2017年6月21日 (水)

雨、久しぶりの休息

今日は。ナシの作業はナシ。自分はパート作業員なので楽なもんだが、本業の方は1日1日が勝負なので予定が狂ったりして大変だと思う。

昨日見たリンゴの木(樹?)

摘果がまだ終っていないリンゴの木はかなりの大玉が鈴なり状態だ。ここまで大きくなってくると中心果にこだわるよりも、ひとかたまりの中で一番大きくて形のよい果実を残せばよい。(.....と思う。『ふじ』の場合)

Dsc00093
このような大きな果実を摘果する場合は、茎(果柄)が固いので多くの人はハサミを使う。もっと大玉になった7月に摘果を実施したことがあるが、自分は手でやっていた。そういえば指が少し痛かったかな?

Dsc00094

上の写真は北側の枝なので実はまだ青いが、それ以外の枝に生っている実は赤く色づき始めている。

Dsc00100_2

摘果してあるから色づいているのかも知れないが、果実らしさを感じてくる。

Dsc00097

Dsc00099

雨のおかげで休息の日を持つことができた。この期間中は(土)(日)関係なしなのだ。雨が降ればお休み!久しぶりの自由時間。

お気に入りの曲

Maxresdefault Nicki Parrott - I Will Wait For You

映画「シェルブールの雨傘」のテーマソング。映画中ではダニエル・リカーリが歌っていたが、ニッキ・パロットの甘くて優しいい声、アレンジも最高だな。

https://www.youtube.com/watch?v=oiEuMNxDrfI

2017年6月18日 (日)

ナシ(南水)の袋かけ作業

ナシの袋かけは、①病害虫の被害の防止 ②風雨等から果実を保護 ③梨の実の肌を綺麗に仕上げる などの目的で実施する。

この作業は、自分が実施した果樹作業の中で最も根気を必要とする厄介な作業だ。網目の棚に枝を這わせるように固定してあるので頭を上に出す場所を探さなければならない。頭を上に出す場所がなければ、棚の下でかがんだ状態で作業をしなければならない。腰が痛い(>_<)。

Dsc00081

Photo

袋かけの仕方(柴田屋加工紙㈱)

Photo
基本は上図だが、止め金のついていない方を半分ほどすぼめた所を中指で押さえ、止め金のついた側の残り半分を両手の親指ですぼめ、最後に止め金を果実の茎に巻き付ける。自分は下の動画を参考にしている。

但し、袋をかぶせた後、真ん中を抑えその後片方ずつすぼめていくなどやり方はいろいろあるので、自分にあった方法で........。

Dsc00088
かけ忘れはないと思っていても棚の上から見ると、オット所どころに作業抜けがあるではないか。特に上にある果実は日焼けしてしまうのでかけ忘れは良くない。

Dsc00090
作業は始まったばかり。まだまだ先は長い。どうしよう!!まぁ、ボチボチやりまっさ。

(自分を含め、アルバイト作業員は3名)

Dsc00078

お気に入りの曲

61tmo0ntd5l__sy400_Connie Evingson & The Hot Club of Sweden - Comes Love

6月12日に続いてコニー・エヴィンソン。大好きな曲Comes Loveを見事にこなしている。

https://www.youtube.com/watch?v=olstmoDs3U8

2017年6月16日 (金)

ブルーベリーの収穫がそろそろ

ブルーベリーの実がポツンポツンと黒くなってきた。もう少しで収穫できそうだ。楽しみやネ! 

昨年は、鳥よけのネットをしたおかげでたくさん収穫できたが、ヒヨドリがネットに足を絡ませ身動きできないことがあった。今年は1cmの細かい網目にしたので鳥さんの被害がないことを願う。

Dsc00071

Dsc00073

Dsc00072
畑の全景

タマネギを収穫した後、草刈りをした。自己満足かもしれないが多少スッキリしたように感じる。

ジャガイモ・キャベツ・ニンニクを収穫したら、あとはナス・トマト・スイカ・コーンなどの夏野菜の収穫までしばらく様子見だ。

Dsc00066_stitch

お気に入りの曲

20120209_339c5c
Tom Jones - Delilah

この歌は、『旧約聖書』のサムソン(Samson)とデリラ(Delilah)の物語がベースにあり悪女のDelilahが登場するといいことはない。そんなことを感じさせる歌だがメロディとトムの歌唱力がいい。

https://www.youtube.com/watch?v=S87jWwzvwd8

2017年6月12日 (月)

久しぶりの畑

果樹作業の間、水やりもせずしばらく放置状態だったが畑の野菜は根性があった。あまり過保護にしなくてもそれなりに順応していくもんだ。人間だってそうかもしれんなぁ。

カリフラワーとブロッコリ-

防虫ネットを張っていたので、無農薬で元気に育っている。これなら家内にも喜んでもらえそうだ。エエ気分!

Dsc00045

Dsc00047
タマネギ

葉が全体の半分ほど倒れてきだした。8割ほどバタバタ倒れたら収穫だ。強風のためマルチシートが剥がれたので草がいっぱいだ。それに、植付時の苗が小さかったので、今年は全体的に小ぶりだ。

Dsc00055
ジャガイモ

植付け後に地温を高める目的で黒マルチで覆ったが、所どころ芽が出なかったので若干歯抜け状態になっている。一部の葉っぱは黄ばんできているので収穫も間近だ。

Dsc00054
本日の収穫

キャベツ、レタス、カリフラワー、グリーンピース、キヌサヤ。安心の無農薬。

Dsc00052

お気に入りの曲

3c5f4c2bbef2329c207cdd73981a9fe8
Connie Evingson  -  Lullaby of the Leaves

クールさの中に甘さを合わせ持つコニー・エヴィンソンの歌声。ぶっきらぼうなようでなんだか心地よい。

https://www.youtube.com/watch?v=-bf9TjnzkF8

2017年6月 8日 (木)

わい化栽培のりんご畑

わい化栽培のリンゴ畑

わい化栽培は、直線的に樹が並ぶので遠近法で見た目スッキリしている。だけど細長くて先が見えないので、始めて入った畑では「どこまで続くんだい」という気持ちがわいてきて、時に気持ちが萎えてくる。

Dsc00027

リンゴのわい化栽培では、接ぎ木して樹が大きくならない特性を持たせているので樹間はおよそ2m間隔で植えられている。樹の中央に針金(ワイヤー)が上下に2~3本通っているので左右に分かれてワイワイガヤガヤ言いながら作業を行う。オットしゃべっているのは関西人の自分だけ。なんせ信州の人は寡黙なんだから。そやけど、笑っているからやっぱり聞いているんだ。

わい化栽培は、11本の樹が小さいから日当たりがよく、糖度が増して甘いリンゴができるとも言われている。それより樹が高くないから作業がし易い。(この畑はチョット樹が高い。矛盾?)

Dsc00025

普通栽培のリンゴ畑

樹が大きくて高い。脚立も7尺ぐらいの高いものが必要になる。足場をしっかりしておかないとチョットのことでグラッとする。オー!コワ~。

枝と枝が重なり合って日陰になり易いが、根がしっかり張っているので樹の寿命が長く、災害や病気にも強い

Dsc00032_2

高密植わい化栽培

これまでのわい化栽培に比べさらに樹間を1m以下にする栽培方法で、最近増えてきた。下の写真はこの時期のものではないが樹が小さいので作業が楽で高齢者に優しい栽培方法だ。この方法では1本の樹からの収穫量は少ないが、普通栽培と同じ面積であればたくさんの樹を植えることができるので収穫量はほとんど変わらない。作業の安全性や効率からするとこの方法はエエやないか。但し、根がしっかり張ってないから寿命が短く、災害や病気に弱いという欠点もある。

2016_2193_2

これで春のリンゴ荒摘果作業のパートは終了。中旬からは梨の袋かけ作業。摘果などのあるものを捨てる(取り去る)のは得意なんだが、あるものに何かをつけるとか結ぶなどの付加作業は苦手なんだけど......。手先が不器用だからしっかり予習して仲間に迷惑をかけないようしなければ!

お気に入りの曲

Hqdefault

Paul Desmond Quartet  - Greensleeves

独特の繊細な音色を聴かせてくれるアルト・サックス奏者のボール・デスモンド。デイヴ・ブルーベックで有名な「Take Five」を作曲した人だ。

https://www.youtube.com/watch?v=S_3h6FZpPi0

2017年6月 6日 (火)

リンゴの荒摘果作業も終盤

この時期になると幼果もかなり大きくなっている。摘果時ポロッと簡単に落とせるが茎(果柄)が硬いので続けていると指が痛くなってくる。こんな時ハサミを使う人もいるが、自分はハサミは使わない。面の皮は薄いが指の皮は厚い?

薄いつもりで厚いのが面の皮 強いつもりで弱いのが根性 短いつもりで長いのが老後

(元善光寺“つもり違い12ヶ条”より)

Dsc00038
葉っぱが大きくなりどこが2年枝かわかりまへん。エライコッチャ!

Dsc00039

下から覗いてみると、あったあった2年枝と判別できる節が。ここから右側が2年枝でその先の若々しい枝が新梢だ。

Dsc00040_4
せせらぎ

リンゴ畑のすぐそばを流れる小川。水の流れる音を聞くと心が癒される。ところで、犬や猫などもこんな風に癒しを感じるのかな。

Dsc00041
お気に入りの曲

Dolly_album_coverDolly Parton - We Used To

せせらぎと言えばやはりこの曲。邦題は何故か『想い出のせせらぎ』。ドリー・パートンが続くがいい曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=5L1jkFQd4yM

2017年6月 2日 (金)

リンゴの摘花・摘果やってまぁ~す ②

リンゴの摘花は『中心花を残す』が基本。アレレ、中心花がない?

一番最初に咲く中心花は霜の影響を最も受け易く、下の写真のように、花が咲かない場合がある。 

Dsc08376_2
Dsc08428_2
中心に花らしきものあれど.....

花びらが散った後、中心部に短くて茶色く焼けたようなものがある。花がさいた後で霜の被害を受けたものだ。

Dsc04925

上のように霜の影響で中心部がないものが多くある。

そんな時どうする

品種の特性

  • ふじ…中心花(果)がない場合は、大きくて形のよい側花(果)をひとつ残す
  • つがる…中心花(果)以外は、ツルサビの発生が多くなるので中心花(果)のみ残す
  • 王林…凍霜害に弱く中心花(果)のないものが多いが、その場合は側果で大きなものを残す

2年枝と新梢枝

摘果の時期が遅くなると、今年の春にできた新しい枝(新梢)が2年枝の先にグ~ンと伸びてくる。この新梢を2年枝と勘違いすることがある。新梢は当然養分を蓄えていないのですべての花や幼果は取り去る。新梢を2年枝と勘違いすると本来取り去るべき2年枝の花や幼果が残ってしまうことになってしまう。今年伸びた新梢は青っぽく若々しい枝なのですぐに判断できる。

Dsc00022

側果の大きくて形のよいものを残してください

中心果が無く側果を残す場合、農園主からよく言われるが、大きいものはすぐにわかるが形の良いものは判断に迷う。

Dsc08446
今回は下の幼果を残した

Dsc08447_2
この中でどれが大きくて形がよい幼果なのか

Dsc00011
下の列の右から2番目かな?まだまだ修行が足りないので迷ってばっかりだ。

残す幼果の条件

  • 中心果で果柄の長いもの 
  • 大きなタテ長のもの 
  • 果柄のつけ根が凹んだもの 
  • 果柄が極端に太くないもの

    Photo

お気に入りの曲

Images4txm79zk

Wild Flowers - Dolly Parton, Linda Ronstadt & Emmylou Harris

カントリー/ポップス界の大御所ドリー・パートン、リンダ・ロンシュタット、エミルー・ハリスの仲良し3人がトリオを結成した 贅沢なアルバムの中の曲。

https://www.youtube.com/watch?v=nC1HI84Enwk

2017年5月29日 (月)

リンゴの摘花・摘果やってまぁ~す ①

毎年同じ作業をしていて内容的に目新しいものはないが、自分が行っている摘花・摘果の方法をまとめてみた。(今回はあくまでも原則)

中心花 

リンゴの花は一か所に5~6枚の花が咲き、一番最初に咲く中心の花(中心花)だけを残し周りの花はすべて摘み取るのが基本。

20170528
2年枝

昨年伸びて今年で2年目を迎える枝(2年枝)に咲いている花はすべて摘み取る。 

2年枝の見分け方は、先端から枝元に向かって最初にある節を見つけたら、そこから先端までが2年枝だ。但し、農園によっては、 

  • 2年枝が20cm以内の場合は先端の中心花だけ残し、それより長い場合はすべて摘み取る 
  • 2年枝の長さに関係なく、すべて摘み取る 
  • 2年枝の長さに関係なく、先端の中心花だけ残す 

など様々なので、作業に入る前に確認する必要がある。

2
花そうごと取ってはいけない 

引きちぎるように花をとると、花だけでなく葉っぱを含めた花かそうごと取れてしまう。そうなると、 

  • 2年枝の場合、来年の花芽がなくなってしまう 
  • 2年枝以外の場合、今年の実がなくなってしまう

Dsc08332
花そうごと取れてしまった枝(葉っぱが無くさみしい枝になってしまう) 

このような摘花をしている人の場合、枝の下の地面に葉っぱがいっぱい落ちているのでよく分かる。

Dsc08341

Photo

花だけが摘み取られ、葉っぱが残った2年枝は青々としており生命を感じる。

Dsc08284_2

摘花⇒摘果

少し時期が遅れると花が成長して幼果になり、作業内容は摘花から摘果に変わる。方法は摘花と同じで、中心の幼果だけ残し、周りはすべて取り去る。

Photo

幼果の取り方

幼果がだんだん大きくなってくると、茎(果梗)の部分が硬くなってくるので幼果を引っ張ってとると果そうごととれてしまう。ハサミを使って摘果する方法もあるが、手で行う場合自分は下の写真の方法でやる。この方法だと爪も痛くならない。

3

 実際の作業は、自然の中でいろんな事が発生しているので、臨機応変に対処していかなければならない。次回はそのあたりを記してみよう。

お気に入りの曲

Dolly20parton

Coat Of Many Colors - Dolly Parton

この曲は歌詞がすばらしい。貧しいながらも慎ましい生活を送っている母娘の唄だ。カラフルで派手なコートではなく、貧しい母親が娘のためにいろんな色の小さい布をつなぎ合わせて作ったコートのことだ。

今回は歌詞付きで。

この歌は、岡林信康の『チュリップのアップリケ』と同様、なぜか心に訴えかける。

https://www.youtube.com/watch?v=h7I_9MMcWvk

2017年5月26日 (金)

友来たりて都会の香り.......!

先日、東京から本社勤務時代の友が南信州まで来てくれた。おそらく5年半ぶりの再会。関西の友人と会食することは毎年あるが、久しぶりに東京の匂いを嗅いだ。(笑)

5
松川町は自然がいっぱいでいい所。だけど、たまには都会の空気に触れることも大事だ。農村文化と都市文化とでは大きな違いがある。一般生活で最新式のものが農村にやってくるのはかなりの時間差があり、そこに文化の違いが生じる。インターネットで情報の収集はできるが、それがもたらす感触とか香りを知ることはできない。Computer_search_kensaku

ところで、自分は大阪、東京、名古屋での勤務経験があるが、県民性という観点からすると名古屋は特異な印象がある。県民性研究の第一人者である矢野新一氏の名古屋人分析も興味深い。 

下の動画の6分あたりから始まる、東京、大阪、名古屋の男性がそろって食事をした時、それぞれどんな思いで席を立つかという話が面白い。 

東京の男性…3人分をいかにかっこよく払おうかと思って席を立つ 

大阪の男性…どう割り勘にもっていこうかなと思って席を立つ 

名古屋の男性…どうお礼を言おうかなと思って席を立つ 

みんながそうだとは思えないが、当たらずとも遠からずだ。(名古屋人怒らんといて)

この人の講習会に参加させてもらったが、全国への出張が多かった自分にとっては県民性を把握しておくことは、実に面白くビジネスに役立ったものだ。

(参考)長野県

県民性は以前も取り上げたが、話のついでに把握しておくと会話がつながったりしておもしろいものである。

お気に入りの曲

Maxresdefault_2Russian Folk Music - Russian Winter

民族音楽も県民性と同様、その地域の気候風土と関連して興味深い。

https://www.youtube.com/watch?v=L4iDAqTglzQ

2017年5月24日 (水)

果樹摘花作業の風景

リンゴの摘果作業①

中央の人の脚立は7尺(天板高さ210cm)。脚立は開いて使うので実際は少し低くなるが、初心者は上3段あたりから怖く感じるだろう。右の人が使っているのは果樹用の3段踏み台。傾斜地で使うとたまに踏み台ごとゴロリとひっくり返ることがある。低いからとなめたらあかんヨ。

Dsc08420
リンゴの摘果作業②

男性の作業風景はなぜか殺風景だ。作業場に華がない。こんなことを感じるのは自分だけかな?ここに女性が一人でも加わるとずいぶん温か味が出るやろな。

Dsc08402

そこで、上の女性一人を借りてみた(合成)。少しは華やかになったかな?

Dsc08402_2

ナシの摘花作業

左の女性のように上向きの作業が多いので首と肩に負担がかかる。リンゴの作業よりきついかも。特に男性は背が高いので、棚の下で腰をかがめて歩かなければならずこれまたきつい。さらに、うっかりしていると大きな枝に頭をガツン!

Dsc08403

お気に入りの曲

51ubmk2dfsl__sy355_

Mildred Bailey - Lover Come Back To Me

(恋人よ我に帰れ)

ミセス・スウィングといわれたミルドレッド・ベイリー。美しく甘い歌声はその巨体から想像できないほど繊細だ。

https://www.youtube.com/watch?v=F0mep5rUIm8

«摘花・摘果作業が比較的楽だ