フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

山に雪が!!

今朝、果樹作業の出勤時にふと中央アルプスに目をやると「アッ!山に雪が積もっている」
何でや、昨日は一日中雨だったのに山は雪だった?いくら標高が高いといっても平地とこんなに違うものなのかと驚くばかり。滋賀に住んでいた頃には考えられないことだ。平地が雨なら山も雨。とはいえ、現実は現実。

中央アルプス

Dsc_0003-2
Dsc_0004-2

南アルプス

Dsc_0007-2
Dsc_0008-2

お気に入りの曲

Photo_20201018221001 ぼくたちの失敗 - 森田童子 

独特の世界観を醸し出している。こんないい曲があったんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=VPoGuaH29MQ

2020年10月17日 (土)

ゼロからのスタート

「どうして南信州に来たんですか?」とよく人から聞かれる。
これに対して「まあ、何となく」と応えることが多い。

本心を明かせば、これまでの生き方をリセットしたい気持ちがあったから。南信州になったのは、中央道から見えるリンゴ畑に引き寄せられたのかも知れない。
それまで、会社の同僚やメンバーに恵まれなんの不自由もなく、定年後も継続勤務していたが、そこには会社があっての自分がいたのであって、会社という前提を外したらどうなるだろうという思いがあった。

親戚も知り合いもいない場所で新たに自分を試してみたかったというのが本音。
性格的に同じ場所にとどまっているのは好きではないし、変化に対しては順応できるタイプなので結果的には南信州に移住してよかったかもしれない。頭の片隅にもなかった果樹作業や人との新たな出会いがあり、こんな生き方もまんざらでもない。

心がけていることは、「新しい地域に入ればゼロからのスタートとなるので、過去の地位・人脈・実績・経験はいったんリセットし、新しい作業環境に謙虚な姿勢で臨む自分であるべし」というマインドセット。

お気に入りの曲 

Karl-boxer-trio-autumn-leaves Karl Boxer Trio - Autumn Leaves 

情緒的な枯葉もいいが、スウインギーなアレンジも味わい深い。 

https://www.youtube.com/watch?v=jwuB5gbdgLc

2020年10月14日 (水)

予期せぬこと

リンゴの摘果や葉摘み作業中は、葉っぱに付着しているホコリが舞うので必ずマスクを着用している。

これまでは「不織布マスク」を使用していたが、新型コロナに端を発して「布マスク」や「ポリウレタンマスク」が脚光を浴びるようになった。但し、布マスクの「アベノマスク」は使おうという気もわかないので対象外。

Photo_20201014213501

経験上だが、布マスクはオシャレだが息がしづらい。これに対し、ポリウレタンは空気の通りがいいので呼吸が楽で、メガネもくもりにくい。

ということで、今日はポリウレタンマスクを使用したが、作業をはじめて間もなく何だかマスクの位置がおかしいと思い外してみたらこんな状態になっていた。

Dsc_0002-2

枝にマスクが引っかかりちぎれてしまったのだ。何回も外したりすると耳かけの部分がちぎれることがあるのでこういうことも起こり得る。

結論として、マスクを着用するならやっぱり「不織布マスク」に落ち着いた。

お気に入りの曲

I-had-a-ball-ivan-paduart I Had a Ball · Ivan Paduart 

う~ん!ご機嫌な演奏。 

https://www.youtube.com/watch?v=cVyiFdQqW3w

2020年10月12日 (月)

リンゴの葉こき作業~続き

真っすぐ上に伸びた徒長枝の葉っぱをスルスルと取っていく。これはなかなか気持ちがいい。しかし、かなり上にあるので手前に倒して取らざるを得ない。

Photo_20201012200502

主枝の上の太い徒長枝。これも容赦なくスルスル。

Photo_20201012200503

クロッカスを大きくしたような紫色の花を見つけた。一緒に作業をしている女性の話ではサフランとの事。球根だが土の中に埋めなくても転がしておくだけでも花が咲くらしい。ウ~ンたくましい。

Photo_20201012200501

お気に入りの曲

Norah-jones-happy-pills Norah Jones - Happy Pills

https://www.youtube.com/watch?v=a9s0DCQJq4I

 

2020年10月 9日 (金)

リンゴの葉こき

今年伸びた枝の葉は、「新梢葉(しんしょうよう)」、「果そう葉」、 「副梢葉(ふくしょうよう)」に分けられる(下図)。これに真上にのびる勢いの良い「徒長枝葉(とちょうしよう)」が加わる。 

Photo_20201009113701

葉摘みは、リンゴの果台の周りの葉(果そう葉)や実に陰を作っている葉っぱを取っていくが、葉っぱは果実に養分を供給する重要な役目を持っているのでむやみに取ればいいというものではない。

各部位の葉っぱの役割と期間を考慮し、科学的な裏付けをもとに作業をすることで色づきの良い美味しいリンゴを作ることができる。 

①りんごの実のツル元にある小さな葉(果そう葉) は、結実や果実肥大だけでなく副梢の生長をも担っている。しかし、8月下旬になればその働きを終えてしまう。

Dsc00354

②副梢葉は、自分の伸長をまかない来年の花芽を作る重要な役割を担っているので葉摘み時にこの枝(副梢)を取ってしまわないようにしなければならない。この葉っぱは、9月下旬から10月上旬になればその働きを終えてしまう。

Dsc_0007-7002

③今年伸びた勢いの強い徒長枝の葉は、根からの吸水をまかなうポンプの役割をしているが10月中・下旬にはその働きを終える。

Dsc06263

以上のことから、「新梢葉」や「徒長枝葉」など今年伸びた元気のある枝の葉は10月中旬頃にその働きを終えているので、摘んでやってリンゴの実に日光が当たるようにしてやると色づきのよいおいしいリンゴができるということになる。

そこで、葉こき作業のこと。

葉こきとは、リンゴの樹全体に日差しが入るように、葉っぱをコキ落とす作業。

農園さんから教えられたのは、今年伸びた枝(新梢枝)が対象で、先端の5~6枚を残しそこから下方の節にぶつかるまでの葉っぱをスルスルと取っていく(節の周り含む)。こうすることでリンゴの実により多くの日が当たるようになる。一般的な農園ではこの作業をすることはないが、葉こきはリンゴを科学した理にかなった作業だ。

実際の葉こき作業は雨などの影響で12日からになる。葉こきを終えると次の作業は玉回し、その後収穫作業。かなりの長期戦だ。

お気に入りの曲

Accarezzame-julian-oliver-mazzariello-an Accarezzame · Julian Oliver Mazzariello, André Ceccarelli, Rémi Vignolo 

https://www.youtube.com/watch?v=zNFU5VFmpJo&feature=emb_title

2020年10月 8日 (木)

リンゴの副梢と徒長枝

はじめに、以下の内容は、自身がネット等で調べた内容なので正しいか否かは不明。間違いがあれば誰か指摘して~。

樹木は前年に作られた梢(2年枝)に新しい梢が今年に付け加わることで成長していく。今年伸びた枝は、1年生枝または新梢(新しく伸び出た枝)と呼ばれている。

りんごは頂芽(ちょうが/枝の先端)、その後に腋芽(えきが/枝の途中から生えた芽)という順番で花芽が作られるので、先にできた頂芽の方が腋芽よりも養分が多く蓄えられている。りんごの摘果では、頂芽果(新梢の先端に生った実)や新梢から出た腋芽果は摘み取る。また、去年伸びた2年枝は先端が20cm以下の頂芽には実を生らせるが、腋芽は摘果し1年休ませ十分養分を蓄えさせてから来年に果実を生らせる。

注)摘み取るのは花芽からできた実であって、葉っぱは取ってはいけない。

Dsc01766

頂芽から出芽した新梢を頂生枝、側芽からのものは側生枝と呼ばれている。

新梢が頂生枝として生長する時に、その側芽ないし腋芽も発芽して側生枝を形成する場合に、この側生枝を副梢と呼ぶ。副梢は新梢の側枝である。 (何だかややこしい)

Photo_20201008101801

副梢
副梢とは、花芽の部分から伸びてくる、細い小さな枝のことで架台枝とも呼ばれている。Photo_20201008120601

この副梢からは約15枚の葉が出ると言われ、ひとつの果実を育てるには50枚の葉っぱが必要になるので、副梢から出る15枚というのは、果実が育つ上で重要な葉っぱでもある。

徒長枝

徒長枝とは、樹木の幹や太い枝から上方に向かって真っ直ぐに長く太く伸びる枝。  

Photo_20201007222901

もともとあった枝に比べて成育の勢いが強く、養分を独り占めしてしまうという特徴があり、放置しておくと本来は樹木本体に流れていくべき養分がいきわたらず、樹木全体の成育が遅くなってしまうことになる。

また、徒長枝に花芽がつくことはあまり期待できないので、いたずらに養分だけをとって花芽をつけることもない枝と言うことになる。そういう意味で、いたずらに(徒に)長い枝ということだ。

新梢枝や徒長枝に着いた葉っぱは葉摘み作業に関係してしているので、よく覚えておこう!!

お気に入りの曲

Begin-the-beguine BEGIN THE BEGUINE...BBC BIG BAND ORCHESTRA 

https://www.youtube.com/watch?v=EFbGGuo2vNk

2020年10月 6日 (火)

まだまだ修行がたらん

Photo_20201006132101 相手を傷つけるつもりはなかったのに自分の発言のせいで相手を不機嫌にさせてしまったことってあるよね。

何気なくかけた言葉で相手を傷つけてしまったり、軽い気持ちで言ったことが受け取る側にすればショックに感じ機嫌をそこねてしまったりする。
関西では普通にあいさつ代わりに交わす言葉が、地域によってはとらえ方の違いで誤解を招き一触即発の雰囲気になったりする。(オー、こわー)

こんな時、何となく気まずい空気が流れ、そんなつもりではなかったと伝えることは難しい。

言葉は便利なようで、一歩間違うと思わね方向に行ってしまいかねない。

最近、気軽にかけた言葉で相手の機嫌を損ねたことがあったので、反省の意味を込めて.......。 

この歳になって言うのも恥ずかしいが、もっと大人にならなければ思うことが多々ある。まだまだ修行がたらん!!

お気に入りの曲

Bei-mir-bist-du-schn-_henry-jacques-his- "Bei mir bist du schön!"
Henry Jacques & his Correct Dance Tempo Orchestra 

https://www.youtube.com/watch?v=ShppDBWbcbA

2020年10月 5日 (月)

リンゴの糖度

葉摘み作業の第一ラウンドが終了した。

この後、リンゴの樹全体に日光が入るように葉っぱをかき落とす葉こきという作業に入り、その後、実に陰を作っている部分を日に当ててやるため実をクルッと回してやる玉回しという作業に移る。

が、あまり急に葉こきをするとリンゴがびっくりするので環境になじませるため3日ほど作業はお休み。8日から再開の予定だが☂かも.......。

当たり前のことだが、糖度の高いおいしいリンゴを作るためには日光がかかせない。

Photo_20201005143902

葉が多いほど糖度が高くなるのに、葉摘みをするのは何故?と言う疑問があるが、リンゴの軸の周りにある葉(果そう葉)はこの時期になるとその役目を終えているので摘んでしまって日光をあててやる方が糖度が上がるようだ。

ひとつのリンゴでも部位によって糖度は変わることが報告されている。 

①着色良好面 > 着色不良面 ⇒ 赤く色づいた面の方が糖度が高い
②ていあ部 > 赤道部 > 果柄部 ⇒ お尻の方が糖度が高い
③外層 > 中層 > 内層 ⇒ 外側の方が糖度が高い

Photo_20201005143901
Apple

お気に入りの曲 

Bobby-darin-dream-lover Bobby Darin - Dream Lover 

夢の中に出てくる恋人って、ロマンがあるな。

https://www.youtube.com/watch?v=wVHAQX5sSaU

2020年10月 3日 (土)

リンゴのツル割れ

リンゴのツル割れはどうして発生するんだろう?

Dsc_0008_20201003221001

そんなこと知るわけない。と言ってしまえばそれまで。とりあえずネットで調べてみた。

ツル割れの原因はハッキリと分かってはいないようだが、

①夏場に雨が多いと果実の肥大が進み、果肉の成長に果皮の成長が追い付かないからだとされている。

リンゴの果実が肥大する時期は8月が最大で、前後の7月と9月もそれに続く。そういえば、今年の7月は雨の日が多かったので納得がいく。

②りんごの樹の樹勢を抑えると、つる割れが少ないとも言われている。
剪定時に必要以上に枝を落とし過ぎず、摘果も、落とし過ぎないようにし樹勢を抑えるといいようだ。

実際に作業をしていて、樹勢が強い若木(幼木)にツル割れが多かったので、樹勢に関係するのも事実だ。

お気に入りの曲 

Mama-hes-crazy-aine-crehan Mama He's Crazy · Aine Crehan

https://www.youtube.com/watch?v=_qIVgiq12QQ

 

2020年9月30日 (水)

リンゴの葉摘みは時間をおいてから

葉摘み作業は半分が過ぎた。日中の暑さもそれほど苦になることはなくなったので、これからスピードアップできるかな?
リンゴの果皮に急に直射日光が当たると日焼けが発生するので、朝の早い時間帯は日が当たらない北側、西側、内側にあるリンゴだけに葉摘みを行っている。

Photo_20200930213801

果実は葉のように気孔がなく、果実からの蒸散がほとんど無いため、急激に直射光が当たると果実の表面温度が上昇し日焼けが発生すると言われている。また、紫外線の影響も大きいとされている。

『2つのプチリンゴ』

摘果時の採り忘れで残っていたものがにプチリンゴなっていた。かわいそうだけどこれ以上大きくなることはないので摘果せざるを得なかった。💧

Dsc_0007_20200930213801

カエル様の鎮座 

Dsc_0006_20200930213801

お気に入りの曲 

Photo_20200930223801 二人でお酒を( Two people to drink)

鈴木章治(cl)とリズムエース 猪俣猛(ds) 

よく知っている曲のジャズバージョン。いいね👍

https://www.youtube.com/watch?v=4-66FAMraGU

 

 

«タマネギの苗作り