2018年2月23日 (金)

中央アルプスのカール

散歩コースから見える中央アルプス

71bogy9qcl__sl1500_
雪の白さで夏に比べて近くに見える。何でかな?というわけで調べてみた。

前の方に飛び出して見える「進出色」と、後ろに下がって見える「後退色」の関係だそうだ。

Images6ik50jml

淡い色から外側の赤に向かうほど近くに見える。、逆に淡い色から内側の濃い青に向かうほど遠くに見える。夏の山は森林に覆われた暗緑色だが、雪が積もると右の後退色のように白い方が近くに見える。こんな具合かな

≪おまけ≫

暖色系(+黄色)は前に飛び出してみえる「進出色」、寒色系(+紫)は後ろに下がって見える「後退色」。

Blanc_contentsimage_thickslim_2

この関係を知っていると、プレゼン時に一番アピールしたい点を「進出色」にすれば訴求力が増す。背景をブルーにした場合、文字を黄色にするとかね.......。

摺鉢窪カール(スリバチクボカール)

南駒ヶ岳と赤椰岳の間にある氷河の浸食よってできた広い椀状の谷が擂鉢窪カール。スプーンでえぐったような地形になっているが、擂鉢窪カールは中央アルプスのカールの中でも特に形の整ったカールと言われている。うーん、なんとなく優雅な形かな?

Dsc00762 Photo
空木岳の右下にもカールらしきものがありそう。これが空木平カール(ウツキダイラカール)と呼ばれているものかな?

千畳敷カール

宝剣岳の直下に広がるカール。松川町からは見えないので、駒ヶ根市と伊那市から見た画像。

(駒ヶ根市ツルヤ付近から撮影)

Photo_2
(伊那市高遠城址公園付近から撮影) 

Photo_3

お気に入りの曲

Stan_gtz
Dear Old Stocholm - Stan Getz

哀愁感あふれるメロディとStan Getzのクールな演奏が何ともいい感じだ。こういう曲をじっくり聴くのは好きだ。

https://www.youtube.com/watch?v=o2qnZ3cW7bw

2018年2月20日 (火)

女子カーリング

冬季オリンピックになると何故か女子のカーリングが注目される。

Sports_curling_stone_2
競技時間が長く、じっと見ていると嫌になりこともある。しかし、ストーンを投げた後しばらく気持ちよさそうに滑っている姿や、「ヤー」とか「ウォ」などの掛け声、第5エンド終了後のもぐもぐ(軽食)タイムの雰囲気は実に可愛いと感じる。

Sports_curling_woman
カーリングほど人の顔がアップされる競技はない。特に、可愛いと評判の藤澤五月さんがアップされるは姿は絵になる。美人は得だね!開催国の韓国で人気急上昇中なのも頷ける。

カーリングとは実におかしな道具を使う競技だ。

漬物石の上に取っ手を付けたようなストーン、デッキブラシようなブルーム。このブルーム(ブラシ)でストーンの進行方向を懸命に掃いている姿は滑稽でもある。それに審判はどこだ、いないではないか。

ストーンを投げる人はなぜスィーピングに用いるブラシの柄を小脇に抱えたまま投げるのか?投げる時身体がぶれないようバランを保つためなのかな......?

特に男子の試合で、氷面をブラシで懸命にゴシゴシ掃く選手を見て思うことだが、この人達は普段でもよく掃除をしているのかな?銭湯の掃除をさせたら速いだろうな(笑)。

最近、我が家の廊下がやけにきれいに感じる。もしかして、家内がモップでゴシゴシ!そんなわけないか。

Oosouji_yukafuki_2
小平選手

Photo_5

500m金メダル獲得。感動したな。1000m、1500mも滑る選手だからスタミナ抜群で、後半の加速はすばらしかった。今シーズン負けなしの力をそのまま本番でも発揮できる集中力は並じゃない。試合後のコメントや銀メダルに終わった李相花(イ・サンファ)選手との友情溢れるシーンは、小平選手の人間性を表すシーンでもあり本当に清々しかった。

小平選手は長野県茅野市出身。長野県よかったね!!


お気に入りの曲

818tkqg0j9l__sy355_

 

Joe Henderson - Blue Bossa

ボサノバのリズムにのった軽いテンポがいい。

https://www.youtube.com/watch?v=M69YdmAJoLs

2018年2月15日 (木)

誰かあいつを黙らせてくれ

平昌オリンピックもここ数日で日本選手の活躍が目立ってかなり盛り上がってきた。Olympics_winter_2基本的に直近1年におけるW杯の成績上位選手がメダルを獲っているようで、それらの選手はお互いの力量も知っているので試合後のコメントも実に冷静沈着だ。舞い上がっているのは、メディアと解説者で、やかましいことこの上ない。

1_32_4
ともあれ、15日現在で銀4個、銅3個のメダル獲得は立派な成績だ。

選手諸君、アッパレ!! 

残りの競技でぜひ金メダルを獲る選手が出てくることを期待しよう。 


ところで、やかましいと言えばノルディック複合の荻原健司の解説だった。よくもまあ次から次へと言葉が出てくるもんで、頼むから黙っていてくれよと言いたいい。終盤の渡部暁斗とエリック・フレンツェル選手のデッドヒートを楽しもうと思っていたが、荻原の解説がやかましすぎて集中して見ることができなかった。テレビのボリューム思いっきり下げたけど後味の悪さは最上級。実況中継のアナウンサーの入り込む余地なし。解説者がみごと距離10キロメートル完走だ。

Spo016
このように感じたのは、自分だけじゃなかった。同じように感じた人がいっぱいいた。以下、そのツイート。 

  • 「お願いだから次はもう少し落ち着いて解説して下さい」 
  • 「荻原健司ホント10キロずっと喋ってたな」  
  • 「荻原健司の解説が騒がし過ぎて残念」  
  • 「実況ばりに喋り続けてる(笑)」 
  • 「ノルディック複合の解説って荻原健司だったのか。あの解説はちょっと苦手だから、さりげなく荻原次晴と交代しよう」 
  • 「荻原健司の解説をウザいと感じている人が相当数いるだろうなと思うバレンタインデーの夜」 
  • 「荻原健司のしゃべりちょっとうるさい」 
  • 「解説の荻原健司氏がアツすぎるので、通常視聴の3割までボリュームを絞り込んでいた。本職以上に実況してしまう上に、本職よりも腹から声が出ているというか、もともと声がデカいのだろう。次があるなら少し黙ってほしい 」 
  • 「荻原健司、ちょっとしゃべりすぎ。選手の頑張りをじっくり見たいのよ... 」 
  • 「荻原健司のひとり実況解説でしたね…」 

などなど........。荻原さん、次は静かな解説を期待してまっせ!

お気に入りの曲

R1026164914942853053078_jpeg

Kenny Ball And His Jazzmen - Midnight In Moscow

Kenny Ballと言えばやっぱりこれ、「モスコーの夜は更けて」。ロシアの曲「モスクワ郊外のゆうべ」をみごとにアレンジして、テンポのよい曲に仕上げている。

https://www.youtube.com/watch?v=o744d4mwOgQ

2018年2月12日 (月)

散歩に欠かせないグッズ

今日は朝から雪が降って少しずつ積もってきたので散歩はできそうにない。だけど散歩に関すること。

天気が良ければ1時間チョットの散歩を続けている。家を出ていつも迷うのは、山側に行くか(西)、天竜川方面(東)に行くかだ。Thumbnail_hougaku_3西へ行けば直線距離にして3km、高低差125mの坂道を上り続けなければならないので少々きつい。だけど帰りは下りなので楽ちん。

東に行けば直線距離にして2.5km、高低差85mを下るので楽だ。しかし、帰りは上り坂になるので家のに着いても心臓パクパクだ。 

というわけで、帰りが楽な方を選択することが多い。 

ところで、散歩時に必ず持って行くものがこれ(⇓)。

Dsc00745

SimマイクロSDカードに保存した音楽(MP3形式)を聴くことができる。USBメモリーも使えるが出っ張るから使わない。

SDカードに好きな曲をメモリーに入れ、スピーカー音で聴きながら歩いている。イヤホンだと周囲の音が聞こえず危険だ。田舎だから車や人も少なく余計な音に邪魔されることもなくルンルン気分で散歩。これ最高!

ジャンルはジャズ、洋楽ポップス、クラシック。

FMとAMラジオも聴けるが、これは野良仕事用。AMの感度はいまいちかな?USBケーブル経由で充電できるのは便利。

61huaab52sl__sl1377_何かCMみたいになってしまったが、とにかく安くて便利。

本体¥2,250.- USB充電アダプタ¥226.-

「やかましい音楽を聴きながら歩いてる変なおっさんがいてるで!」と思われているかもネ!(笑)

71bogy9qcl__sl1500__3

これも散歩にはいい機能


お気に入りの曲

Hqdefaultdqcc8aj9
Korobeiniki(コロブチカ)

フォークダンスでおなじみのロシア民謡。行商人の人生をうたった曲だが、哀愁感が漂う。

https://www.youtube.com/watch?v=BBU5THob4pc

2018年2月 6日 (火)

果樹の選定作業と樹高

剪定作業

この時期、町内を散歩しているとモモ、ナシ、カキ、リンゴの剪定作業があちらこちらで行われている。剪定作業は、植物の活動が低調になる冬場に行うのが基本。剪定を行わないと樹は高く上に伸びていき管理や収穫作業がやりにくくなる。

各農家さんにはこだわりのやり方があるので剪定に携わる作業はやったことがない。

見た感じだが、モモやカキは比較的樹高が高いように感じるので、チョット調べてみた。JA岡山西のホームページの記述(下図)

Photo

ナシ

枝を棚に這わせるので150~180cmぐらいの高さだが、棚の鉄線がそのまま縦横に移動できないので背が高いと案外厄介だ。

Dsc00594

Game_moguratataki_2

穴から顔を出すモグラのように棚から顔を出さないと作業できない。かがんだ姿勢になることもあるので結構大変かも。

モモ

モモの樹は斜めY字型に植えられている。この方が日当たりがよく風も通しやすく結実しやすいそうだ。樹高は高いのが多い。下の写真では9尺(270cm)の3脚が置いてある。

Dsc00600
リンゴ

この付近のリンゴ畑は矮化栽培(ワイカサイバイ)なので、樹の高さは低いので作業は比較的やりやすいのかな?

Dsc07484

※矮化栽培…接ぎ木した穂木の成長を押さえる性質を持ったわい性台木を利用して低く仕立て、密植し集約的に栽培する方法。樹高が低くて作業がしやすく、3~4年で収穫できるという利点がある。

カキ

7尺3脚(210cm)の天板部にのって作業をしているので、意外に高い。

(天分部に立つのは危険なので本来はいけない)

Dsc00712

お気に入りの曲

R988060814878681562242_jpeg
Kenny Ball  - Sukiyaki

「上を向いて歩こう」をデキシーランド調にしたアレンジが素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=MfkjskIT_IY

2018年2月 3日 (土)

根気のいる果樹作業

散剪定作業が終了したナシ畑Dsc00684
上に伸びた枝がほとんどない。目につくのは白と青の数えきれないほどの紐だ。枝を鉄線の棚に誘因する紐だが、恐ろしいほどの数だ。果樹栽培は根気のいる作業とつくづく実感させられる。

Dsc00683

徒長枝(とちょうし)は勢いよく上に伸びる元気な枝で、そのままにしておくと樹の養分の流れがそこに向かうため、他の枝の成長を遅らせてしまう。また、花芽もつきにくいと言われている。なので剪定時に切り落とされるのが一般的。

剪定前だとこんな感じ ⇓ 。上に伸びた枝でいっぱいだ。これだけあると気が遠くなりそうだ。

2016_97

原田の堤(ため池)

このところ気温が低かったので表面は大半凍っていた。

Dsc00674

冬のこういう風景は殺風景だ。

Dsc00676

地表の温度が低いと根が育たない→根が成長しないと植物は育たない。池の周りの草も表面は枯れているが、根はしっかり残っている。暖かくなれば根が成長し青々とした姿を見せてくれる。草もないとちょっとさみしい。

お気に入りの曲

414famyebrl
Louis Armstrong - On the Sunny Side of the Street

ジャズのスタンダードナンバー。ルイの演奏にはいつもながら歌心を感じさせられる。

https://www.youtube.com/watch?v=bQz3ixEQWz8

2018年2月 2日 (金)

雪景色

果樹園も学校のグラウンドも雪景色

この冬一番の雪らしい雪。朝は雪かきをしたが、5cmぐらいの積雪だったかな。

12
雲の上にうっすらと浮かぶ烏帽子岳

Dsc00709
楽しそうに雪を投げ合う下校中の子供達

雪合戦ではなさそうだ。こういう光景はいつの時代も変わらない。雪に感謝!

Dsc00700
ムクドリも柿の木の下仲よく集合。何をしてるのかな?

Dsc00705
日も暮れたので、今日はこの辺で。

Dsc00711
お気に入りの曲

Hqdefault Besame Mucho - Nikola Petrovski(Alto Sax)

テンポのよいベサメムーチョだ。こういうのもありだ。

https://www.youtube.com/watch?v=eR6-RVrJ8mk 

2018年2月 1日 (木)

所得税が半端じゃない仮想通貨

仮想通貨virtual currency)というものがよくわからない。

特定の国家による価値の保証を持たない通貨だが、インターネット上で「お金」のようにやりとりされている。

南信州の田舎もんには摩訶不思議な通貨だ。メディアの情報などから判断すると、本来の使い方ではなく、株価のように価値の値上がりを狙った短期の投機的な要素で使われているようだ。

ところで、仮想通貨の値上がりで得た利益の税金はどうなるのかな?と思って調べてみた。

[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるもので、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となる。原則として、雑所得かつ総合課税に区分される。国税庁所得税の速算表を基に復興特別所得税を加味した早見表は下の通り。

Photo復興特別所得税=基準所得額x0.021=課税所得額x(所得税率%)÷100)x0.021含む)

今、メディアでもてはやされている仮想通貨で1億円稼いだ『億り人を例に、上の早見表から税金を計算すると。

所得税:100,000,000×45.945%4,796,000=¥41,149,000.-

住民税:100,000,000×10%=10,000,000.-

合計:51,149,000.-

所得税は、累進課税制度で所得が高いほど税率が高く設定されているので、億り人と呼ばれている人は半分以上を税金で持っていかれる(表現が悪いかな?)。

仮想通貨の価格は変動するので、大変なことが起こる可能性がある。

億円の利益を昨年に利益確定(決済処理)し、その1億円で今年1月早々旬新たに仮想通貨ビットコインを購入した場合は悲惨なことになる。下のチャートをみると、現在価格はおよそ半分になっている。

所得税と住民税で¥51,149,000.-を支払わなけれならない上に、ビットコイン購入資金1億円が現時点でおよそ半分になっているのでこのままの状態が続けば赤字で税金を払えなくなってしまう。市場の変動におどおどしながらストレスのたまる日々を送り続けることになる。Photo_2
株式及びFX外国為替証拠金取引)で得た利益に対しては、20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税率分の税金を払わなければならない。が、申告分離課税のため一律20.315で利益の大小は問われない。 

極端な例ではあるが、NISAで百万円で買った株の株価が100倍になれば、9千9百万円の利益には何の税金も生じない。これがほんとの億り人だ。(嘘のような仮定の話だが) 

お気に入りの曲

Maxresdefault_2シューベルト/楽興の時 第3番 へ短調,D780,op.94

NHKのラジオ番組「音楽の泉」のテーマ曲(オープニングとエンディング)に使われている曲。野良仕事をしているときに流れてくる曲だ。ラジオではアンドラーシュ・シフの演奏とのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=ub_Dx0yXQIE

2018年1月30日 (火)

タマネギの黒マルチが

今年は定植後の生育が悪い。低温で苗が弱ってしまったのかな?そのために黒マルチで防寒していたのだが、霜で根が土から浮き上がって多くが寝そべっていた。

寝そべっている苗をもう一度植えなおす気力はなく、たくさん植えたからもういいやと納得させている自分がそこにいた。

植付けた直後はきれいにマルチシートが敷かれ満足感たっぷりだった。

Dsc00466_2

暴風ネットをしていたにもかかわらず、強風でまくれあがっていたので、2列だけ残しマルチを剥がした。防風ネットは効果なしか。

Dsc00589_2

今日、畑に行ったら見事に風に飛ばされていた。鉄のL鋼で重しをしていたのだが、これも効果なし。元の状態に戻すのはあきらめよう。

Dsc00670_2

とうとう何も無くなっちゃた。こうなると、すべての労力が無になってしまった。作るのは手間がかかるが、壊れるのはあっという間。これが人生だ。

Dsc00672_2

お気に入りの曲

51jdyhc6npl__sy355_

『トランペット・ヴォランタリー(Trumpet Voluntary)』

すみ切ったトランペットの音色で心も健やかになる。ヴォランタリーとは教会の礼拝前後とその合間に演奏されるオルガンの曲のことだが、これをトランペット用に編曲された。

https://www.youtube.com/watch?v=z1088E6E2fY

2018年1月27日 (土)

長野から遠い甲子園

第90回記念選抜高校野球大会の出場36校が決まった。今回は記念大会のため例年より4校多い。(東北地区+1、北信越地区+1、東海地区+1、中・四国地区で+1)

1

一般選考…32校 各地方大会の戦績優秀校(大差で敗戦した場合は選外もある)

21世紀枠…3校 由利工(秋田)伊万里(佐賀)膳所(滋賀)

神宮大会枠…1校(神宮招待大会で高知の明徳義塾が優勝したので四国地区より選出)

出場校すべてに関心はないので、自分に関連する地区をピックアップした。

≪北信越地区

日本航空石川(石川)星稜(石川)富山商(富山)の3校が出場決定

2018
3枠なので、決勝に進出した2校は当確。準決勝の戦い方から富山商が有力と予想していたので順当な選考だ。補欠校は北越と富山国際大付。残念ながら長野県勢は松商学園が準々決勝で敗退したので選考基準に達していなかった。長野県民は甲子園に関心なしかな?

近畿地区≫

滋賀出身なので、やはりこの地区が一番気になっていた。

2018_2

6枠なので、ベスト4の大阪桐蔭(大阪)智辯和歌山(和歌山)近江(滋賀)乙訓(京都)は当確。残り2枠だが、近大付と法隆寺国際は大敗しているので、智辯学園(奈良)彦根東(滋賀)が選出された。まぁ、これも順当だ。

驚いたのは、一般選考で2校選出された滋賀だ。近畿勢の厚い壁に阻まれ1校だけが精一杯だったのに2校も選ばれた。これだけでも奇跡に近いのが、さらに膳所(ゼゼと読む)が21世紀枠で選ばれ、3校も出場するのだ。彦根東と膳所は県を2分する双頭の進学校(共に公立)で、同時に出場するのも奇跡だ。

滋賀県で中学時代に野球が上手い選手は、大阪桐蔭やその他常連校に引き抜かれるので公立校で純粋に地元の学校が出るのは好ましいことだ。

一回戦ですべて敗退なんてことにならないことを祈る。

お気に入りの曲

51vleqi48l__ss500
Banda Sinfonica La Artistica - El Gato Montes

この曲を聴くと元気が沸いてくる。自分勝手な解釈かも知れないが、元気になることはいいことだ。

https://www.youtube.com/watch?v=BCDYdsHNyhY

«迫りくる黒いパネルの恐怖~Part Ⅳ