることはないし、猫でもこんなにズタズタにすることはないので、モグラかな。犯人(?)は誰だ!!俺は怒っているぜ。

Dsc_0029_20191002191301

まぁ、怒っても何の解決にもならないので、白菜を植付けたあと、防虫ネットを張ることにした。猫ならばこれで効果があるハズだが、しばらく様子見だ。

Dsc_0044_20191002191301

長イモのネットがこれまた無残に倒れていた。真ん中の支柱が折れてしまっていたので、これは風が原因だと推測する。もっとしっかりした支柱にすればよかったかな?持ち上げて修復するのは面倒なのでこのままにしておこう。

Dsc_0032

ネットが倒れた時にツルが引っ張られてちぎれているものがあった。せっかくここまで成長したのに悲しいな。葉っぱが無ければ地中のイモに養分がいきわたらなくなるので、ちぎれたところはあまり期待が持てないかも。

Dsc_0031_20191002205701

アブラナ科の一部が虫食い状態。こういうこともあるので防虫ネットを張らなければならない。農薬を極力控えたいしね。

20191002

お気に入りの曲

The-jokersergio-mendes-brazil-66 The Joker/Sergio Mendes & BRAZIL '66 

 軽いテンポでオシャレな曲。こういうの好きだな。 

 https://www.youtube.com/watch?v=DsW28Gz27ZE

 

«ナシと稲の収穫